2021年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2021年の台風
軌跡の地図
最初の熱帯低気圧発生 1月20日
最初の台風発生 2月18日
最も強かった
台風
台風2号 – 895 hPa,
120 kt
熱帯低気圧の総数 21
台風の総数 14
タイフーンの総数 2
総死亡者数 不明
総被害額 不明
年別台風
2019, 2020, 2021, 2022, 2023

2021年台風(2021ねんのたいふう、太平洋北西部および南シナ海[注 1]で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に日本の気象庁の情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター (JTWC) のみに準拠する。

月別の台風発生数[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
1 1 1 2 3 4 2 14

*2021 9/7 15:00現在

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

台風に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(ドゥージェン)[編集]

202101・01W・アウリング

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 2月18日 – 2月22日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
996 hPa

2月15日、カロリン諸島付近において発生した低圧部[1]が、16日21時、フィリピンの東海上で熱帯低気圧に発達した。この熱帯低気圧に対し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は、フィリピン名アウリング(Auring)と命名した。また、17日18時に合同台風警報センター(JTWC)によって、熱帯低気圧番号01Wが与えられた。01Wはフィリピンの東海上(北緯7.4度、東経132.2度)で台風となり[2]、アジア名ドゥージェン(Dujuan)と命名された。

台風2号(スリゲ)[編集]

202102・02W・バイシング

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 4月14日 – 4月25日
ピーク時の強さ 120 kt (10分間平均) 
895 hPa

4月12日、カロリン諸島付近において発生した熱帯低気圧が発生し、この熱帯低気圧に対し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は、フィリピン名バイシング(Bising)と命名した。また、合同台風警報センター(JTWC)によって、熱帯低気圧番号02Wが与えられた。02Wはフィリピンの東海上(北緯7.9度、東経137.3度)で台風となり、アジア名スリゲ(Surigae)と命名された[3]

当初の予報では非常に強い勢力に発達すると予想されていたが[4]、 台風は予想以上のペースで勢力を強めた。16日21時からの24時間で中心気圧を60hPaも低下させるなど急速に発達して17日21時には猛烈な勢力へと成長[5]。なお、4月に猛烈な勢力となったのは最大風速のデータがある1977年以降では統計史上初めてである[6][注 2]

その後も2号はさらに勢力を強めて18日3時に平成28年台風第14号以来、およそ5年ぶりとなる最低気圧900hPa未満に到達した台風および4月における最初の800hPa台の台風として、最低気圧895hPa、最大風速60m/s(120kt)、最大瞬間風速85m/s(170kt)という記録を残した[7][8]

なお、ノット基準での最大風速(10分平均)が120ktとなったため統計史上5番目に最大風速の強い台風となった。

最大風速(気象庁解析・10分間平均)
順位 台風 国際名 最大風速 (kt)
1 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 140
2 平成25年台風第30号 Haiyan 2013年 125
平成22年台風第13号 Megi 2010年
昭和57年台風第10号 Bess 1982年
5 令和3年台風第2号 Surigae 2021年 120
令和2年台風第19号 Goni 2020年
平成28年台風第14号 Meranti 2016年
平成3年台風第28号 Yuri 1991年
平成2年台風第19号 Flo 1990年
昭和61年台風第3号 Lola 1986年
昭和60年台風第22号 Dot 1985年
昭和59年台風第22号 Vanessa 1984年
昭和58年台風第5号 Abby 1983年
昭和57年台風第21号 Mac 1982年
昭和56年台風第22号 Elsie 1981年
昭和55年台風第19号 Wynne 1980年
昭和53年台風第26号 Rita 1978年

台風3号(チョーイワン)[編集]

202103・03W・ダンテ

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 5月31日 – 6月5日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
998 hPa

5月29日、カロリン諸島付近において熱帯低気圧が発生した。この熱帯低気圧に対してフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は、フィリピン名ダンテ(Dante)と命名した。また、合同台風警報センター(JTWC)によって、熱帯低気圧番号04Wが与えられた。04Wは、5月31日9時にフィリピンの東(北緯7.2度、東経131.6度)で台風となり[9]、アジア名チョーイワンと命名された。当初はフィリピンの東を北上する予報だったが、予想に反して北西に進みフィリピンに上陸したのち南シナ海に抜けた。その後北東に進路をかえて6月5日15時に沖縄県の北の海上で温帯低気圧に変わった。

なお、確定値では台風の発生時刻が、5月31日15時に訂正されている。[10]

台風4号(コグマ)[編集]

202104・05W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 6月12日 – 6月13日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
996 hPa

6月10日、南シナ海で低圧部が発生。低圧部は11日15時に熱帯低気圧に発達。同時に気象庁は24時間以内に台風に発達するとして、観測を開始。また、12日12時に合同台風警報センターによって05Wが付番された。05Wは同日15時に台風に発達し、アジア名コグマと命名された。台風は西進しベトナムに上陸した後、13日15時に熱帯低気圧に変わった。その後、同日21時に消滅した。

台風5号(チャンパー)[編集]

202105・06W

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 6月23日 – 6月27日
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
980 hPa

6月21日午前9時にマリアナ諸島近海で熱帯低気圧が発生。熱帯低気圧は合同台風警報センターによって06Wと付番された。その後、熱帯低気圧は北西に進み、6月23日9時に台風に発達、アジア名チャンパーと命名された。その後、台風は小笠原諸島に接近したのち北北東に進み、関東の南東の海上で温帯低気圧にかわった。

台風6号(インファ)[編集]

202106・09W

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 7月18日 – 7月28日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
965 hPa

台風7号(チャンパカ)[編集]

202107・10W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月19日 – 7月26日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
990 hPa

台風8号(ニパルタック)[編集]

202108・11W

トロピカル・ストーム (JMA)
Subtropical storm (SSHWS)
発生期間 7月23日 – 7月28日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
990 hPa

南鳥島付近から次第に西にそれていく珍しい進路をとったあと、史上初の宮城県上陸し、秋田沖で温帯低気圧に変わった。

2020年東京オリンピックの期間中だった7月28日に日本に上陸した台風である[11]

台風9号(ルピート)[編集]

202109・13W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月4日[12] – 8月9日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
985 hPa

8月8日20時過ぎ、鹿児島県枕崎市付近に上陸[13]

翌日8月9日5時過ぎ広島県呉市付近に再上陸した。

同日8月9日9時、温帯低気圧に変わった。

台風10号(ミリネ)[編集]

202110・14W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月5日[14] – 8月10日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
980 hPa

台風11号(ニーダ)[編集]

202111・15W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月5日[15] – 8月8日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
992 hPa

8月2日03時にウェーク島近海に熱帯低気圧が発生。熱帯低気圧は30km/hから45km/hと速い速度で北上していた。その後8月5日15時に気象庁が日本の東で台風11号として発生。

発生時からも20km/hから30km/hの速度で北上した。ピーク時は992hPa 最大風速25m/sとなった。8月8日09時に温帯低気圧に変わった

台風12号(オーマイス)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月20日 – 8月24日
ピーク時の強さ 25 kt (10分間平均) 
994 hPa

202112・16W

8月15日、マーシャル諸島熱帯低気圧が発達中。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表した。[16]しかし、台風予報よりも発達せず、気象庁24時間以内に台風発達する見込みとの情報取り消した

8月20日、フィリピン熱帯低気圧が発達。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表した。[17]ちなみに、この熱帯低気圧は8月15日に気象庁24時間以内に台風に発達する見込みと発表した熱帯低気圧である。

8月20日21時、フィリピンの東で発生。8月22日には沖縄先島諸島に接近。その後、台風12号東シナ海を北よりに進み、8月24日9時に、日本海温帯低気圧に変わった。[18]

台風13号(コンソン)[編集]

202113・18W・ジョリーナ

トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月6日 – 9月12日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
985 hPa

9月5日21時に、フィリピンの東で低圧部が発生した。低圧部は翌日3時に熱帯低気圧に発達し、フィリピン大気地球物理天文局によってフィリピン名ジョリーナと名付けられた。その後、15時に台風に発達し、アジア名コンソンと名付けられた。6日18時には合同台風警報センターによって18Wが付番されている。

台風14号(チャンスー)[編集]

202114・19W・キコ

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月7日 – 9月18日
ピーク時の強さ 115 kt (10分間平均) 
905 hPa

9月7日9時、フィリピンの東で台風14号が発生し、アジア名チャンスーと命名された[19]。 チャンスーは、カンボジアが用意した名前で、花の名前に由来する[19]。 海水面温度が高かったことや、風の条件が台風の発達に適していたことなどから、台風は急発達し、発生から24時間後の8日9時には、中心気圧945hPa・最大風速45m/sの「非常に強い」勢力になった[20]。 11日になると、フィリピンの東で発達のピークを迎え、中心気圧は905hPaにまで低下し、中心付近の最大風速は60m/s(115ノット)となり、「猛烈」な台風となった[21]


また、この台風は高気圧による、夏台風であった。

気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号(○○W)は、合同台風警報センター(JTWC)が熱帯低気圧と認めたものに付与し、同機関をはじめ海外の各気象機関で用いられる。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)がフィリピン名を命名している場合、フィリピン名も併記する。また、熱帯低気圧番号がない場合にも、気象庁が熱帯低気圧としたものを以下に「TD」と単に表す。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 1月20日 – 1月20日
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
1008 hPa

1月20日3時に、フィリピンの東に熱帯低気圧が解析された。熱帯低気圧は北上し、同日21時に消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 3月14日 – 3月15日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

3月9日3時に、カロリン諸島近海で発生した低圧部が、14日15時に南シナ海で熱帯低気圧に発達。熱帯低気圧は西進したのち、15日9時に低圧部に降格。同日21時に消滅した。

TD03W(クリシング)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 5月12日 – 5月14日
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

5月12日9時に、ミンダナオ島の東で発生した低圧部が、13日3時に熱帯低気圧に発達。同日9時に気象庁は24時間以内に台風に発達するとして、観測を開始した。しかし、気象庁の予測に反して、台風に昇格することはなかった。そのため、気象庁は情報の発表を取りやめた。その後、14日15時にフィリピン近海で消滅した。

TD[編集]

5月29日9時に、トラック諸島で発生した低圧部が、翌日9時に熱帯低気圧に発達。熱帯低気圧は西進したがあまり発達せず、6月2日9時に消滅した。

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 5月29日 – 6月2日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

TD[編集]

6月30日9時に、沖ノ鳥島近海で熱帯低気圧が発生。しかし、あまり発達せず

1日9時に消滅した。

TD07W[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 6月30日 – 7月1日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1010 hPa

7月4日3時に、フィリピンの東で熱帯低気圧が発生。熱帯低気圧は北西に進んだ後、フィリピン大気気象天文局によってエモンと命名された。その後、5日6時にJTWCによって07Wと付番された。

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 7月4日 – 7月6日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

各台風・熱帯低気圧名[編集]

参考…[1]

各熱帯低気圧の影響[編集]

台風・
熱帯低気圧
名称 期間 大きさ
強さ
階級 最大風速 最低気圧 影響地域 被害額 死者・行方不明者数(人) 出典
TD - 1月20日 - 1月20日 - TD 不明 1008hPa - - - -
台風1号 Dujuan (Auring) 2月16日 - 2月23日 - TS 20m/s(40kt) 996hPa パラオ、フィリピン -
TS 45kt 991hPa
台風2号 Surige (Bising) 4月12日 -4月25日 - TY 60m/s(120kt) 895hPa カロリン諸島、スラウェシ、パラオ、フィリピン -
STY 165kt 888hPa
台風3号 Choi-wan (Dante) 5月29日‐6月5日 パラオ、フィリピン、台湾、日本
台風4号 Koguma 6月11日‐6月13日 華南、ベトナム
台風5号 Champi 6月21日-6月27日 マリアナ諸島
台風6号」 In-fa 7月16日-7月29日 日本、台湾、中国大陸、フィリピン
台風7号 Cempaka 7月17日‐7月26日
台風8号 Nepartak 7月23日‐7月29日 日本
台風9号 Lupit 8月2日-8月9日 台湾、日本
台風10号 Mirinae 8月4日-8月10日
台風11号 Nida
台風12号 Omais
台風13号 Conson
台風14号 Chanthu フィリピン、台湾、香港、中国大陸、韓国、日本

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 気象庁の観測対象範囲である東経100度から180度までの北半球。
  2. ^ 4月に猛烈な勢力に発達したわけではないが、平成27年台風第4号は例外的に、3月31日15時に中心気圧の910hPaの猛烈な勢力に発達して4月2日9時まで勢力を維持していた。なお、この台風は令和3年台風第2号によって記録を塗り替えられるまで、1月から4月まで発生した台風としては最強とされていた。

出典[編集]

  1. ^ 気象庁|過去の天気図(1日表示)”. www.data.jma.go.jp. 2021年2月18日閲覧。
  2. ^ 台風1号(ドゥージェン)発生 今年最初の台風 日本への影響なし”. https://weathernews.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  3. ^ 台風2号が発生。最大瞬間風速70メートルの非常に強い勢力に発達する予想”. https://news.yahoo.co.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  4. ^ 台風2号 今後発達しながら北上か”. https://www.news24.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  5. ^ 台風2号が「猛烈な」勢力に 中心気圧905hPa 急速に発達”. https://weathernews.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  6. ^ 台風2号は4月最強の猛烈台風へ発達、スーパー台風の勢力に”. https://news.yahoo.co.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  7. ^ 猛烈な台風2号、中心気圧895hPaに 900hPa未満は5年ぶり”. https://weathernews.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  8. ^ 猛烈な台風2号、4月としては観測史上最強 なぜ発達?”. https://news.yahoo.co.jp/. 2021年4月19日閲覧。
  9. ^ 2021年5月31日天気図”. sunny-spot.net. 2021年6月1日閲覧。
  10. ^ 台風位置表”. 気象庁. 2021年8月26日閲覧。
  11. ^ <速報>台風8号 宮城県石巻市付近に上陸 宮城県への上陸は統計史上初 ウェザーニューズ(2021年7月28日)、2021年7月28日閲覧
  12. ^ 台風9号(ルピート)発生 今後の進路に注意を ウェザーニューズ、2021/8/5配信・閲覧
  13. ^ 台風9号、鹿児島・枕崎付近に上陸 大雨や暴風に警戒 日本経済新聞、2021/8/8配信・閲覧
  14. ^ 沖縄で新たな台風10号(ミリネ)発生 東日本に接近のおそれ ウェザーニューズ、2021/8/5配信・閲覧
  15. ^ 台風11号(ニーダ)発生 日本への直接の影響なし ウェザーニューズ、2021/8/5配信・閲覧
  16. ^ 24時間以内に台風発生の可能性 次に発生すると「台風12号」(ウェザーニュース)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年9月4日閲覧。
  17. ^ 24時間以内に台風発生の可能性 次に発生すると「台風12号」 沖縄接近へ(ウェザーニュース)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年9月4日閲覧。
  18. ^ 台風12号 温帯低気圧に変わりましたが油断せず 日本海側を中心に激しい雨の所も(気象予報士 日直主任)” (日本語). tenki.jp. 2021年9月4日閲覧。
  19. ^ a b 台風14号「チャンスー」発生(気象予報士 日直主任)” (日本語). tenki.jp. 2021年9月12日閲覧。
  20. ^ 台風14号 発生から24時間で「非常に強い」勢力に急発達” (日本語). ウェザーニュース. 2021年9月12日閲覧。
  21. ^ 猛烈な強さの台風14号 中心気圧905hPaまで低下 沖縄は強まる雨風に警戒” (日本語). ウェザーニュース. 2021年9月12日閲覧。

確定値 [編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

気象庁

国立情報学研究所

合同台風警報センター

世界気象機関

フィリピン大気地球物理天文局

アメリカ海軍調査研究所

民間気象機関