深見聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深見聡
人物情報
生誕 (1975-09-25) 1975年9月25日(44歳)
日本の旗 日本 鹿児島県
出身校 鹿児島大学
学問
研究分野 観光学・人文地理学
研究機関 長崎大学
学位 博士(学術)(鹿児島大学)
主要な作品 #著書を参照
学会 日本観光研究学会
日本地理学会
全国地理教育学会
テンプレートを表示

深見 聡(ふかみ さとし 1975年9月-)は、日本観光学者地理学者長崎大学環境科学部准教授。

略歴[編集]

1975年鹿児島市に生まれる。1998年鹿児島大学理学部地学科卒業。2001年NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会を設立し、2008年まで代表理事を務める[1]2003年、同大学大学院教育学研究科修士課程修了。同年、同大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程に入学、2006年に修了。鹿児島国際大学附置地域総合研究所客員研究員等を経て、2008年より現職。専門は観光地理学地理教育論。博士(学術)(鹿児島大学・甲人社研第3号)。第9回日本観光研究学会賞(横山秀司他3名との共同受賞)[2]

主な所属学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『鹿児島の史と景を歩く-街めぐり14コース』(南方新社、2004年)
  • 『地域コミュニティ再生とエコミュージアム-協働社会のまちづくり論』(青山社、2007年)
  • 『ジオツーリズムとエコツーリズム』(古今書院、2014年)
  • 『観光と地域―エコツーリズム、世界遺産観光の現場から』(南方新社、2019年)

編著[編集]

  • 『観光とまちづくり-地域を活かす新しい視点』(古今書院、深見聡・井出明編著、2010年)

共著[編集]

  • 『日本の地誌10 九州・沖縄』(朝倉書店野澤秀樹堂前亮平手塚章編、2012年)
  • 『地域資源とまちづくり-地理学の視点から』(古今書院、片柳勉・小松陽介編著、2013年)
  • 『ジオツーリズム論-大地の遺産を訪ねる新しい観光』(古今書院、横山秀司編著、2014年)
  • 『真実の潜伏キリシタン関連遺産』(メディアボーイ、井出明監修、2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]