記録的短時間大雨情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

記録的短時間大雨情報(きろくてきたんじかんおおあめじょうほう)は、大雨警報発表中に数年に1回程度しか起こらないような1時間に100ミリ前後の猛烈なが観測された場合に気象台から発表される情報である。

情報の内容[編集]

記録的な雨が降った場所と観測時刻及び1時間雨量のみで、簡潔な内容となっている。これは、記録的な大雨が降っていることを周知させ、より一層の警戒を呼びかけるためである。

情報はアメダスなどの観測所(気象庁以外の観測所の雨量も含まれる)で実際に観測された雨量に加え、レーダー解析による雨量も使用される。レーダー解析による雨量の場合は「○○市付近で約○○○ミリ」という表記になる。なお、レーダー解析による雨量は10ミリ刻み、120ミリを超える場合は「120ミリ以上」の表記となる。

発表基準[編集]

記録的短時間大雨情報においても、気象注意報・警報同様に地域ごとの発表基準が設定されている。基準値の低いところでは北海道宗谷支庁などの80mm、高いところでは三重県徳島県南部、高知県沖縄県石垣島地方と宮古島地方が120mmとなっている。各地の発表基準については気象庁ホームページの警報・注意報発表基準一覧表に併記されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]