平成30年台風第7号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第7号
(Prapiroon、プラピルーン)
カテゴリー1の タイフーンSSHWS
ひまわり8号による衛星画像(7月2日)
ひまわり8号による衛星画像(7月2日)
発生期間 2018年6月29日 - 2018年7月4日
寿命 126時間 [1]
最低気圧 960hPa [2]
最大風速
(日気象庁解析)
35m/s (65kt) [2]
最大風速
米海軍解析)
75kt
平均速度 20.3km/時
487km/日 [1]
移動距離 2561km [1]
被害地域 日本韓国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成30年台風第7号(へいせい30ねんたいふうだい7ごう、アジア名:プラピルーン/Prapiroon、命名:タイ、意味:雨の神、フィリピン名:フロリタ/Florita)は、2018年6月29日に発生した台風

概要[編集]

台風の経路

6月27日頃にフィリピンの東の海上で形成した低圧部が、28日9時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は28日17時30分(協定世界時28日8時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、28日21時(協定世界時28日12時)に熱帯低気圧番号09Wを付番した。29日6時(フィリピン標準時29日5時)にフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名フロリタFlorita)と命名した。29日9時に日本の南の北緯20度0分、東経130度10分で台風となり[3][4]、アジア名プラピルーンPrapiroon)と命名された。

台風は当初の予報よりもゆっくりとした速度で進み、2日には久米島付近を通過。その後東シナ海を北上しながら九州北部に接近し、対馬海峡を通過した後、4日9時に日本海の北緯40度、東経134度で温帯低気圧に変わった[5][6]

台風の通過に伴い日本列島を覆っていた太平洋高気圧が後退し、北海道付近に停滞していた梅雨前線が南下したことや、台風から変わった温帯低気圧から梅雨前線に湿った空気が大量に供給されたことなどにより、台風が通過した後も西日本の広い範囲で記録的な大雨となった。この大雨は死者200人を超える大災害となり、7月9日に気象庁が平成30年7月豪雨と命名した。

進路・状態の経過[編集]

  • 6月29日9時 - 日本の南で台風に発達。
  • 7月1日15時 - 暴風域を伴うようになる。
  • 7月2日
    • 3時頃 - 久米島付近を通過。
    • 9時 - 「強い」勢力に発達。
  • 7月3日
  • 7月4日15時 - 日本海で温帯低気圧に変わる。

被害・影響[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタル台風:台風201807号 (PRAPIROON) - 総合情報(気圧・経路図)”. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ a b 2018年台風第7号 PRAPIROON (1807) (PDF)”. 2018年9月8日閲覧。
  3. ^ 平成30年 台風第7号に関する情報”. 気象庁 (2018年6月29日). 2018年6月29日閲覧。
  4. ^ 台風7号プラピルーン発生 今後、沖縄へ”. 日本気象協会 (2018年6月29日). 2018年6月29日閲覧。
  5. ^ 平成30年 台風第7号に関する情報 第103号 (位置)”. 気象庁 (2018年7月4日). 2018年7月4日閲覧。
  6. ^ 台風7号 温帯低気圧に変わりました” (2018年7月4日). 2018年7月4日閲覧。
  7. ^ “台風7号:長崎の「潜伏キリシタン」世界文化遺産で被害”. 毎日新聞 (楽天インフォシークニュース). (2018年7月5日). https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20180706k0000m040113000c/ 2018年7月7日閲覧。 

関連項目[編集]