ジョン・ダンロップ (宣教師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ガスキン・ダンロップ
生誕 (1867-07-08) 1867年7月8日
カナダの旗 カナダオンタリオ州キングストン
死没 (1932-08-15) 1932年8月15日(65歳没)
日本の旗 日本長野県軽井沢町
国籍 カナダの旗 カナダ
出身校 クイーンズ大学
職業 宣教師教育者

ジョン・ガスキン・ダンロップ(John Gaskin Dunlop、1867年7月8日 - 1932年8月15日)は、明治時代の日本で活動したカナダのキリスト教宣教師。大正改訳聖書の委員を務めた。[1]

生涯[編集]

カナダのオンタリオ州キングストンに生まれる。クイーンズ大学を卒業し、C・S・イビー自給伝道隊に応募して1885年(明治18年)に来日し、浜松尋常中学校(現・静岡県立浜松北高等学校)のお雇い教師になる。1888年(明治21年)に日本メソジスト教会の教職試補になる。1890年(明治23年)、長野県尋常師範学校(現・信州大学)のお雇い教師になる。教職のかたわら、長野県で開拓伝道をし、長野メソヂスト教会(長野県町教会)の基礎を築いた。

1892年(明治25年)にメソジスト日本年会で按手礼を受けて、1893年(明治26年)に静岡教会(現、日本基督教団静岡教会)、1894年(明治27年)に本郷中央会堂(現、日本基督教団本郷中央教会)、1895年(明治28年)からは新潟県高田教会を担当した。1897年(明治30年)にカナダへ休暇のため一時帰国する。1898年(明治31年)にアメリカ長老教会に移籍して来日し、11月にT・C・ウィンの後を継いで金沢教会(現、日本基督教団金沢教会)に赴任し、1918年(大正7年)まで福井市金沢市で伝道をする。

1909年(明治42年)10月5日から10月10日まで開催された宣教開始50年記念会に出席して、「将来に於ける宣教師の事業」と題する講演を行う。1910年(大正9年)3月12日に東京基督教青年会館大正改訳聖書の改訳委員の第1回会合が開催され、ダンロップはD・C・グリーン、フォス、別所梅之助松山高吉と共に出席した[注釈 1]

1919年(大正8年)からは東京で奉仕し、1922年(大正11年)からは三重県津市で開拓伝道をした。しかし、1932年昭和7年)に健康を害して長野県軽井沢町で療養するが、その地で死去する。

生前、長年の日本での功績により、母校クイーンズ大学より名誉神学博士号を受けた[注釈 2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 議長にはグリーンが選ばれ、ダンロップは別所と共に書記に選ばれた。3月14日には2回目の会合が開かれて、ヘンリー・ルーミスが4月より参加、川添万寿得藤井寅一が委員として追加されることが決まった。しかし、ルーミスとダンロップはほとんど出席しなかった。(鈴木 2006, pp. 120)
  2. ^ クイーンズ大学よりはM.A.とD.D.の二つの学位を受けている(澤田 1988, pp. 859)

出典[編集]

  1. ^ 鈴木 2006, pp. 120

参考文献[編集]

一般書[編集]

  • 鈴木範久 『聖書の日本語』 岩波書店、2006年。ISBN 4-00-023664-4 
  • 高橋昌郎 『明治のキリスト教』 吉川弘文館、2003年。ISBN 4-642-03752-7 
  • 守部喜雅 『日本宣教の夜明け』 いのちのことば社、2009年。ISBN 878-4-264-02638-9{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。 

事典[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』 教文館、1988年。ISBN 4-7642-4006-8 
    • 土肥昭夫、「基督教信徒大親睦会」 『日本キリスト教歴史大事典』、428頁。 
    • 澤田泰紳、「ダンロップ」 『日本キリスト教歴史大事典』、1185頁。 

外部リンク[編集]