台風委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

台風委員会(たいふういいんかい、The ESCAP/WMO Typhoon Committee[1])は、北西太平洋または南シナ海で発生する、台風防災に関する国際機関1968年アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)及び世界気象機関(WMO)が共同で設立した[2]。アジアと極東における台風被害への対策策定と実施を任務とする[1]。本部はフィリピンマニラにある。

2000年から、台風の国際的な名称として「アジア名」を定めている[3]

加盟国及び地域[編集]

2012年8月現在、加盟国及び地域は下記の通り[4]

設立当初からの加盟国及び地域[編集]

その後加盟した国及び地域[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]