2010年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2010年の台風
軌跡の地図
最初の台風発生 3月24日
最後の台風消滅 10月30日
最も強かった
台風
台風13号 – 885 hPa,
125 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 31
台風の総数 14
タイフーンの総数 9
スーパータイフーンの総数 1
総死亡者数 398
総被害額 2.95 億ドル (2010 USD)
年別台風
2008, 2009, 2010, 2011, 2012

2010年台風太平洋北西部で発生した熱帯低気圧)のデータ。

年間を通しての台風の発生数はわずか14個であったが、これは1951年の統計開始以降で最も少ない発生数である[1][2][3][4]。平年の発生数(約26個)のおよそ半分であり、それまでの最少記録であった1998年を更に下回った(発生数が20個に満たなかったのは2010年と1998年と1969年のみである)。

日本に接近した台風の数だけでも7個であり、統計史上4番目の少なさであった。7個のうち2個(台風4号9号)は上陸台風であったが、いずれの台風も日本海側から上陸するという珍しい台風であった(9号は統計史上初めて北陸地方に上陸)。すなわち、一般的な台風のように太平洋側から上陸した台風は1個もなかったことになる。ちなみに、沖縄への接近数は6個(平年は約7個)と少なめ、伊豆小笠原諸島への接近数も2個(平年は約5個)とかなり少なかった。

台風1号は3月24日に発生し、決して遅くはなく平年並みであったが、その後7月になるまでは台風が1個も発生しない状態が続き、8月から10月までは発生したものの、11月や12月には一切発生しなかった。

中央太平洋と東太平洋におけるハリケーンの発生数も記録的に少なく、太平洋全域で異常なほど静かなシーズンとなっていた[5]

この年は台風の経路が全体的に西に偏っており、東経150度より東側の領域を通過した台風はなかった[5]

さらに、発生場所が高緯度だった台風が多かったこともこの年の台風の特徴といえる。気象庁によれば、フィリピンの東海上における太平洋高気圧の勢力が強く、発達した積乱雲が出来にくい状態であったことが一因とされている[4]。2010年は、春から夏にかけて、南米ペルー沖の海面水温が高いエルニーニョ現象から、低いラニーニャ現象に移行した年であった[6]。この年と同様に台風の発生が少なかった1998年も移行年であり、移行年はフィリピンの東の海上が高気圧になるという分析もあるという[6]

台風の発生数[編集]

台風の年間発生数
発生数が多い年 発生数が少ない年
順位 発生数 順位 発生数
1 1967年 39 1 2010年 14
2 1994年 1971年 36 2 1998年 16
4 1966年 35 3 1969年 19
5 1964年 34 4 2011年 2003年 1977年 1975年
1973年 1954年 1951年
21
6 1989年 1974年 1965年 32
9 2013年 1992年 1988年 1972年
1958年
31

台風の日本接近数[編集]

台風の年間日本接近数(上陸数を含む)
接近数が多い年 接近数が少ない年
順位 接近数 順位 接近数
1 2004年 1966年 1960年 19 1 1973年 4
4 2012年 17 2 1995年 5
5 2018年 1955年 16 3 1977年 6
7 2019年 2000年 1997年 1994年
1965年 1961年 1958年
15 4 2020年 2010年 1983年 1979年 7
8 2017年 2009年 1998年 1969年
1964年 1951年
8

月別の台風発生数[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
1 2 5 4 2 14

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

Tropical Storm OmekaTyphoon Chaba (2010)Typhoon Megi (2010)Typhoon FanapiTyphoon Kompasu (2010)Typhoon Chanthu (2010)Typhoon Conson (2010)

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(オーマイス)[編集]

201001・02W・アガトン

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 3月24日 – 3月26日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
998 hPa

3月22日21時に、カロリン諸島熱帯低気圧が発生。北西に移動しながら少しずつ発達し、24日21時にフィリピンの東で台風となって、アジア名「オーマイス(Omais)」と命名された[7]。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はこの台風について、フィリピン名「アガトン(Agaton)」と命名している。この年初の台風だが、ほぼ平年並みの時期に発生した。しかし台風はほとんど発達せず、最盛期でも中心気圧は998 hPaまでしか下がらなかったことに加え、寿命も短く、発生から2日後の26日に消滅した。

台風2号(コンソン)[編集]

201002・03W・バズヤン

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月12日 – 7月18日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
970 hPa

7月12日にフィリピンの東海上で発生し、アジア名「コンソン(Conson)」と命名された[8]。また、フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「バズヤン(Basyang)」と命名した。13日にはフィリピンのルソン島中部に上陸し、死者や行方不明者を出した[8]。その後は南シナ海を通過して中国海南島に接近した後、ベトナム北部に上陸し、18日に熱帯低気圧に変わった。7月12日までの時点で台風が2個以下しか発生していない年は、1951年以降ではこの年を含め6つしかなく、中でも1975年と1998年は1個だけだった(最大は1971年の15個)[8]

台風3号(チャンスー)[編集]

201003・04W・カロイ

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月19日 – 7月23日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
970 hPa

熱帯低気圧としてフィリピン北部を縦断した後、7月19日に南シナ海で台風となり、アジア名「チャンスー(Chanthu)」と命名された。また、フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「カロイ(Caloy)」と命名した。台風は23日に中国広東省雷州半島に上陸し、広西チワン族自治区で再び熱帯低気圧に変わった[9]。なお、この台風は2人の死者を出した。

台風4号(ディアンムー)[編集]

201004・05W・エスター

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月8日 – 8月12日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
980 hPa

8月8日に宮古島の南海上で発生し、アジア名「ディアンムー(Dianmu)」と命名された。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)により、フィリピン名「エスター(Ester)」と命名された。台風は宮古島のすぐ東を通って久米島の西側へと進んだ。最大風速は強くなかったが強風域は大きく、9日の時点で沖縄本島も既に強風域に入っていた[10]。10日にはやや勢力を強めて東シナ海を北上し、暴風域も伴って韓国済州島に接近。12日に全羅南道高興半島南端に上陸し、韓国では大雨により5人が死亡した[10]。その後は隠岐島沖を経て日本海を東に進み、12日17時頃に秋田県秋田市付近に上陸した。上陸直前の勢力は、中心気圧992hPa、中心付近の最大風速23m/s、最大瞬間風速35m/sであった[11][12]。その後は東北地方を横切って太平洋へ抜け、温帯低気圧に変わった[10]

台風が8月に日本に上陸したのは2007年台風5号以来3年ぶりであり[12]東北地方に直接上陸したのは6年ぶりであった[12]

この台風の影響により日本列島の南から暖かく湿った空気が流れ込み、近畿地方から北日本にかけての広い範囲で、大気の状態が不安定となった[12]京都府大阪府などでは1時間に100mmを超える猛烈な雨となり[11]レーダーなどの解析によると大阪府高槻市付近で1時間に120mm以上、京都府亀岡市付近でおよそ110mmの大雨が降ったとみられる[12]京都地方気象台によれば、京都市中京区で午前4時23分からの1時間に76.5mmの雨量を記録した。滋賀県でも各地で大雨となり、住宅の床下浸水や土砂崩れの被害が相次いだ。大津市では落雷の影響で、およそ1,340世帯が約2時停電した。彦根地方気象台によれば、大津市は5時から1時間の雨量が43mmを記録。同市における11日3時から12日正午までの総雨量(95.5mm)の半分近くを占めるなど、猛烈な雨が降った。また北海道でも、前線の活動が活発化したことにより、乙部町潮見で24時間の雨量が200mmを超え、8月としては観測史上最多となるなど、道内の各地で記録的な大雨となった[11]近畿地方整備局京都国道事務所などによると、京都市右京区西院久保田町の国道9号が、阪急京都本線のガード下で午前5時頃に冠水が起き、1台の乗用車が水につかり立ち往生した[12]

この台風により、各地で交通機関への影響が相次いだ。山陰本線太秦駅近くの踏切では午前4時20分頃に冠水し、上下線が運休するなどしたほか、東海道新幹線新大阪発の上り列車が午前6時の始発から運転を一時見合わせるなど、ダイヤに乱れが生じた[12]。JRの京葉線は、12日午前10時55分頃に風速が規制値を上回り、午後3時過ぎまで徐行運転を繰り返した。JR東日本千葉支社によれば、午後5時までに、上下線計52本が運休、71本に最大1時間の遅れが生じ、計66,000人に影響した。また、秋田新幹線は上下線で計3本が運休し、盛岡-秋田間で30分以上の遅れが出た。航空各社によると、旅客機の欠航はなかったものの、秋田羽田行きの全日空876便で到着が35分ほど遅れるなど、秋田空港発着便を中心にダイヤが乱れた[12]。一方で、成田国際空港では12日12時半頃、南京発の中国東方航空775便(エアバスA320・乗員9人・乗客138人)の左主翼エンジンに、こすったような跡が発見された。国土交通省成田空港事務所などによると、この飛行機は着陸時に強風でバランスを崩して、エンジンの底部が滑走路に接触した可能性があるという。成田空港のB滑走路はおよそ20分閉鎖され、6便の離着陸に最大で30分の遅れが生じた[12]

台風5号(ミンドゥル)[編集]

201005・06W

トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月23日 – 8月25日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
985 hPa

8月23日に南シナ海で発生し、アジア名「ミンドゥル(Mindulle)」と命名された。台風は西進して、24日にベトナム北部のビン付近に上陸[13]。137人の漁民が行方不明となったほか[13]、少なくとも10人が死亡した。台風はその後、25日に消滅した。

台風6号(ライオンロック)[編集]

201006・07W・フロリタ

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月28日 – 9月2日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

8月28日に南シナ海の北部で発生し、アジア名「ライオンロック(Lionrock)」と命名された。フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「フロリタ(Florita)」と命名している。台風はゆっくりと北上し、後から発生した台風8号藤原効果となった。9月2日に中国広東省汕頭市の北に上陸[14]。その後中国大陸にて消滅した。

台風7号(コンパス)[編集]

201007・08W・グレンダ

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月29日 – 9月2日
ピーク時の強さ 80 kt (10分間平均) 
960 hPa

8月29日に日本のはるか南で発生し、アジア名「コンパス(Kompasu)」と命名された。フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「グレンダ(Glenda)」と命名している。台風は勢力を強めながら北上して沖縄地方に接近。30日には暴風域を伴った[15]。31日に沖縄本島を横断後、東シナ海を北上して9月2日に朝鮮半島江華島付近に上陸。韓国仁川市金浦市などを通過した後、日本海を進んだ。

この台風により、少なくとも4人の死者が出た。韓国の首都ソウルでは、15年来で最大となる暴風を記録したことに加え、およそ100世帯で窓が壊れるなどの被害が報告されている[16]。また、韓国中西部の忠清南道光州市のある南西部の全羅南道などで13万世帯余りが停電となった[16]

台風8号(ナムセーウン)[編集]

201008・09W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月30日 – 8月31日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
994 hPa

8月30日に東シナ海で発生し、アジア名「ナムセーウン(Namtheun)」と命名された[17]。しかしその後、先の台風6号に吸収されて消滅した。

台風9号(マーロウ)[編集]

201009・10W・ヘンリー

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 9月3日 – 9月8日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

9月3日に沖縄の南海上で発生し、アジア名「マーロウ(Malou)」と命名された。フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「ヘンリー(Henry)」と命名している。台風は同日に沖縄本島に接近、東シナ海対馬海峡山陰沿岸の日本海側を抜け、9月8日福井県敦賀市に上陸した[18]。上陸4時間弱後に熱帯低気圧に変わった。台風に伴う雨雲が神奈川県丹沢山地付近で強い雨をもたらし、静岡県駿東郡小山町で大きな被害が発生した。なお、丹沢湖では8日午後4時までの5時間に、489.5mmの雨量を観測した。これは9月の平均降雨量の1.6倍とされる。なお、台風の最初の上陸地点が北陸となったのは統計開始以降初めてである[19]。静岡県小山町と神奈川県山北町で特に被害が大きかったことから、激甚災害(局地激甚災害)に指定されることが決定した[20]

台風10号(ムーランティ)[編集]

201010・11W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月9日 – 9月11日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
985 hPa

9月9日に南シナ海北部で発生し、アジア名「ムーランティ(Meranti)」と命名された。台風は北上して、10日に中国福建省泉州市に上陸[21]。台風の影響で、中国東部では3人が死亡した。

台風11号(ファナピ)[編集]

201011・12W・インダイ

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月15日 – 9月20日
ピーク時の強さ 95 kt (10分間平均) 
930 hPa

9月15日に沖縄地方の南で発生し、アジア名「ファナピ(Fanapi)」と命名された。フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「インダイ(Inday)」と命名している。台風は勢力を強めながら暴風域を伴い、ゆっくりと先島諸島へ接近。波照間空港で63.8 m/s、西表島南部で60.4m/sの最大瞬間風速を観測したほか、台風の直撃を受けた八重山地方では全世帯の約半分が停電した[22]。その後台風は、非常に強い勢力で19日に台湾に上陸した後[23]台湾海峡を経て中国大陸に再上陸した[24]

この台風は台湾と華南地方を中心に大きな被害をもたらし、各地で強風による被害や大雨による浸水害が発生。合計で100人を超す犠牲者を出した。

台風12号(マラカス)[編集]

201012・13W

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月21日 – 9月26日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
945 hPa

9月21日にマリアナ諸島付近で発生し、アジア名「マラカス(Malakas)」と命名された。台風は勢力を強めながら北上し、最盛期には中心気圧が945hPaまで低下した[25]小笠原諸島を暴風域に巻き込み[25]伊豆諸島にも接近したが、日本列島に上陸することはなく、そのまま去った。

台風13号(メーギー)[編集]

201013・15W・フアン

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月12日 – 10月24日
ピーク時の強さ 125 kt (10分間平均) 
885 hPa

10月10日にグアムの東南東で発生した熱帯低気圧が発達して[26]、13日にマリアナ諸島沖で台風に変わり、アジア名「メーギー(Megi)」と命名された。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)により、フィリピン名「フアン(Juan)」と命名された。台風はその後発達しながら西へ進み、18日午前9時過ぎ(JST)には、フィリピンの東海上で中心気圧885 hPa・最大風速65 m/s・最大瞬間風速72 m/sの猛烈な勢力にまで達し、「スーパー台風」となった[26][27][28][29][30]。なお、台風の中心気圧が900 hPaを下回ったのは、1991年台風28号以来19年ぶりである[31]。その後台風は、大型で猛烈な勢力を維持したままフィリピンのルソン島北東部に上陸[27][30][32][33]。各地に被害をもたらした後、南シナ海を北上して、23日に中国福建省に再上陸し、後に華南で熱帯低気圧に変わった[34][35][36]。同年に発生した中で最強の勢力となったのがこの台風であり、69人が死亡した。

台風14号(チャバ)[編集]

201014・16W・カトリング

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月24日 – 10月30日
ピーク時の強さ 95 kt (10分間平均) 
930 hPa

10月25日にフィリピンの東の海上で発生し、アジア名「チャバ(Chaba)」と命名された[37]。フィリピン大気地球物理天文局はこの台風について、フィリピン名「カトリング(Katring)」と命名している。台風は北上して、豪雨があった奄美大島に29日午前に接近したが、大きな被害は発生しなかった[38][39]。30日には太平洋岸を進み、31日午前3時には温帯低気圧に変わったと気象庁が発表した。温帯低気圧は11月1日午後3時に消滅したが、低気圧が伴っていた前線は7日まで残った。

台風により強風が吹く様子(沖縄)

台風の接近に伴い、伊豆諸島関東地方東海地方の太平洋側では30日の午後、暴風や大雨に襲われた。三宅島で44.9 m/s、静岡県御前崎市で33.0 m/s、千葉県銚子市で26.9m/sの最大瞬間風速をそれぞれ観測したほか、神津島で1時間に53.0mm、千葉県勝浦市で1時間に21.0mmの雨をそれぞれ観測した[40]

台風による大雨で、千葉県道247号浜波太港線法面が崩れた[41]。30日午前11時35分頃、神奈川県藤沢市片瀬海岸杏林大学ライフセーバー部所属の4人が一時行方不明となり、後に救出された[42]。うち1人が軽傷。南大東島では、16日から11月2日までの間、那覇港からの船舶が欠航することとなったほか[43]JR東海道線東京駅熱海駅の間で4時間運転を見合わせ、小田急線特急ロマンスカー新宿-箱根湯本片瀬江ノ島間で30日14時40分以降、運転見合わせとなった[40]。空の便も、全日空の羽田-八丈島線など羽田空港を発着する16便、成田空港発の19便が欠航となった[40][41]

その他、この台風により多くのイベントが中止となった。明治神宮野球場で行われる予定だった東京六大学野球早慶戦が順延したほか、国立代々木第一体育館で開かれていたバレーボール世界選手権の日本VSペルーの試合直後、雨漏りが電気系統に当たった事による漏電停電が発生し、試合遅延が起きた。10月30日の東京競馬の開催は中止となり、11月1日に代替競馬が行われることとなった[44]。なお、中央競馬における台風の開催中止は、2007年台風4号の接近に伴う小倉競馬の開催中止が起きて以来、3年ぶりのことである。埼玉県飯能市で行われている樋口久子IDC大塚家具レディスの2日目は全面中止となったほか[45]、10月30日と31日に開催予定であった小田急電鉄ファミリー鉄道展も中止となった[46]。さらに、10月30日19時に平塚競技場で行われる予定だった、サッカー・J1第28節湘南ベルマーレ大宮アルディージャ戦が中止になった[47]。これによって、スポーツ振興くじtotoはこの試合に限りすべて的中扱いとなった。また中止とはならなかったものの、2010年の日本シリーズではこの台風により10月30日・10月31日のナゴヤドームでの試合が中止となった場合、第2戦と第3戦の間の移動日・休養日を設けないという臨時のルールが設定されていた(第1・2・5戦の地上波の全国テレビ中継がないことに配慮したもの)。

各台風名[編集]

PAGASAの熱帯低気圧監視エリア

フィリピン名は、熱帯低気圧がフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の管轄エリアに入った際に命名されるものである。

台風 アジア名 フィリピン名
順番 名称 読み 命名国・地域 意味・由来[48][49] 名称 読み
1号(1001) 97 Omais オーマイス アメリカ 徘徊 Agaton アガトン
2号(1002) 98 Conson コンソン ベトナム 歴史的な観光地の名前 Basyang バズヤン
3号(1003) 99 Chanthu チャンスー カンボジア の名前 Caloy カロイ
4号(1004) 100 Dianmu ディアンムー 中国 の母 Ester エスター
5号(1005) 101 Mindulle ミンドゥル 北朝鮮 タンポポ
6号(1006) 102 Lionrock ライオンロック 香港 の名前 Florita フロリタ
7号(1007) 103 Kompasu コンパス 日本 コンパス座 Glenda グレンダ
8号(1008) 104 Namtheun ナムセーウン ラオス の名前
9号(1009) 105 Malou マーロウ マカオ メノウ Henry ヘンリー
10号(1010) 106 Meranti ムーランティ マレーシア の名前
11号(1011) 107 Fanapi ファナピ ミクロネシア サンゴ礁を形成する小さな島々 Inday インデイ
12号(1012) 108 Malakas マラカス フィリピン 強い
13号(1013) 109 Megi メーギー 韓国 ナマズ Juan フアン
14号(1014) 110 Chaba チャバ タイ ハイビスカス Katring カトリング

気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号 強さ (JTWC) 期間 最大速度 (JTWC) 最低気圧 進路図 衛星画像
01W Tropical Depression 1月18日 -1月19日 30kt 1000 hPa
14W Tropical Depression 10月5日 - 10月6日 30kt 1000 hPa
17W Tropical Depression 10月21日 - 10月23日 30kt 1000 hPa

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010 年(平成 22 年)の台風について”. 気象庁. 2020年4月22日閲覧。
  2. ^ 報道発表資料 2010年(平成22年)の台風について”. www.jma.go.jp. 気象庁. 2020年4月22日閲覧。
  3. ^ 2010年の台風発生数は過去最少|ライフ関連ニュース|オリコン顧客満足度ランキング” (日本語). CS RANKING. 2020年4月22日閲覧。
  4. ^ a b 2010年の気象をふりかえる「台風が最少の年」”. www.ebayama.jp. 広島市江波山気象館. 2020年4月22日閲覧。
  5. ^ a b デジタル台風:2010年台風のまとめ”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ a b asahi.com(朝日新聞社):台風発生数、今年は最少?猛暑生んだ太平洋高気圧が原因 - 猛暑列島”. www.asahi.com. 2020年7月7日閲覧。
  7. ^ デジタル台風:2010年台風1号(オーマイス|OMAIS)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月18日閲覧。
  8. ^ a b c デジタル台風:2010年台風2号(コンソン|CONSON)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月18日閲覧。
  9. ^ デジタル台風:2010年台風3号(チャンスー|CHANTHU)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月18日閲覧。
  10. ^ a b c デジタル台風:2010年台風4号(ディアンムー|DIANMU)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月18日閲覧。
  11. ^ a b c 台風4号、秋田に上陸 大阪・京都で猛烈な雨” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月6日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i TRENDREADER 平成22年の風水害-台風4号-注目記事アーカイブ”. www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp. 2020年5月6日閲覧。
  13. ^ a b デジタル台風:2010年台風5号(ミンドゥル|MINDULLE)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  14. ^ デジタル台風:台風201006号 (LIONROCK) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  15. ^ デジタル台風:台風201007号 (KOMPASU) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  16. ^ a b 台風7号、韓国で猛威 3人死亡・13万世帯停電” (日本語). www.afpbb.com. 2020年4月22日閲覧。
  17. ^ デジタル台風:2010年台風8号(ナムセーウン|NAMTHEUN)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  18. ^ 台風9号、観測史上初の北陸上陸…敦賀から本州横断へ
  19. ^ 台風9号、観測史上初の北陸上陸…敦賀から本州横断へ 読売新聞 2010年9月8日付 Archived 2010年9月11日, at the Wayback Machine.
  20. ^ 「平成二十二年九月四日から同月九日までの間の暴風雨及び豪雨による神奈川県足柄上郡山北町及び静岡県駿東郡小山町の区域に係る災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令」について 内閣府 2010年10月22日付報道発表資料 Archived 2010年12月23日, at the Wayback Machine.
  21. ^ デジタル台風:台風201010号 (MERANTI) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  22. ^ デジタル台風:2010年台風11号(ファナピ|FANAPI)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  23. ^ 台風11号、台湾で暴風11人けが” (日本語). www.afpbb.com. 2020年4月22日閲覧。
  24. ^ デジタル台風:台風201011号 (FANAPI) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  25. ^ a b デジタル台風:2010年台風12号(マラカス|MALAKAS)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月22日閲覧。
  26. ^ a b TRMM台風速報「台風13号(MEGI_15W)」”. 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター. 2020年4月5日閲覧。
  27. ^ a b Super Typhoon Megi” (英語). earthobservatory.nasa.gov (2010年10月19日). 2020年4月5日閲覧。
  28. ^ デジタル台風:2010年台風13号(メーギー|MEGI)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月5日閲覧。
  29. ^ 台風13号:2010年10月17-18日”. www.ha.shotoku.ac.jp. 2020年4月5日閲覧。
  30. ^ a b 大型で猛烈な台風13号、フィリピンに上陸” (日本語). www.afpbb.com. 2020年4月5日閲覧。
  31. ^ 台風14号は890hPaの記録的勢力に。台風16号は3連休に列島直撃の恐れ。(杉江勇次) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年4月5日閲覧。
  32. ^ フィリピン北部に台風13号上陸、農作物に壊滅的被害も」『Reuters』、2010年10月19日。2020年4月5日閲覧。
  33. ^ asahi.com(朝日新聞社):フィリピン北部に台風13号上陸、農作物に壊滅的被害も - ロイターニュース - 国際”. www.asahi.com. 2020年4月5日閲覧。
  34. ^ 気象庁|台風経路図2010年”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月5日閲覧。
  35. ^ 台風13号は熱帯低気圧に(10/24) | レスキューナウ・ドット・ネット”. webcache.googleusercontent.com. 2020年4月5日閲覧。
  36. ^ 【フォトニュース】超大型台風13号 フィリピンや台湾、中国福建省で被害” (日本語). 大紀元日本. 2020年4月5日閲覧。
  37. ^ デジタル台風:2010年台風14号(チャバ|CHABA)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年5月1日閲覧。
  38. ^ 台風14号、夕から関東接近 奄美大島、大きな被害なし”. 朝日新聞 (2010年10月29日). 2010年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  39. ^ 台風14号 直撃免れ奄美豪雨被災者ら安ど”. 南日本新聞 (2010年10月29日). 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  40. ^ a b c 台風14号:関東沿岸など暴風や大雨に”. 毎日新聞 (2010年10月31日). 2010年11月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月31日閲覧。
  41. ^ a b 台風14号 鉄道に大きな影響 明け方には低気圧に”. テレビ朝日 (2010年10月31日). 2010年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  42. ^ 救助訓練中のライフセーバー4人流される、2時間半後に無事救助/藤沢”. 神奈川新聞 (2010年10月30日). 2010年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  43. ^ 大東島 船欠航2週間 生鮮品尽き郵便物滞留”. 毎日新聞 (2010年10月30日). 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  44. ^ 【緊急】本日の東京競馬開催は中止となりました”. 日本中央競馬会 (2010年10月30日). 2010年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  45. ^ 大塚家具L、悪天候で第2R中止”. サンケイスポーツ (2010年10月30日). 2010年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  46. ^ 「ファミリー鉄道展2010」中止のお知らせ”. 小田急電鉄 (2010年10月29日). 2010年10月30日閲覧。[リンク切れ]
  47. ^ 台風で湘南-大宮が中止”. スポーツニッポン (2010年10月30日). 2010年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  48. ^ 気象庁|台風の番号とアジア名の付け方”. www.jma.go.jp. 2020年5月7日閲覧。
  49. ^ デジタル台風:2010年台風11号(ファナピ|FANAPI)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年5月12日閲覧。