エドワード・ウォーレン・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エドワード・ウォーレン・クラーク(Edward Warren Clark、1849年1月27日 - 1907年6月5日)は、アメリカ合衆国教育者牧師明治時代の日本で、教育者として活動し、その経験を帰国後に著書『Life and Adventure in Japan』(1878年)にまとめた[1]。ミドルネームは「ワレン」と表記される場合もある。

ニューハンプシャー州ポーツマス出身。ウィリアム・グリフィスラトガース大学で同窓生だった。駿府藩徳川の旧幕臣たちのために静岡に設立した「駿府学問所」(のち、「静岡学問所」に改称)の教員を探していた勝海舟は、知り合いのグリフィスに相談し、クラークを推薦された。その結果、1871年に勝の招きで来日する[2]

来日後は静岡学校(後の賤機舎)で旧幕臣の師弟に倫理歴史語学物理化学数学を教えた。カナダ・メソジスト教会宣教師デイヴィッドソン・マクドナルドと一緒にバイブルクラスを行った。クラークと学問所との契約ではキリスト教の布教が禁じられていたが、勝の計らいで不問にされた[3]。そこで、キリスト教に入信した人たちが静岡バンドを形成した。

1873年東京開成学校科学教授になる。東京でもバイブルクラスを行い、その時出席した中村正直に感化を与えた。1875年にアメリカに帰国し、ニューヨークに住む。後にフィラデルフィア神学校に入学して、牧師になる。

1894年に再来日して勝海舟に再会し、勝との対話から『幕府始末』を著した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Life and adventure in Japan (c1878)”. University of California. 2013年6月11日閲覧。邦訳『日本滞在記』飯田宏訳、講談社、1967年
  2. ^ 6「静岡学問所之碑」~明治初期の最高学府~ - 静岡県立中央図書館
  3. ^ 守部(2011)64頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]