アリス・スタークウェザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アリス・ジェネッティ・スタークウェザー(Alice Jennette Starkweather、1849年8月3日 - 没年不詳)はアメリカン・ボードから派遣され日本で活動した宣教師新島八重と共に同志社女子大学の創立に関わった。

1848年、コネティカット州ハートフォードに生まれる。1866年にハートフォード女子セミナリーを卒業した。アメリカンボードの宣教師J・D・デイヴィスの要請で、1876年(明治9年)に来日する、京都御苑内の旧柳原邸のデイヴィス宅に住む。

1876年の同志社分校の女紅場(同志社女学校)の創立時から、教師として英学万国史地誌などを教えた。同僚に新島八重らがいる。

1883年5月、D・W・ラーネッド宣教師から妻の病気のための帰国の同行を依頼されて、アメリカに帰国する。1885年、宣教師を解任される。その後、コロラド州デンバーに住んだ。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年

登場作品[編集]