台風コロッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コロッケ
台風11号パブーク

台風コロッケ(たいふうコロッケ)は、台風が接近・上陸している際にコロッケを買って食べるという日本の風習。電子掲示板2ちゃんねるを発祥とする[1][2]

歴史[編集]

台風11号が接近した2001年8月21日昼過ぎに2ちゃんねるのニュース速報板「【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号」の

念のため、コロッケを16個買ってきました。 もう3個食べてしまいました。 — ハンドルネーム:こちら横浜

という書き込みをきっかけに、台風が接近するとコロッケを買う、食べるというネタが生まれた[2][3][4]

しばらくは大衆には普及せず2ちゃんねらー限定の風習であったが、2012年6月の台風4号の時にTwitterのトレンドワードにランクインしたことでネットメディアが取り上げるようになり、広く知られるようになった[3][5]。同時期にねとらぼが300人にアンケートを取ったところ、台風コロッケを以前から知っていた人は5割、最近知った人は2割弱、台風4号が来た日にコロッケを食べた人は3割であった[6]

飲食店のインターネット検索サービスぐるなびは、2013年8〜10月に発生した台風とぐるなび検索の関係を比較し、コロッケの検索数が増えたと折れ線グラフで発表した[7][8]

慣習化したことで2010年代中頃から台風の日にコロッケの値引きや大量セールを実施する店舗も出現し[9][10]、ここ数年は、台風が接近するとスーパーマーケットや弁当店でコロッケが飛ぶように売れる。2019年の令和元年東日本台風(台風19号)の際にも、大量の台風コロッケが飛ぶように売れた[11]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 徹底比較! 台風の日にコロッケを買うならコンビニ3社のどこがいい? | マイナビニュース マイナビニュース 2016年11月08日閲覧
  2. ^ a b みなさんに愛されて15年 ネットの謎風習「台風コロッケ」が15周年を迎えていた ねとらぼ 2016年11月08日閲覧
  3. ^ a b 元ネタが分からない? 台風コロッケに盛り上がる人、困惑する人 ねとらぼ 2016年11月08日閲覧
  4. ^ 所さん!大変ですよ「新たな都市伝説!? 謎の“台風コロッケ”現象」 日本放送協会 2016年11月08日閲覧
  5. ^ 「台風といえばコロッケ」実は21日で15周年...もはや「風習」に Jタウンネット 2016年11月08日閲覧
  6. ^ 台風コロッケ、食べた人は約3割 ねとらぼ 2016年11月08日閲覧
  7. ^ 「台風が来るとコロッケを食べる!」という文化を調査した結果とは? GIGAZINE 2016年11月09日閲覧
  8. ^ 本当に「台風の日にコロッケ」を食べているのか!コロッケと台風の関係を検索データで調べてみた みんなのごはん 2016年11月09日閲覧
  9. ^ 「台風の日にコロッケを食べる慣習」15周年を迎えていた! Excite Bit コネタ 2016年11月09日閲覧
  10. ^ イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し 毎日新聞社、2017年10月20日(同日閲覧)
  11. ^ コロッケが大売れ 電気もガスも使わぬ“台風対策”(19/10/11)”. ANN News. 2020年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]