長崎の教会群とキリスト教関連遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長崎の教会群とキリスト教関連遺産(ながさきのきょうかいぐんとキリストきょうかんれんいさん)は、ユネスコ世界遺産文化遺産暫定リストへ追加掲載が決まった長崎県熊本県にある教会キリスト教に関わる史跡文化財の総称。その後、構成資産の再考の中で長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産と改名された。

2007年1月23日文化庁が「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県富岡市など。2014年に世界遺産登録)、「富士山」(山梨県静岡県2013年に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産登録)、「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(奈良県明日香村など)とともに追加申請を決めた。

概要[編集]

長崎におけるキリスト教の伝来と繁栄、激しい弾圧と250年もの潜伏、そして奇跡の復活という、世界に類を見ない布教の歴史を物語る資産として、ユネスコの世界遺産暫定リストに掲載された。長崎県では、正式に世界遺産として登録されるために、関係市町と情報共有を図って、保存管理計画の策定や国内外の同じような資産との比較研究などの一体的な取り組みを進めることとし、2007年11月12日に「第1回 長崎県世界遺産登録推進会議」を開催した。

2007年12月26日には「第1回 長崎県世界遺産学術会議」も招集され、35の構成資産候補を選定。OUV(顕著な普遍的価値)の主軸を「東西文化の交流と文化的伝統」と定めた。推進会議・学術会議はその後も開かれ、2009年の学術会議で構成資産を33さらに29に、2011年の推進会議では構成資産を14に整理することが承認され[1]2012年には構成資産を12に統合、2013年に熊本県天草市﨑津集落が加わり13か所が構成資産となり[2]、2014年に平戸島の物件を2つに分割し14資産で推薦書が作成された。

2013年8月に開催された文化庁の文化審議会では「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を同年度中の正式推薦候補としたが[3]内閣官房地域活性化統合事務局の有識者会議では「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が推薦候補とされた。日本国政府は、最終的に後者を2013年度の推薦物件とすることを決定し、前者の推薦は2014年度以降に持ち越しとなった[4]

2014年7月10日に文化審議会の世界文化遺産・無形文化遺産部会は、2016年の世界文化遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、ユネスコに推薦する候補に選んだ[5]。政府は閣議了解を経て、2015年1月に正式な推薦書を世界遺産センターに提出、同年9月27日から10月6日には諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の現地調査があり、2016年の第40回世界遺産委員会で審議される予定であったが、2016年2月初旬にICOMOSが推薦内容の不備を(150年の禁教令時代に特化すべきと)指摘したため、政府は推薦取り下げの上、構成資産の再検討に入ることになった[6]

長崎県はICOMOSとアドバイザー契約を結び[7]4月26日から5月3日にミッションエキスパートが現地を視察した後に提言を示し[8]、新たな推薦書内容を検討する「長崎世界遺産学術委員会」がイコモスの助言に従い、大浦天主堂以外の禁教明け(明治時代)以降に建てられた教会について禁教時代にいわゆる隠れキリシタンが形成した集落景観などに包括し[* 1]、法的保護根拠を重要文化的景観とすることを決めた[9]。諮問機関であるICOMOSが推薦国に協力するという形式は国内では初めてであり、審査する側が求める完成度が高い内容の推薦書が作成されたことで登録の可能性がより高まったとみられた[10]。こうした事例に関して文化庁は、「アドバイスを行ったイコモスの専門家は推薦書提出後の審査には参加でず、利益相反のような状況にはなっていない」という認識を示した[11]

次いで同委員会は禁教期との関係性が薄い日野江城田平天主堂を構成資産から外すことを提案し、5月29日に県と関係自治体が了承した[12][9]7月25日に文化審議会は2018年の第42回世界遺産委員会に向けて、再推薦することを決定[13]。これに伴いテーマを「潜伏キリシタンの文化的伝統」とし、構成資産も集落名義へと変更、教会が主体でなくなり熊本県側から熊本の名称も入れてほしいとの要望があり、ICOMOSも「潜伏キリシタンなどの表現を取り入れた名称に変えるべき」と示唆したことから「長崎の教会群と―」の名称変更も検討され、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産が正式名称へとなった[14]。また、重要文化的景観未選定の大野集落などに対し、文化庁は新たな選定保護を示した[15][* 2]

2017年9月5日から12日にかけて改めてICOMOSによる現地調査が行われ[16]、2018年5月4日に登録勧告が出されたが原城跡周辺の緩衝地帯の設定範囲について見直しを図るべきとの指摘もあった[17]

構成資産[編集]

指定区分のうち「重要文化財」は、日本の文化財保護法第27条に基づき日本国文部科学大臣が指定した重要文化財(「国の重要文化財」)を指す。

長崎県[編集]

長崎市
Oura Tenshudo Temple 長崎の手彩色絵葉書(明治)
南島原市
佐世保市
平戸市
北松浦郡小値賀町
南松浦郡新上五島町
五島市

熊本県[編集]

天草市

ギャラリー[編集]

構成資産の区分[編集]

上記構成資産のうち、大浦天主堂と原城跡を除いた集落群は、出津・大野・春日・﨑津が17世紀の禁教初期に形成されたのに対し、黒島・野崎島(野首と舟森)・頭ヶ島・久賀島・奈留島の離島集落が18世紀以降に潜伏キリシタンが移住して構築された時間差があることに留意が必要となる[18]。出津・大野で育まれた石積みの技術が野崎島・頭ヶ島・久賀島に伝わり、より精緻なものへと発展し、石造りの頭ヶ島天主堂や久賀島の漁港整備にまで応用された変遷を集落景観の差異として捉えなければならない(春日の棚田における石積みは平戸にあった土着の技術とされる)。

評価[編集]

潜伏キリシタン集落においては現在もその思いを受け継ぐ末裔が暮らしていることから民俗文化財としてのリビングヘリテージの価値があり、集落景観の特徴である石積みが地形石材用途の違いによって差異がある点が地域多様性を反映しており、それはそのまま文化多様性を表現している。また、潜伏キリシタンの移住により石積み技術や漁法が伝播したことは文化循環を表現している[19]

候補から外れた資産[編集]

2001年に民間団体の「長崎の教会群を世界遺産にする会」[* 5]が発足し構成資産となりうる候補地49を選定。その後、推進会議・学術会議が再三にわたり構成資産を検討、2015年の推薦に至るまでに候補から除外されたものがある。なお、2010年には長崎隣接県の関連資産の調査も行い、2011年の候補地絞り込みの際に除外された資産は「世界遺産・歴史文化遺産群」として一体的に保存・継承することが確認された[20]

長崎の教会群を世界遺産にする会が選定した候補(2007年)[編集]

長崎の教会群を世界遺産にする会が選んだ候補は昭和戦前)に建てられたものにまで及び、再建されたものや鉄筋コンクリート製のものも含んでいた。

2009 - 2011年時点での候補[編集]

なお、この時点で教会や史跡とは別に集落景観となる重要文化的景観(当時は選定申請中)も単体の候補として扱っていたが、平戸の安満岳・春日集落・中江ノ島と天草の﨑津集落を除き候補地から除外された[21][* 7]。候補とされた天草の「大江の文化的景観」は2018年時点でまだ重文景の選定に至っていない(大江には文化財未指定だが国内で唯一の潜伏キリシタン隠し部屋が残る旧宅がある[22])。また、旧羅典神学校旧大司教館・旧伝道師学院は一旦「大浦天主堂と関連遺産」(国の史跡「大浦天主堂境内」と重要伝統的建造物群保存地区南山手」)として包括された後に除外され、参考として敷地内併設物扱いとなっている。

2018年に向けた再推薦に当たり、長崎県内の以下の2件が候補から外された[9]

テーマの変更について[編集]

イコモスによる禁教期に特化すべきとの指摘について、作家で隠れキリシタンを題材とした『守教』(2017年・新潮社)を執筆中で長崎の教会群とキリスト教関連遺産についても取材していた帚木蓬生はインタビューの中で、「(日本での)殉教者は4000人はおり世界に例のない数だが、迫害の歴史は抹殺されている。この忘却は世界には受け入れられず、世界遺産登録を巡る騒動(注:禁教期特化指示)がそれを物語っている。大量の殉教者を出した当の日本が禁教の歴史にどう向き合うべきか分かっていないから、ユネスコに突き返された」と指摘している[23]

一方で、禁教に至った理由や経緯(ポルトガルによる日本人奴隷売買植民地化計画)についても啓蒙すべきとの意見があり[24]、「禁教期だけの登録では弾圧史が遺産になり世界から誤解を招くのでは」との不安の声もあり[25]、潜伏キリシタン遺産を訪ねることは単なる巡礼ではなくダークツーリズムになりかねないとの指摘もある[26]

上記「構成資産の区分」の節で触れているように、黒島・野崎島・頭ヶ島・久賀島・奈留島の離島集落は潜伏キリシタンが移住して構築したもので、これら後発集落は先住の仏教徒らと折り合いをつけながら開拓した「共生」も評価されたことにより、「宗教に寛容な日本的風土」(宗教多元主義)としてユネスコが重視する多様性文化的自由を前面に押し出すことになった[18][27]

今後の課題[編集]

持続可能性[編集]

2018年5月のICOMOSによる登録勧告において、離島における構成資産となる集落景観保持に関し人口減少の懸案が指摘された[17]。2012年に開催された「世界遺産条約採択40周年記念-世界遺産と持続可能な開発:地域社会の役割」(京都ビジョン)で世界遺産存続のためコミュニティの存在の重要性が確認され[28]、世界遺産を維持するためにはコミュニティの持続可能性が必要であるとされることから、消滅可能性自治体に名を連ねる長崎の離島にとっては深刻な課題となる。

ヘリテージツーリズム[編集]

世界遺産は観光資源となるため今後訪日外国人旅行者を含めた観光客の増加が見込まれる。訪問者が正しい遺産の解釈英語版をし遺産の価値英語版を理解することでヘリテージツーリズムは成立するが、潜伏キリシタン関連遺産の主体は集落景観となるためその本質が判りにくい。多くの報道出版物において集落景観ではなく教会建物の画像を掲載しているが、潜伏キリシタンが切り拓いた改変地形に注視しなければ本質は伝えられない。しかも、その集落景観に建つ家屋は古民家ではなく、ほとんどが戦後に建てられた現代建築地域的特徴も見られない住宅であるため(潜伏キリシタン家屋が残されていたとしても保存が難しい掘っ建て小屋になる)、なおさら本質が見えにくい。不動産有形財構築物が前提の世界遺産であるが、潜伏キリシタン関連遺産では文化的空間がもつ場所の精神英語版の紹介が重要になる[29]

観光公害[編集]

ヘリテージツーリズムのような遺産の商品化に伴う弊害として観光公害が上げられる。構成資産となる集落の多くが外来者用駐車場もない狭い範囲内の閑静な住宅街であり、そこへ観光客が大挙押し寄せることで騒音プライバシー侵害などが危惧され、さらに生きた信仰の場としての教会でのミサなど宗教行事に差し障りが生じることを地域住民は懸念している。

ガイダンス施設[編集]

世界遺産条約では第5条で「文化遺産及び自然遺産の保護・保存及び整備の分野における全国的または地域的な研修センターの設置」という条文があり、世界遺産近くにガイダンス施設・ビジターセンターを設置することを求めており、長崎県では世界遺産センターの設置を検討しているが[30]、潜伏キリシタン関連遺産は離島を含む多地域に分散したシリアル・ノミネーションのため一箇所に集約した施設を造ることが難しく、当面は長崎の教会群インフォメーションセンターとユネスコの世界遺産と博物館指針に従い各資産毎に情報発信ができる既存施設を活用する。現時点では大浦天主堂敷地内の旧羅典神学校と旧長崎大司教館をキリシタン博物館としたほか、島原に有馬キリシタン遺産記念館が開館、平戸には平戸市切支丹資料館がある。離島区分では長崎県が構想する世界遺産センターのサテライトとして五島観光歴史資料館を整備する方向になっている[31][* 8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ICOMOSの英文起案書には「accompaniment」とあり、文化財保護法での「附(つけたり)」に相当する。
  2. ^ 大野集落は2015年に重要文化的景観「長崎市外海の石積集落景観」の追加申し出を行っている。
  3. ^ 黒島の重要文化的景観は隠れキリシタン入植前から存在する牧地由来のと家屋周りのアコウ防風林や石積みによるもの。また、島内に8つある地区(集落)の内、黒島天主堂がある田代地区を含め大半が隠れキリシタンが切り拓いた景観ではなく、近代化の影響で往時の景観が失われている場所もある。
  4. ^ 久賀島の重要文化的景観は島に自生する椿を活かした暮らしの景観によるもので、隠れキリシタンが切り拓いた景観ではない。また島内に14ある地区(集落)の内、隠れキリシタンに由来するのは旧五輪教会堂がある五輪(外幸泊)地区など10ヶ所に限られる。
  5. ^ 長崎の教会群を世界遺産にする会は民間団体だが、発起人で代表を務めた林一馬は長崎総合科学大学の学長で世界遺産学術会議の座長も務め、会役員も学術会議や推進会議のメンバーと重複し、会としては啓蒙普及活動を担ってきた。
  6. ^ 平和公園の旧浦上天主堂被爆遺構や被爆マリア像を加えようとする別の市民運動もあった。
  7. ^ 当初、重要文化的景観は緩衝地帯(バッファーゾーン)として適用する計画であった。
  8. ^ 長崎市では私設の十六番館資料館が閉鎖したことにより踏絵などの貴重な史料が散逸した経緯がある

出典[編集]

  1. ^ 第3回 長崎県世界遺産登録推進会議について(長崎から世界遺産を「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」)[リンク切れ]
  2. ^ 第5回 長崎県世界遺産登録推進会議について(長崎から世界遺産を「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」)推進会議結果(PDF)[リンク切れ]
  3. ^ 文化審議会世界文化遺産・無形文化遺産部会(第2回)議事要旨 (PDF) (2013年9月27日時点のアーカイブ)、
  4. ^ “「明治の産業革命遺産」推薦 政府、15年登録目指す 長崎教会群は見送り”. SankeiBiz (産経デジタル). (2013年9月17日). オリジナル2013年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928013258/http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130918/mca1309180501000-n1.htm 
  5. ^ “世界遺産推薦候補に長崎の教会群 文化審議会、16年登録めざす”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2014年7月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG10045_Q4A710C1CR8000/ 2016年10月4日閲覧。 
  6. ^ “政府、今夏の登録こだわらず 長崎の教会群、構成見直しも”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2016年2月4日). オリジナル2016年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160205092014/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/222712 
  7. ^ “長崎教会群 世界遺産へ 県とイコモス助言契約”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年3月3日). http://mainichi.jp/articles/20160303/ddl/k42/010/259000c 2016年10月4日閲覧。 
  8. ^ “イコモスと県が助言契約115万円 新年度”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年3月4日). http://www.asahi.com/articles/ASJ33640SJ33TOLB00G.html 2016年10月4日閲覧。 
  9. ^ a b c 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産見直しについて”. 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産. 長崎県世界遺産登録推進課 (2016年6月6日). 2016年10月4日閲覧。
    “7教会「集落」に拡大、世界遺産「禁教期」関連づけ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2016年3月25日). オリジナル2016年3月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/xMRZD 
  10. ^ “「登録」へ高まる期待 イコモス、月内にも勧告”. 長崎新聞. (2018年4月16日). https://this.kiji.is/358408810915890273 2018年4月22日閲覧。 
  11. ^ “「潜伏キリシタン」が世界遺産へ 決め手は“アドバイス””. FNNニュース (Yahoo!ニュース). (2018年5月5日). https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180505-00391290-fnn-soci 2018年5月5日閲覧。 
  12. ^ “長崎の教会群2資産 除外正式決定”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年5月30日). http://mainichi.jp/articles/20160530/ddp/041/040/006000c 2016年10月4日閲覧。 
  13. ^ “「長崎の教会群」再挑戦へ=世界遺産18年登録目指す―文化審決定”. 時事ドットコム (時事通信社). (2016年7月25日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072500385&g=soc 2016年10月4日閲覧。 
  14. ^ 長崎の教会群、「禁教・潜伏期」に焦点当てて内容見直し 再び世界遺産に正式推薦”. CHRISTIAN TODAY. クリスチャントゥデイ (2016年7月27日). 2016年10月4日閲覧。
    “「長崎教会群」世界遺産再推薦、18年登録目指す”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2016年7月26日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/heritage/20160726-OYS1T50000.html 2016年10月4日閲覧。 
    “教会群名称にキリシタンを”. 長崎新聞 (長崎新聞社). (2016年8月18日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/08/18091322048755.shtml 2016年10月4日閲覧。 
  15. ^ “教会群 世界遺産に再推薦”. 長崎新聞 (長崎新聞社). (2016年7月26日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/07/26085904048562.shtml 2016年10月4日閲覧。 
  16. ^ “イコモス調査終了 手応え”. 長崎新聞 (長崎新聞社). (2017年9月15日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/09/15085912052447.shtml 2017年9月21日閲覧。 
  17. ^ a b 我が国の推薦資産に係る世界遺産委員会諮問機関による評価結果及び勧告について(第二報)(文化庁報道発表)
  18. ^ a b 読売新聞2018年5月5日
  19. ^ 2018 Evaluations of Nominations of Cultural and Mixed Properties (PDF) UNESCO
  20. ^ 世界遺産暫定一覧表記載資産 準備状況報告書 2009 (PDF) - 文化庁
  21. ^ 県世界遺産学術会議第3回会合
  22. ^ 天草に信仰守る「隠れ部屋」 国内で唯一現存か 潜伏キリシタン、屋根裏へ階段 西日本新聞2018年6月6日
  23. ^ 読売新聞2016年5月15日
  24. ^ 世界遺産もいいけれど… 産経新聞2018年5月13日
  25. ^ 潜伏キリシタン遺産「禁教期だけの登録では誤解を招く」 産経新聞2018年5月21日
  26. ^ World heritage and dark tourism: A case study of “hidden Christian sites in the Nagasaki region”, Japan (PDF)
  27. ^ 宮崎賢太郎 『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』 KADOKAWA2018年
  28. ^ 京都ビジョン”. 外務省. 2018年4月5日閲覧。
  29. ^ 読売新聞2018年5月9日 「景観に歴史 信仰心読む」服部英雄
    潜伏キリシタン関連遺産の歴史と文化服部英雄 「視点・論点」(NHK)2018年6月5日放送
  30. ^ “長崎の教会群”世界遺産センター(仮称)基本構想(PDF)長崎県
  31. ^ 堂崎天主堂の世界遺産候補除外とスケールの政治 (PDF) 大平晃久 『浦上地理』第3号(長崎大学学術研究成果リポジトリ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]