マルク・マリー・ド・ロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルク・マリー・ド・ロ
Marc Marie de Rotz
Marc Marie De Rotz.jpeg
教会 カトリック教会
聖職
司祭叙階 1865年
個人情報
出生 1840年3月27日
フランスの旗 フランス王国 ノルマンディー地方ヴォスロール
死去 1914年11月7日
日本の旗 日本 長崎県長崎市南山手大浦天主堂内)
国籍 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

マルク・マリー・ド・ロフランス語:Marc Marie de Rotz, 1840年3月26日 - 1914年11月7日)は、パリ外国宣教会所属のフランス人宣教師司祭)である。1868年慶応4年)6月に来日し、長崎県西彼杵郡外海地方(現・長崎県長崎市外海地区)において、キリスト教カトリック)の布教活動の傍ら、貧困に苦しむ人達のため、社会福祉活動に尽力した。

生涯[編集]

1840年3月27日、フランスノルマンディー地方バイユー近郊のカルヴァドス県ヴォシュロール(ヴォスュロール)村(Vaux-sur-Aureフランス語版)でナポレオンの血を引く貴族の家に生まれる。両親と主任司祭チュバンルーとによる厳格な教育を受けた[1]1848年嘉永元年)、オルレアンの聖十字架学院入学。

1860年、オルレアン神学校入学。1862年、パリ外国宣教会神学校に転入学。1863年、病気のため退学。帰郷ののち、バュー大神学校に入学。1865年、同神学校卒業後、司祭に叙階された。1866年カン市の聖ジュリアン教会補佐司祭に就任。1867年、パリ外国宣教会入会。

1868年(慶応4年)6月、司祭のベルナール・プティジャンが帰国中に印刷技術を持った宣教師を募集したのに応じて来日した。長崎で布教に従事したのち、1871年明治4年)に横浜へ転属し、日本最初の石版印刷を始め『聖務日課』、『教会暦』など7種の本を刊行した。1871年明治4年)横浜に来たサンモール会の修道女のために修道院を建築[2]

1873年(明治6年)、浦上の信徒らが浦上四番崩れによる流刑から釈放されたのを機会に長崎に戻り、印刷物の発行を行った。翌1874年(明治7年)7月、長崎港外の伊王島赤痢が発生し浦上地区まで広がり、流罪によって衰弱していた浦上信徒に蔓延したのを受け、ド・ロは毎日患者の家まで薬箱を下げて通い、予防方法等について説いて巡回した。

出津教会

1878年(明治11年)、出津教会主任司祭として赴任し、カトリックに復帰した信者やカクレキリシタンが多く住んでいた外海地区(黒崎教会、出津教会)の司牧の任にあたった。ド・ロは、この地域の人々の生活が貧しく孤児や捨子も多く、特に海難事故で一家の働き手である夫や息子を失った家族が悲惨な生活を送っていることを知り、1880年(明治12年)に孤児院を開設し、1883年(明治16年)には救助院(黒崎村女子救助院)を設立して授産活動を開始する。この施設に修道女として入った婦人たちは、ド・ロの技術指導に基づいて織布、編物、素麺、マカロニ、パン、醤油の製造などを行った。ここで製造されたシーツやマカロニ、パンなどは外国人居留地向け、素麺や醤油などは内地向けに販売された。1886年(明治19年)には、住民を伝染病から救済するため「ド・ロ診療所」を開設し、社会福祉事業に挺身した。1914年大正3年)11月6日、大浦天主堂司教館(旧長崎大司教館)建築現場において足場から転落、それが元で持病が悪化し、翌日の11月7日に死去した。遺骸は出津に運ばれ、小高い丘陵にある共同墓地に埋葬された[3]

人物・功績[編集]

貴族の家に生まれたド・ロは、施設建設や事業のために私財を惜しみなく投じ、フランスで身につけた農業・印刷・医療・土木・建築・工業・養蚕業などの広範な分野に渡る技術を外海の人々に教え、「ド・ロさま」と呼ばれ親しまれ、外海地区の住民たちに伝えた製麺技術は「ド・ロ様そうめん」として現在に至るまで愛用されている。

地域の貧困者や海難事故で未亡人となった女性を進んで雇い、西洋式の機織や日本初のマカロニ製造工場でもある「そうめん工場」を造り、人々の宗教的指導者であるとともに地域の経済的発展にも貢献した。また、農業用地を買い取り、フランスから持ち込んだ農耕用具で自ら開墾を行ったほか、当時、日本では珍しかったドリルや滑車なども彼が持ち込み、20世紀初頭の西洋と長崎の文化的掛け橋となるとともに、あらゆる分野でその功績を残している。

旧出津救助院
旧長崎大司教館

ド・ロが設計・建築に携わった数々の教会堂は、ゴシック様式を踏襲しながらも、扉を引き戸にして大工の技術を生かしたり、木造建築ならではの柱と梁の配置としたりするなど、日本の伝統文化を重んじた建築様式が特徴である。当時の厳しい環境下において実現したこれら建築物には一見の価値がある。

ド・ロが設計・指導を手がけた出津教会堂大野教会堂旧羅典神学校旧大司教館および、社会福祉事業に関連する遺跡(ド・ロ神父遺跡、旧出津救助院)は、ユネスコ世界遺産(文化遺産)暫定一覧表へ登録された「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に加えられている。

略歴[編集]

  • 1840年3月27日 - フランスのノルマンディー地方に生まれる。
  • 1865年 - 司祭に叙階される。
  • 1867年 - パリ外国宣教会に入会。
  • 1868年 - 布教のため来日。
  • 1873年 - 大浦天主堂付となる。
  • 1875年 - 大浦天主堂の隣に長崎公教神学校(旧羅典神学校)を建設[注釈 1]
  • 1878年 - 外海地区(黒崎教会、出津教会)の主任司祭に着任。
  • 1882年 - 出津教会聖堂を建設、ここを布教の拠点とした。
  • 1883年 - 出津救助院を建設、ここを社会福祉事業の拠点とした。
  • 1885年 - 外海の貧しい人々が、自分の村で働き、生活できるようにするためにイワシ網工場を建設。
  • 1886年 - ド・ロ診療所を開設。
  • 1898年 - 出津の野道に共同墓地を新設。
  • 1914年11月7日 - 大浦天主堂にて死去。
  • 1915年 - 大浦天主堂司教館竣工。

関連施設[編集]

著書[編集]

  • 聖年祝日 校刻 M.M.ド・ロ、1877年[注釈 2]
  • 産業上に付て佛國宣教師ド・ロ氏の口述筆記 中村近藏編、中村近藏、1890年[注釈 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このとき建てた長崎公教神学校の校舎は、1972年旧羅典神学校として国の重要文化財に指定された。また、長崎公教神学校は、現在は移転して長崎カトリック神学院となっている。
  2. ^ 著者出版による。
  3. ^ 編者出版による。

出典[編集]

  1. ^ 『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、p.125
  2. ^ 『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、p.126
  3. ^ 「ド・ロ神父の生涯」『ド・ロ神父 黒革の日日録』矢野道子著、株式会社長崎文献社、2006年、p.177

参考文献[編集]

  • 三沢博昭 『大いなる遺産 長崎の教会』(智書房、2000年) ISBN 4434002651
  • 『長崎遊学2 長崎・天草の教会と巡礼地完全ガイド』(長崎文献社、2005年) ISBN 4888510911
  • 片岡弥吉 『ある明治の福祉像 ド・ロ神父の生涯』(NHKブックス276 日本放送出版協会 1977年)
  • フランシスク・マルナス『日本キリスト教復活史』みすず書房、1985年 4-622-01258-8
  • Gilles van Grasdorff, La belle histoire des Missinos étrangères 1658-2008, Paris, Perrin, 2007.
  • Gilles van Grasdorff, À la découverte de l'Asie avec les Missions étrangères, Paris, Omnibus, 2008.
  • 来日西洋人事典〔増補改訂普及版〕日外アソシエーツ 武内 博著(1995年)
  • 日本に眠るパリ外国宣教会宣教師列伝 武内 博著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]