復活台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

復活台風(ふっかつたいふう)とは、一般的に、太平洋北西部で発生する台風のうち、1回以上勢力を弱め、最大風速が17.2メートル(34ノット)以下の熱帯低気圧となってから、再び発達して最大風速17.2メートル(34ノット)以上の台風となったものをいう俗称。台風が復活した場合、気象庁は初めに与えた番号をそのまま使用する[1]

おもな復活台風[編集]

  • 昭和28年台風第13号 - 国際名テス(Tess)。発生直後、熱帯低気圧に弱まったが、再び台風になると、中心気圧が5時間ほどで96ミリバール(ヘクトパスカル)も低下するなど著しく発達した。日本にも上陸した。
  • 昭和29年台風第15号(洞爺丸台風) - 国際名マリー(Marie)。日本に上陸し、大きな被害を出した。
  • 昭和48年台風第6号 - 国際名エレン(Ellen)。唯一2回も復活し3度の台風期間をもつ台風。
  • 平成13年台風第16号 - アジア名ナーリー(Nari)。発生直後、沖縄近海で複雑な動きをした台風でもある。
  • 平成21年台風第17号 - アジア名パーマァ(Parma)。フィリピン付近で複雑な動きをし、同地域に大きな影響をもたらした。
  • 平成26年台風第7号 - アジア名ハギビス(Hagibis)。南シナ海で発生後、華南に上陸し衰弱。東シナ海に進み再び台風となり日本に接近したが、直後に温帯低気圧に変わった。
  • 平成27年台風第12号 - 国際名ハロラ(Halola)。中部太平洋で発生し、日本に上陸した越境台風でもある。
  • 平成27年台風第13号 - アジア名ソウデロア(Soudelor)。確定値の発表では[2]、華南に上陸後太平洋に抜け、同年で2個目の復活台風となった。また、台風12号と連続した。
  • 平成29年台風第26号 - アジア名カイタク(Kai-tak)。フィリピン付近で発生し、南シナ海に抜けた台風。事後解析によって、フィリピンから南シナ海にかけての一部の区間が熱帯低気圧に格下げされた[3]
  • 平成30年台風第12号 - アジア名ジョンダリ(Jongdari)。沖ノ鳥島近海で発生し、日本に上陸したのち、東シナ海で複雑な動きをした台風。事後解析によって、東シナ海及び太平洋での一部の区間が熱帯低気圧に格下げされた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁”. 気象庁. 2015年7月27日閲覧。
  2. ^ 2015年台風第13号 SOUDELOR 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2015年10月23日閲覧。
  3. ^ 2017年台風第26号 KAI-TAK 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2018年9月20日閲覧。
  4. ^ 2018年台風第12号 JONGDARI 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2018年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]