カトリック神ノ島教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カトリック神ノ島教会
座標: 北緯32度43分06.60秒 東経129度49分35.09秒
日本の旗 日本
教派 カトリック教会

カトリック神ノ島教会(カトリックかみのしまきょうかい)は、長崎県長崎市神ノ島町に所在するキリスト教カトリック)の教会堂である。

沿革[編集]

長崎港の入口にあたる神ノ島は1960年代に海面埋め立てで九州本土と繋がるまでは離島であった。

幕末のプティジャン神父による「隠れキリシタンの発見」の後、神の島で水方[注 1]を務めていた西政吉が大浦のプティジャン神父を訪ね、神の島にも潜伏キリシタンが多くいることを打ち明け、その後神の島の隠れキリシタンはカトリック教会に復帰していく。当時、全島民が潜伏キリシタンであったとする説もある[1]

1876年明治9年)に、パリ外国宣教会のブレール神父が神ノ島に着任し、仮教会が設けられ、1881年(明治14年)に、後任のラゲ神父により現在地に木造の教会堂が建築された。現存の煉瓦造りの教会堂は、1892年(明治25年)に当地に来住したデュラン神父が私財を投じ設計・建築したもので、1897年(明治30年)に竣工した[2] 。当初は漆喰塗りであったが、のち石灰セメント塗りに改装され、現在の白い外観になっている。

長崎港を発着する船から教会の姿を見ることができるため、長崎港のランドマークの1つとなっている。

所在地[編集]

  • 850-0078 長崎県長崎市神ノ島町2-148

アクセス[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 隠れキリシタンの組織で洗礼を授ける役

出展[編集]

参考文献[編集]

  • 井出道雄 『西海の天主堂路』 新風舎2006年ISBN 4289003370 
  • 「九州遺産 近現代遺産編101」(文・写真:砂田光紀、国土交通省九州運輸局・九州産業・生活遺産調査委員会監修、弦書房刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]