台風コロッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コロッケ
日本列島に接近する台風(2000年 台風3号

台風コロッケ(たいふうコロッケ)は、2ちゃんねるを発祥とするネット上での文化・風習[1][2]

歴史[編集]

2001年8月21日に2ちゃんねるのニュース速報板の「【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号」スレッドに111番目に書き込まれた『念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました』という書き込みをきっかけに、台風が接近するとコロッケを買う、食べるというネタが生まれた[2][3][4]。 2012年にねとらぼが300人にアンケートを取ったところ、台風コロッケを知っている割合は7割に上ったと発表した[5]

ぐるなびは2013年8〜10月に発生した台風とぐるなび検索の関係を比較し、コロッケの検索数が増えたと折れ線グラフで発表した[6][7]Twitterでも台風が接近するとトレンドワードにランクインするなどインターネット上では定着している[3][8]。現実社会においても台風の日にコロッケ値引きを実施する店舗もあるという[9]

出典[編集]