平成21年台風第8号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第8号(Morakot、モーラコット)
カテゴリー2の タイフーンSSHWS
最盛期の台風第8号
最盛期の台風第8号
発生期間 2009年8月3日 9:00
8月11日 3:00
寿命 7日18時間
最低気圧 945hPa
最大風速
(日気象庁解析)
40m/s(80kt)
最大風速
米海軍解析)
90kt
死傷者数 死者789人
被害地域 フィリピン日本台湾中国韓国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成21年台風第8号(へいせい21ねんたいふうだい8ごう、アジア名:Morakot、フィリピン名:Kiko)は、2009年8月台湾に上陸して記録的な豪雨をもたらし、多数の死者を出した台風である。

概要[編集]

進路図

2009年8月2日、日本の気象庁は、2009年に入って11個目の熱帯低気圧が発生したと発表し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は、3日にこの熱帯低気圧を「キコ(Kiko)」と命名した。また、合同台風警報センター(JTWC)はシリアルナンバーとして09Wを選定した。09Wはフィリピンの北方約1,000kmの海上(日本の南)で台風8号となり、アジア名「モーラコット(Morakot)」と命名された[1]。命名国はタイで、「エメラルド」を意味する[1]。台風は4日から5日にかけて西に進路を転回し、7日には台湾東部の陸上を暴風域に巻き込みながら減速して、台湾時間の同日23時50分頃、中度台風の威力のまま花蓮市付近に上陸した。そのまま台湾を東から西へ横断し、8日11時頃には勢力を軽度台風に弱め、同日14時頃に桃園県付近から台湾海峡へ抜けた。台湾本島の全域が台風の暴風域を外れたのは、9日の18時半頃だった。9日16時20分には中国福建省霞浦県付近に再上陸し、次第に勢力弱めて、11日早朝に熱帯低気圧に変わった。

速報段階では2009年の8番目に発生した台風と解析されたために「台風8号」とされているが、事後解析により、同年の台風7号の発生日時が8月3日21時で、この台風の発生日時が8月3日9時であったことが判明したため、台風7号の方が8号より後に発生していたことになり、台風番号と発生日時が逆転する現象が、2006年台風7号8号において発生)以来3年ぶりに発生した[2]。そのため、この台風は実質上、「台風7号」であった。

被害・影響[編集]

台風による浸水被害(フィリピン)

この台風は、台湾で台風の中心から離れた地点で豪雨となった。8月6日0時から8月9日19時までの積算雨量が、嘉義縣阿里山で2726mm、屏東縣尾寮山で2551mmに達した。これにより、台湾南部では、高雄縣小林村深層崩壊による土石流で壊滅するなど過去50年間で最悪とも言われる災害となり、「八八水災」と呼称されている。なお、この台風の被害に対して各国が救援物資を送った[3][4][5]

なお、台湾政府の対応の遅れに対して批判が集中。9月10日には劉兆玄行政院長が辞職、行政院(内閣)総辞職へと追い込まれている[6]

その他[編集]

この台風のアジア名「モーラコット(Morakot)」は、この台風限りで使用中止となり、次順からは「アッサニー(Atsani)」というアジア名が使用されることになった。

脚注[編集]

台湾における台風第8号
[脚注の使い方]
  1. ^ a b デジタル台風:2009年台風8号(モーラコット|MORAKOT)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年5月26日閲覧。
  2. ^ 台風番号と発生日時が逆転した台風一覧”. typhoon21.world.coocan.jp. 2020年7月2日閲覧。
  3. ^ 台風の死者500人超か 馬総統が見通し 産経新聞 2009年8月14日付
  4. ^ 台湾の台風災害支援で競う米中 日本は出遅れ? 産経新聞 2009年8月17日付
  5. ^ 台湾の死者・不明600人調 台風8号被害、日本の援助物資到着 産経新聞 2009年8月21日付
  6. ^ 台湾、行政院総辞職へ 新行政院長に呉敦義・国民党秘書長 産経新聞 2009年9月7日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]