北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群(ほっかいどう・きたとうほくをちゅうしんとしたじょうもんいせきぐん)は、ユネスコ世界遺産(文化遺産)暫定リストに掲載されている北海道北東北にある縄文時代の遺跡群の総称。

遺跡は北海道青森県岩手県秋田県の1道3県に点在している。

世界遺産推薦への動向[編集]

亀ヶ岡遺跡で出土された遮光器土偶(重要文化財)
東京国立博物館展示。

2002年8月に4道県でつくる知事サミットにおいて「北の縄文文化回廊づくり構想」が提唱され、2007年8月に4道県で世界遺産登録推進を確認[1]。2009年1月に暫定リストに掲載された。約1万年にわたり発展し、大規模集落や祭祀道具に特異性がある「地域文化圏」であり、同時代の他文化圏にも影響を与えた、縄文時代を代表する遺産群であることを推薦理由としている[2]

早期の世界遺産登録を目指しているが2017年までに5年連続で推薦が見送られ[3]、2018年7月19日に文化審議会により2020年審議の正式候補に選定されたが[4]、2020年からは文化遺産・自然遺産を問わず審議対象は一国一件に限られるようになり、自然遺産候補として「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」も2020年の推薦を目指していたことから、政府は自然遺産の候補案件が優先的に審査対象にされることを踏まえ、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」を先に推薦することにした。このため、北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群は2021年の推薦に回された[5]。2019年7月30日、文化審議会が2021年審議の正式候補に再選定した[6]。今後は世界遺産条約関係省庁連絡会議閣議了解を経て、2020年2月1日までに推薦書を世界遺産センターへ提出することになるが、2020年から全体審議数の上限が35件となり登録数の少ない国が優先されるため推薦物件が多い場合には日本からの推薦が受理されない可能性もある[7]

なお、縄文遺跡群世界遺産登録推進会議は、狩猟・採集・漁労を基盤とした定住生活に顕著な普遍的価値があることを推薦事由に上げているが、縄文文化全体に言えることであり、北海道・北東北に限定されることではないとする指摘も出ている[1]。文化審議会からも、全国約9万箇所に縄文遺跡が分布するにもかかわらず、「なぜこの4道県なのか」と疑問が呈されている他、資産を17に絞ったことについても、普遍的価値を「17遺跡で過不足なく説明できているのか」「17遺跡ありきで始まり、普遍的価値を後付けしている印象」と指摘され、さらなる見直しを求められている[8]。2017年8月、4道県等はプロジェクトチームを発足させ、推薦者の改定作業に着手、12月に「集落」の変遷に軸を置いて説明することで顕著な普遍的価値や地域の特異性を明らかにする方向性で見直しを行うことで一致した[9]。なお、世界遺産登録を視野に入れている特別史跡の尖石遺跡長野県茅野市)などとの連携を模索する動きもある[10]

構成資産一覧[編集]

北海道[編集]

青森県[編集]

岩手県[編集]

秋田県[編集]

推薦前に候補から外れた資産[編集]

遺跡の保存状況に問題があるとして以下の2件は2016年に推薦候補から除外された[11]

北海道[編集]

青森県[編集]

脚註[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]