1995年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1995年の台風
軌跡の地図
最初の台風発生 4月29日
最後の台風消滅 12月31日
最も強かった
台風
台風20号 – 910 hPa,
115 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 47
台風の総数 23
総死亡者数 1,314
総被害額 1.21 億ドル (1995 USD)
年別台風
1993, 1994, 1995, 1996, 1997

1995年台風太平洋北西部で発生した熱帯低気圧)のデータ。台風の発生数は23個であったが、日本に接近した台風の総数は、唯一上陸した14号を含めて5個のみであり[1]、1951年の統計開始以降では1973年の4個に次いで、2番目に少ない接近数となった。

台風の日本接近数[編集]

台風の年間日本接近数(上陸数を含む)
接近数が多い年 接近数が少ない年
順位 接近数 順位 接近数
1 2004年 1966年 1960年 19 1 1973年 4
4 2012年 17 2 1995年 5
5 2018年 1955年 16 3 1977年 6
7 2019年 2000年 1997年 1994年
1965年 1961年 1958年
15 4 2010年 1983年 1979年 7
7 2017年 2009年 1998年 1969年
1964年 1951年
8

台風の日本上陸数[編集]

台風の年間日本上陸数
上陸数が多い年 上陸数が少ない年
順位 上陸数 順位 上陸数
1 2004年 10 1 2008年 2000年
1986年 1984年
0
2 2016年 1993年 1990年 6 5 2009年 1995年 1987年
1980年 1977年 1973年 1957年
1
5 2019年 2018年 1989年 1966年
1965年 1962年 1954年
5

月別の台風発生数[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
1 1 2 6 5 6 1 1 23

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(チャック)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 4月29日 – 5月1日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
998 hPa

台風2号(ディアナ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 6月3日 – 6月8日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
996 hPa

台風3号(フェイ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月17日 – 7月24日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
950 hPa

7月16日にマリアナ諸島の西海上で発生し、22日に中型で強い勢力となった。23日に九州の西海上を北上し、夕方頃に朝鮮半島に上陸して韓国を通過。その後は進路を徐々に北東に転じ、24日に日本海にて弱い熱帯低気圧に変わり、北海道を通過した[2]

台風4号(ゲイリー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月29日 – 7月31日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
980 hPa

台風5号(ヘレン)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月9日 – 8月12日
ピーク時の強さ 60 kt (10分間平均) 
985 hPa

台風6号(アーヴィング)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月17日 – 8月20日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
990 hPa

台風7号(ジャニス)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月21日 – 8月26日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
990 hPa

フィリピンの東で発生後、8月23日に宮古島に接近して、中国大陸へと上陸した。その後温帯低気圧に変わり、27日から28日にかけて、東北地方北部を通過した[3]

台風8号(ケント)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月26日 – 9月1日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
945 hPa

台風9号(ロイス)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月26日 – 8月30日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
980 hPa

台風10号(マーク)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月30日 – 9月2日
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
985 hPa

台風11号(ニーナ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 9月4日 – 9月7日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
992 hPa

台風12号(オスカー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月12日 – 9月17日
ピーク時の強さ 100 kt (10分間平均) 
925 hPa

9月13日にサイパン島近海で発生。その後急速に勢力を強め、超大型の非常に強い台風となった。9月15日に最盛期を迎え、中心気圧925 hPa、最大風速50m/sとなったほか、16日には強風域も最大となった。17日に八丈島付近を通過し、中心気圧930 hPa前後という戦後最大級の勢力で関東地方に接近後、三陸沖から北海道の東海上へと進み、18日に温帯低気圧に変わった。この台風は結果的に関東地方に上陸はしなかったものの、仮に上陸していた場合、かなり低い気圧で本土を襲っていた可能性が高いとみられる。また、強風域が非常に大きかったこともこの台風の特徴の一つで、1951年の統計開始以降では5番目に大きな強風域を持つ台風であった。

台風13号(ポリー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月15日 – 9月21日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
960 hPa

台風14号(ライアン)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月16日 – 9月24日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
940 hPa

9月24日に強い勢力で鹿児島県川内市付近に上陸。その後九州を横断して山口県に再上陸した後、日本海を北東に進んだ。徳島県では最大瞬間風速29.8m/sを記録した[4]。この台風の影響で、死者1人、負傷者13人、全壊3棟、半壊・一部損壊118棟、床上浸水105棟、床下浸水1643棟の被害が出ている[5]

台風15号(シビル)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月28日 – 10月3日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

台風16号(テッド)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月10日 – 10月13日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
990 hPa

台風17号(ヴァル)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 10月11日 – 10月13日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
996 hPa

台風18号(ウォード)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月17日 – 10月22日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
940 hPa

台風19号(イベット)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 10月25日 – 10月26日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

台風20号(アンジェラ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月26日 – 11月6日
ピーク時の強さ 115 kt (10分間平均) 
910 hPa

台風21号(ザック)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月27日 – 11月1日
ピーク時の強さ 90 kt (10分間平均) 
950 hPa

台風22号(ブライアン)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 11月2日 – 11月4日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
998 hPa

台風23号(ダン)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 12月26日 – 12月31日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
985 hPa
発生日時が(一年の中で)遅い台風
順位 名称 国際名 発生日時
1 平成12年台風第23号 Soulik 2000年12月30日 9時
2 平成26年台風第23号 Jangmi 2014年12月28日 21時
3 昭和27年台風第27号 Hester 1952年12月28日 9時
4 平成13年台風第26号 Vamei 2001年12月27日 9時
5 昭和50年台風第21号 1975年12月26日 21時
6 昭和41年台風第35号 Pamela 1966年12月26日 9時
平成7年台風第23号 Dan 1995年12月26日 9時
8 平成5年台風第28号 Nell 1993年12月25日 9時
平成24年台風第25号 Wukong 2012年12月25日9時
10 昭和29年台風第23号 1954年12月24日 15時

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 気象庁|台風経路図1995年”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ 令和元年台風第8号と類似した経路の過去の台風”. mizu.bosai.go.jp. 水土砂防災研究部門. 2020年4月23日閲覧。
  3. ^ 令和元年台風第9号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2019年9月9日). 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ 平成7年の台風14号 | 四国災害アーカイブス”. www.shikoku-saigai.com. 2020年5月23日閲覧。
  5. ^ 平成29年台風第5号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2019年6月7日). 2020年5月1日閲覧。