2019年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年の台風
軌跡の地図
最初の熱帯低気圧発生 2018年12月31日
最初の台風発生 1月1日
最も強かった
台風
台風23号 – 905 hPa,
115 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 43
台風の総数 24
タイフーンの総数 13
スーパータイフーンの総数 4
総死亡者数 304
総被害額 28.82 億ドル (2019 USD)
年別台風
2017, 2018, 2019, 2020, 2021
中国へと東シナ海を北上する台風9号と、日本の南を北上する台風10号(8月9日)

2019年台風太平洋北西部及び南シナ海で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に日本の気象庁の情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター (JTWC) のみに拠る。

5月1日0時(日本時間)までに発生した台風1号と2号平成31年台風第○号で、それ以降に発生した台風3号からは令和元年台風第○号で表記する[1]。台風番号は改元に関わらず平成31年からの続き番号とする。

2018年12月31日に発生した熱帯低気圧が年を跨いで存在した。その熱帯低気圧は1951年の統計開始以来初めて1月1日に台風となった[2]。しかし、一年で海水温が最も低く台風の発生が少ないのは2月であることから、2018年の台風シーズンの延長であると考えられる。その台風1号はその後、約21年(21年と2ヶ月)ぶりとなる越境サイクロンとなった[3][4]2月20日に発生した台風2号は、台風が発達しにくい2月にハイペースで発達し、2月としては1951年の統計開始以来初めて「猛烈な」勢力に発達した[5]

7月末頃から台風の活動が活発になり、7月26日から8月6日までの12日間に5個の台風が発生するなど、記録的なペースで台風が発生していき、8月6日15時から同月7日9時までは台風が同時に3つ存在していた(8・9・10号)。9月以降も例年通り対流活動が活発な状況が続き、9月には6個の台風が発生、11月に入るまでほぼ1週間に1個以上は台風が発生する状態が続いた。

そのうち、日本に影響を及ぼした台風は7月末に各地の花火大会に影響をもたらした台風6号や[6]宮崎県大分県に暴風や大雨をもたらした台風8号[7][8]、2年振りに「超大型」の台風となり、29年ぶりの広島県上陸などの記録を残し、西日本に大きな影響を与えた台風10号[9][10]、9月に千葉県を中心に暴風の被害を与え、関東史上最強の台風とも呼ばれた台風15号[11]台風19号(下記詳細)などが挙げられる。

特に被害の大きかった台風19号は、東日本および東北地方[注 1]の広範囲に記録的な豪雨をもたらし、多摩川千曲川阿武隈川といった主要河川の氾濫・堤防決壊を引き起こした。一連の豪雨は13都県大雨特別警報の発表対象に、また7県71河川128箇所[12]を堤防決壊に至らしめ、前年の2018年(平成30年)に気象庁が定めた「台風の名称を定める基準[13]」において浸水家屋数が条件に相当する見込みとなったことから、1977年昭和52年)9月の沖永良部台風以来、42年1か月ぶりに命名される見通しとなった[14]。政府はこの台風に対し、激甚災害特定非常災害大規模災害復興法の非常災害、さらには東日本大震災をも超える数の自治体に災害救助法を適用するなど、極めて異例な事態となった。

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月令和元年台風第19号令和元年台風第15号令和元年台風第10号令和元年台風第9号平成31年台風第2号

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(パブーク)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 1月1日 – 1月4日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
996 hPa

2018年12月30日頃に南シナ海で形成した低圧部に対し、合同台風警報センター(JTWC)は31日5時30分(協定世界時30日20時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。低圧部は31日15時に熱帯低気圧に発達し、JTWCは31日18時(協定世界時31日9時)に熱帯低気圧番号36Wを付番した。その後、36Wは年を跨いだ2019年1月1日15時に南シナ海の北緯6度20分、東経109度55分で台風となり[15]、アジア名パブークPabuk)と命名された。1月1日に台風が発生するのは1951年の統計開始以来、初めてである[2]。台風はやや発達しながら西に進み、タイランド湾を通過したのち、4日21時頃にタイ南部のクラ地峡に上陸した。その後、5日0時前に東経100度線を通過して気象庁の観測範囲外となったため、台風からサイクロンとなった。台風が東経100度線を通過してサイクロンになるのは1997年の台風26号以来約21年ぶりである[3][4][16][注 2]

なお、東経100度線を通過した直後の勢力はJTWCは最大風速50kt(約25m/s)、気象庁は最大風速23m/sと解析している。それに伴い、インド気象局(IMD)にて、最大風速45kt(約23m/s)のサイクロニック・ストームと解析されている[注 3]

IMDは、1月7日午前3時に、アンダマン諸島付近の北緯13度10分、東経92度で熱帯低気圧(デプレッション)に降格したとしている。(ただし、気象庁と分類が違い、ディープ・デプレッションという階級を飛ばしての衰退となっている。)なお、サイクロニック・ストーム・パブーク(サイクロン)としての寿命は51時間であった。

台風2号(ウーティップ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 2月20日 – 2月28日
ピーク時の強さ 105 kt (10分間平均) 
920 hPa

2月16日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部に対し、合同台風警報センター(JTWC)は18日12時(協定世界時18日3時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。低圧部は19日3時に熱帯低気圧に発達し、JTWCは19日18時(協定世界時19日9時)に熱帯低気圧番号02Wを付番した。その後、02Wは20日3時にマーシャル諸島の北緯5度05分、東経155度05分で台風となり[17][18]、アジア名ウーティップWutip)と命名された。

台風は初めカロリン諸島近海を西北西に進みながら少しずつ発達し、23日には「非常に強い」勢力となった。その後23日15時から21時までの6時間で中心気圧が25hPa低下する急発達をし、マリアナ諸島近海で中心気圧925hPaと2月としては中心気圧が最も低い台風となった[19]。その後台風は速度を落とし、24日には台風は一旦勢力を落としたものの、25日には台風は再発達し、25日15時には「猛烈な」勢力となり、中心気圧も915hPaにまで低下した。2月中に台風が猛烈な勢力となるのは最大風速のデータがある1977年以降では初めてであるうえ、前述したように1951年の統計開始以来では2月としては中心気圧が最も低い台風となった[5][20][21]。その後、台風は26日の夜から急激に弱まり、28日15時にフィリピンの東の北緯18度、東経135度で熱帯低気圧に変わった[22]

熱帯低気圧に弱まった直後、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の熱帯低気圧監視エリアに進入したため、28日18時(フィリピン標準時28日17時)にPAGASAにてフィリピン名ベティBetty)と命名されている。

事後解析では、2月23日からの1回目のピーク時の勢力は920hPa・55m/sの「猛烈な」勢力に昇格したが、25日からの2回目のピーク時の勢力が935hPa・50m/sの「非常に強い」勢力に降格している[23]

平成から令和に改元された5月1日0時までに新たな台風が発生しなかったため、この台風が平成時代最後の台風となった。

台風3号(セーパット)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
Subtropical storm (SSHWS)
発生期間 6月27日 – 6月28日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
994 hPa

6月17日21時にヤップ近海で熱帯低気圧が発生。25日18時(フィリピン標準時25日17時)に、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ドドンDodong)と命名した。合同台風警報センター(JTWC)は25日11時(協定世界時25日2時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、27日10時(協定世界時27日1時)に取り消した。その後、熱帯低気圧は27日18時に室戸岬沖の北緯31度35分、東経133度35分で台風となり[24][25]、アジア名セーパットSepat)と命名された。台風は本州の南を東に進み、28日15時に日本の東の北緯36度、東経147度で温帯低気圧に変わった[26][27]。なお、JTWCはこの低気圧を台風(トロピカル・ストーム)ではなく、最大風速40kt(約20m/s)の亜熱帯低気圧(サブトロピカル・ストーム)と解析している。

台風4号(ムーン)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月2日 – 7月4日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
992 hPa

6月30日頃に南シナ海で形成した低圧部が、7月1日15時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は7月2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。熱帯低気圧は2日21時に南シナ海の北緯18度55分、東経111度30分で台風となり[28][29]、アジア名ムーンMun)と命名された。発生時点で「大型」の台風であった。JTWCは一度は熱帯低気圧形成警報(TCFA)を取り消したものの、後にトロピカル・ストームに発達したとして4日6時(協定世界時3日21時)には熱帯低気圧番号05Wを付番した。台風は3日頃に海南島、4日頃にベトナムタイビン省付近に上陸し、4日12時にベトナムの北緯21度、東経106度で熱帯低気圧に変わった[30]。熱帯低気圧は5日3時に消滅した。

台風5号(ダナス)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月16日 – 7月21日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
985 hPa

7月11日頃にカロリン諸島で形成が始まった低圧部が、14日9時にヤップ近海で熱帯低気圧に発達。15日6時(フィリピン標準時15日5時)にフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ファルコンFalcon)と命名した。合同台風警報センター(JTWC)は16日7時30分(協定世界時15日22時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、16日18時(協定世界時16日9時)に熱帯低気圧番号06Wを付番した。06Wは16日15時にフィリピンの東の北緯17度05分、東経125度40分で台風となり[31][32]、アジア名ダナスDanas)と命名された。

台風は17日15時には「大型」の台風となり、その後少しずつ発達しながら北上し、18日昼頃には石垣島付近を通過した。台風はさらに東シナ海を北上、台風による南西の湿った空気と太平洋高気圧による南東の湿った空気によって九州付近に収束帯が形成され[33]線状降水帯によって九州を中心に大雨となり、特に長崎県五島列島対馬では20日に大雨特別警報が発表される事態となった[34]。20日21時頃には韓国全羅北道付近に上陸、21日21時に日本海の北緯40度、東経130度で温帯低気圧に変わった[35]

台風6号(ナーリー)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月26日 – 7月27日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
998 hPa

7月24日6時に沖ノ鳥島近海で熱帯低気圧が発生。合同台風警報センター(JTWC)は24日17時(協定世界時24日8時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、25日12時(協定世界時25日3時)に熱帯低気圧番号07Wを付番した。07Wは26日9時に潮岬の南南東約430キロの北緯29度50分、東経137度05分で台風となり[36][37]、アジア名ナーリーNari)と命名された。台風は日本近海をそのまま北上し、発生から1日も経っていない27日7時頃には三重県南部に上陸した[38][39]。その後、同日15時に岐阜県の北緯36度、東経137度で熱帯低気圧に変わった[40][41]

台風7号(ウィパー)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月31日 – 8月3日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
985 hPa

7月29日頃に南シナ海で形成した低圧部が、30日9時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は30日6時(協定世界時29日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、31日6時(協定世界時30日21時)に熱帯低気圧番号08Wを付番した。08Wは31日9時に南シナ海北部の北緯18度30分、東経113度25分で台風となり[42][43][確 1]、アジア名ウィパーWipha)と命名された。台風はゆっくりとした速度で西に進み、8月1日頃に海南島付近に接近、中国広東省湛江市付近に上陸した。台風はさらに西進し、3日にはベトナム北部のクアンニン省付近に上陸した。台風はその後3日21時にベトナムの北緯20度、東経106度で熱帯低気圧に変わった。

台風8号(フランシスコ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月2日 – 8月7日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
970 hPa

8月1日午前に南鳥島近海で形成が始まった低圧部が、同日15時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は1日22時30分(協定世界時1日13時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧番号09Wを付番した。09Wは南鳥島近海の北緯19度35分、東経153度05分で台風となり[44][45]、アジア名フランシスコFrancisco)と命名された。台風は少しずつ発達しながら日本の南を西進し、4日昼頃には小笠原諸島に接近した。台風はさらに西進し、5日未明から21時頃にかけてさらに発達、5日15時には「強い」勢力となった。その後、台風は6日5時頃に「強い」勢力で宮崎県宮崎市付近に上陸した[46][47]。同日昼過ぎには台風は対馬海峡に抜け、7日0時頃に韓国南部に上陸した。台風は7日9時に朝鮮半島の北緯38度、東経129度で熱帯低気圧に変わった[48]。同日15時には温帯低気圧に変わった。

台風の影響で宮崎空港では最大瞬間風速39.6m/sを記録し[7]大分県では大雨の影響で1人が死亡した[8]

台風9号(レキマー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月4日 – 8月13日
ピーク時の強さ 105 kt (10分間平均) 
925 hPa

7月29日頃にマリアナ諸島近海で形成が始まった低圧部が、8月3日3時にフィリピンの東の海上で熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は3日21時(協定世界時3日12時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、4日12時(協定世界時4日3時)に熱帯低気圧番号10Wを付番した。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は4日0時(フィリピン標準時3日23時)にフィリピン名ハンナHanna)と命名した。10Wは4日15時にフィリピンの東の北緯17度25分、東経131度55分で台風となり[49][50]、アジア名レキマーLekima)と命名された。

台風は7日頃から急速に発達し、8日21時で「猛烈な」勢力となった[51]。台風は猛烈な勢力を保ったまま8日23時頃に多良間島付近を通過した。その後、台風は東シナ海を北西に進み、10日未明に中国浙江省台州市付近に上陸した。台風はさらに華東を北上し、12日には渤海まで到達した。台風は13日3時に華北の北緯37度、東経120度で熱帯低気圧に変わった[52]

台風が直撃した中国東部では豪雨による土石流で大きな被害が出ている[53]

なお、事後解析ではピーク時の中心気圧が925hPaに下方修正されている[54]

台風10号(クローサ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月6日 – 8月16日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
965 hPa

8月4日頃に形成した熱帯擾乱に、合同台風警報センター(JTWC)は5日22時30分(協定世界時5日13時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。熱帯擾乱は5日9時にマリアナ諸島で熱帯低気圧に発達し、JTWCは6日6時(協定世界時5日21時)に熱帯低気圧番号11Wを付番した。11Wは6日15時にマリアナ諸島の北緯18度30分、東経142度50分で台風となり[55][56]、アジア名クローサKrosa)と命名された。発生時点で「大型」の台風であった。

台風ははじめマリアナ諸島近海を北西に進んでいたが、8日頃から11日頃にかけて小笠原諸島近海でほとんど停滞し、8日15時には「非常に強い」勢力となった。その後は徐々に勢力を落とし、11日の昼頃から台風は再び北西に進み始めた。12日15時には平成29年台風第21号以来の「超大型」の台風となった[9]。14日6時には強風域が縮小し、「大型」の台風に戻りつつ再発達した[57]

その後は九州地方や四国地方を暴風域に巻き込みながらゆっくりと北上、同日11時頃に愛媛県佐田岬半島を通過したのち[58][59]、同日15時頃に広島県呉市付近に上陸した[60]。広島県への上陸は1990年の台風14号以来29年ぶり、統計史上3例目[10]。台風は日本海に抜け、日本海を北上、16日21時に北海道の西の北緯43度、東経138度で温帯低気圧に変わった[61][62]

台風接近に伴うフェーン現象の影響で北陸地方などでは14日から15日にかけて気温が上昇し、特に新潟県胎内市中条では15日に40.7℃を記録するなど、記録的な猛暑となった[63]。また、同日同県糸魚川市では1日を通しての最低気温が31.3℃までしか下がらず、同市が持っていた国内の最低気温の最高記録を更新した[64]

なお、事後解析ではピーク時の中心気圧が965hPa、最大風速がm/sとそれぞれ下方修正され、「非常に強い」台風から「強い」台風に格下げとなった[65]

台風11号(バイルー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月21日 – 8月26日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

8月14日頃にチューク近海で形成が始まった低圧部が、20日9時にヤップ島近海で熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日18時30分(協定世界時9時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。その後、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は21日0時(フィリピン標準時20日23時)にフィリピン名イネンIneng)と命名し、JTWCは21日18時(協定世界時21日6時)に熱帯低気圧番号12Wを付番した。12Wは21日15時にフィリピンの東の北緯15度40分、東経132度20分で台風となり[66][67]、アジア名バイルーBailu)と命名された。台風はフィリピンの東の海上をやや発達しながら北西に進み、24日昼過ぎ頃に台湾南部の台東県屏東県の付近を通過した。台風はさらに西に進み、台湾海峡を通過し、25日には中国福建省に上陸した。その後台風は26日3時に華南の北緯25度、東経113度で熱帯低気圧に変わった[68]

台風12号(ポードル)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月27日 – 8月30日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
992 hPa

8月22日頃にカロリン諸島付近で形成が始まった低圧部が、25日9時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日15時(協定世界時6時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、27日0時(協定世界時26日15時)に熱帯低気圧番号13Wを付番した。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は26日18時(フィリピン標準時26日17時)にフィリピン名ジェニーJenny)と命名した。13Wは27日9時にフィリピンの東の北緯14度40分、東経127度00分で台風となり[69][70]、アジア名ポードルPodul)と命名された。台風は西進して28日0時にはフィリピンのルソン島アウロラ州に上陸したのち、南シナ海に抜けて海上を進んだ。その後30日3時ごろにベトナムのクアンビン省付近に上陸したが、急速に勢力を弱めて30日15時にタイの北緯17度、東経103度で熱帯低気圧に変わった[71]

なお、事後解析ではピーク時の最大風速が23m/sから20m/sに下方修正されている[72]

台風13号(レンレン)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月2日 – 9月8日
ピーク時の強さ 95 kt (10分間平均) 
940 hPa

8月31日にパラオ近海で低圧部92Wが形成し、同日15時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は9月1日4時30分(協定世界時8月31日19時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は9月1日12時(フィリピン標準時1日11時)にフィリピン名リウェイウェイLiwayway)と命名し、JTWCは2日12時(協定世界時2日3時)に熱帯低気圧番号15Wを付番した。15Wは2日9時にフィリピンの東の北緯15度05分、東経126度05分で台風となり[73][74]、アジア名レンレンLingling)と命名された。

台風は徐々に発達しながらフィリピンの東の海上を北上し、5日3時には「非常に強い」勢力となり、同日14時ごろに宮古島付近を通過した。この際、宮古空港では同地点の観測史上1位となる最大瞬間風速61.2m/sを観測した[75][注 4]。また、宮古島市下里では最低海面気圧940.5hPaを観測した。その後台風は非常に強い勢力を保ったまま東シナ海を北上、6日頃から勢力を弱め始めたものの、朝鮮半島の西側の黄海をさらに北上、7日15時頃に強い勢力を保ったまま北朝鮮黄海南道付近に上陸した。上陸後は北東に進み、台風は8日9時にロシアの沿海州の北緯47度、東経131度で温帯低気圧に変わった[76]

北朝鮮の朝鮮中央通信は、死者5名、全半壊住宅460戸余りおよび公共の建物15棟、浸水農地約4万6200ヘクタールなどの被害が生じたと伝えている。また、韓国では中央災害安全対策本部によれば3名が死亡し約16万世帯が停電したとされる[77]

台風14号(カジキ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
発生期間 9月3日 – 9月3日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
996 hPa

8月30日9時にフィリピンのルソン島の東の海上で熱帯低気圧91Wが発生。合同台風警報センター(JTWC)は9月1日4時(協定世界時8月31日19時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は9月1日6時(フィリピン標準時1日5時)にフィリピン名カバヤンKabayan)と命名した。熱帯低気圧はバシー海峡から南シナ海に抜けて西進し、2日頃に海南島を通過、その後は南西に進み、3日頃にベトナムのトゥアティエン=フエ省付近に上陸。3日3時にトンキン湾の北緯16度35分、東経107度35分で台風となり[78][79]、アジア名カジキKajiki)と命名された。JTWCは3日6時(協定世界時2日21時)に熱帯低気圧番号16Wを付番した。台風は3日9時にはラオスに到達したものの、進路を北東方向に変え、15時には南シナ海に抜けたが、台風はそのまま弱まり3日21時に北緯17度、東経109度で熱帯低気圧に変わった。熱帯低気圧に変わった後も南シナ海を東進し続けていたが、7日21時に台湾の西側付近の南シナ海で消滅した。

台風15号(ファクサイ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月5日 – 9月10日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
955 hPa

8月30日未明(協定世界時29日18時頃)にマーシャル諸島近海の国際日付変更線やや東側で熱帯低気圧90Wが発生し、同日9時(協定世界時30日0時)頃に東経域に進入した。合同台風警報センター(JTWC)は9月1日18時(協定世界時1日9時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、2日6時(協定世界時1日21時)に熱帯低気圧番号14Wを付番した。14Wは太平洋をしばらく西進した後、5日15時に南鳥島近海の北緯19度35分、東経155度25分で台風となり[80][81]、アジア名ファクサイFaxai)と命名された。

台風は小笠原近海を北西に進みながら徐々に発達し、8日21時には神津島付近で中心気圧955hPa・最大風速45m/sの「非常に強い」勢力となった[注 5]。この勢力を保ったまま台風は三浦半島に接近、9日3時前に三浦半島付近を通過した[82]。その後台風の中心は東京湾に抜けて北東に進み、9日5時前には千葉県千葉市付近に上陸した[83]。台風が「非常に強い」勢力(JTWCの1分間平均風速ではカテゴリー3相当)を保ったまま関東の至近距離まで接近するのは非常に珍しく、千葉市付近に上陸するときの勢力は中心気圧960hPa・最大風速40m/sの「強い」勢力であったが、関東上陸時の勢力では過去最強クラスとされる[11]。その後は徐々に速度を上げながら東進し、10日15時に日本の東で温帯低気圧に変わった[84]

台風16号(ペイパー)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 9月15日 – 9月16日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
1000 hPa

9月12日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、13日9時に熱帯低気圧に発達、合同台風警報センター(JTWC)は15日6時(協定世界時14日21時)に熱帯低気圧番号17Wを付番した。同日21時、マリアナ諸島近海の北緯17度40分、東経138度0分で台風となり[85][86]、アジア名ペイパーPeipah)と命名されたが、24時間後の16日21時には小笠原近海の北緯25度、東経143度で熱帯低気圧に変わり[87]、17日9時には消滅した。

台風17号(ターファー)[編集]

タイフーン (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 9月19日 – 9月23日
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
970 hPa

9月14日頃にマリリンから降格した低圧部が、17日9時に沖縄の南で再び熱帯低気圧に発達。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はこれをマリリンとは別の新たな熱帯低気圧と解析し、17日18時(フィリピン標準時17日17時)にフィリピン名ニンファNimfa)と命名した。その後、合同台風警報センター(JTWC)は19日12時(協定世界時19日3時)に熱帯低気圧番号18Wを付番した。18Wは同日15時に沖縄の南の北緯22度25分、東経128度35分で台風となり[88][89]、アジア名ターファーTapah)と命名された。台風は20日21時に「強い」勢力になり、21日未明には沖縄に接近。その後は東シナ海を北上した。九州北部や中国地方を暴風域に巻き込みながら対馬海峡を経て日本海に進み、23日9時に能登沖の北緯38度、東経135度で温帯低気圧に変わった[90]

九州地方を中心に、一時約11万戸が停電した[91]

台風18号(ミートク)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月28日 – 10月3日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
965 hPa

9月25日15時にマーシャル諸島近海で発生した熱帯低気圧に対して、合同台風警報センター(JTWC)は26日23時30分(協定世界時26日24時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、27日18時(協定世界時27日9時)に熱帯低気圧番号19Wを付番した。19Wは西進してフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の監視エリアに進入し、28日6時(フィリピン標準時28日5時)にフィリピン名オニョクOnyok)と命名した。その後、同日9時にフィリピンの東の北緯15度25分、東経132度5分で台風となり[92][93]、アジア名ミートクMitag)と命名された。台風は北上して29日9時に「強い」勢力となり、その後30日から10月1日にかけて台湾華東沿岸に接近し、さらに黄海を北上して2日深夜に韓国南西部に上陸した。その後東進して日本海へ抜け、3日15時に北緯38度、東経131度で温帯低気圧に変わった[94]

台風が上陸した韓国では、少なくとも10人の死者が確認されている[95]

なお、台風は先島諸島を通過したため、「台風第18号」は8年連続で日本に接近・上陸した台風となった。

台風19号(ハギビス)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月6日 – 10月13日
ピーク時の強さ 105 kt (10分間平均) 
915 hPa

10月1日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、5日3時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日11時30分(協定世界時5日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、18時(同9時)に熱帯低気圧番号20Wを付番した。20Wは6日3時に南鳥島近海の北緯15度5分、東経158度10分で台風となり[96][97]、アジア名ハギビスHagibis)と命名された。

台風は平年値よりも高い海水温の領域を通過しながら急速に発達し、7日18時には、同時刻までの24時間の気圧低下77hPaを記録。発生から僅か39時間で中心気圧915hPaの「猛烈な」勢力になった[98][99]。10日21時に非常に強い勢力へ降格したが[100]小笠原諸島に接近。北上を続けた19号は同日19時前に中心気圧955hPa、最大風速40m/sの強い勢力で静岡県伊豆半島に上陸した[101]。13日12時に北緯41度、東経147度で温帯低気圧に変わった[102]

台風19号から変わった温帯低気圧は北東進しながら急発達し、最低気圧が952hPaとなり14日夜にベーリング海に到達[103]。その後も衰弱しながらベーリング海を進み続けたが、23日15時に東経域からやってきた別の低気圧に吸収され、消滅した。

上陸前から台風による影響が懸念されていた東日本では、12日に首都圏を中心に公共交通機関の計画運休が実施された[104]。台風は広範囲で台風接近前から猛烈な雨と風をもたらし、同日から13日にかけて東京都埼玉県神奈川県静岡県山梨県群馬県長野県茨城県栃木県新潟県福島県宮城県岩手県の13都県で大雨特別警報が発表された[105][106]。多摩川をはじめとする複数の河川で氾濫や決壊が発生した[107]

なお、19号が猛烈な勢力を維持した期間は7日18時から10日21時までの75時間となり、第1位の昭和53年台風第26号および平成30年台風第22号90時間に次いで第2位を記録した[108][109]

気象庁が定めた「台風の名称を定める基準[110]」において、浸水家屋数が条件に相当する見込みとなったため、沖永良部台風以来42年ぶりに命名される見通しとなった[111]。台風名は来年5月までに命名される予定[111]

台風20号(ノグリー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月18日 – 10月21日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
970 hPa

10月16日9時にフィリピンの東で発生した熱帯低気圧に対して、合同台風警報センター(JTWC)は16日6時(協定世界時15日21時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は同日12時(フィリピン標準時16日11時)にフィリピン名パーラPerla)と命名した。その後、JTWCは17日0時(協定世界時16日15時)に熱帯低気圧番号21Wを付番した。21Wは18日3時に北緯19度40分、東経129度30分で台風となり[112][113]、アジア名ノグリーNeoguri)と命名された。台風は予想よりも発達し、19日12時には「強い」勢力となった。その後は沖縄の東海上を北東進し、21日18時に四国沖の北緯32度、東経135度で温帯低気圧に変わった[114]

台風21号(ブアローイ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月19日 – 10月25日
ピーク時の強さ 100 kt (10分間平均) 
935 hPa

10月17日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、18日15時に熱帯低気圧に発達し、合同台風警報センター(JTWC)は19日0時30分(協定世界時18日15時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、12時(協定世界時19日3時)に熱帯低気圧番号22Wを付番した。22Wは同日21時にトラック諸島近海の北緯10度40分、東経153度55分で台風となり[115][116]、アジア名ブアローイBualoi)と命名された。台風は22日3時から同日9時までの6時間で中心気圧が20hPaも低下するなど急発達をし、中心気圧935hPa、最大風速50m/sの「非常に強い」勢力となりピークを迎えた。その後24日に父島などに最接近し、25日21時に日本の東の北緯35度、東経150度で温帯低気圧に変わった[117]

日本付近を通過した亜熱帯低気圧と台風の湿った空気の影響で、25日は関東・東北地方では大雨となり、特に千葉県と福島県では河川の氾濫や浸水被害が相次いで発生するなど、大きな被害が出た[118]

台風22号(マットゥモ)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 10月29日 – 11月1日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
992 hPa

10月25日頃にパラオの南で形成が始まった低圧部が、28日15時にパラワン島付近で熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は29日6時30分(協定世界時28日21時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。30日3時に南シナ海の北緯13度30分、東経112度55分で台風となり[119][120]、アジア名マットゥモMatmo)と命名されたのち、JTWCは同日6時に熱帯低気圧番号23Wを付番した。台風は31日未明にベトナム南部に上陸し、同日12時にはカンボジアの北緯北緯13度、東経106度で熱帯低気圧に変わった[121]

23Wはその後あまり衰退せずに西進し、11月1日のうちに東経100度線を越えて気象庁の監視範囲外に出た。2日から4日にかけてアンダマン海を通過し、JTWCは6日に再びTCFAを発した。同日17時、インド気象局(IMD)はディープ・デプレッションに発達したとしたのち、JTWCによれば7日3時にはトロピカル・ストームに再昇格している。IMDは現地時間(IST)23時30分(日本時間8日3時)にサイクロニック・ストームの基準を満たしたとして、国際名ブルブル(Bulbulパキスタン語でうぐいすの意)と命名した。

一方、JTWCはTropical Storm Matmo(トロピカル・ストーム・マットゥモ)と表し、アジア名の使用を継続した。この表記は次の発表時にTropical Cyclone Matmo(トロピカル・サイクロン・マットゥモ) に改められた。

11月8日IMDは現地時間(IST)2時にSCS(シビア・サイクロニック・ストーム)に昇格したとした。その12時間後にIMDはVSCS(ベリー・シビア・サイクロニック・ストーム)に昇格したとした。同時刻にJTWCは、カテゴリー1に到達したとした。

台風23号(ハーロン)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 11月3日 – 11月9日
ピーク時の強さ 115 kt (10分間平均) 
905 hPa

10月31日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、11月2日9時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日18時(協定世界時2日12時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、3日0時(協定世界時2日15時)に熱帯低気圧番号24Wを付番した。同時刻に北緯13度20分、東経156度55分で台風となり[122][123]、アジア名ハーロンHalong)と命名された。

台風はゆっくりと北上しながら、5日21時までの24時間で中心気圧が65hPaも低下するなど急発達を見せ、本年最強となる中心気圧905hPa、最大風速60m/sの「猛烈な」勢力に発達した[124]。9日9時には日本のはるか東の北緯32度、東経161度で温帯低気圧に変わった[125]

台風24号(ナクリー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 11月5日 –
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
975 hPa

11月1日頃にミンダナオ島の東で形成が始まった低圧部に対し、合同台風警報センター(JTWC)は4日12時30分(協定世界時4日3時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、同日21時に南シナ海で熱帯低気圧に発達。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は5日12時(フィリピン標準時5日11時)にフィリピン名キエルQuiel)と命名した。同日21時に北緯13度40分、東経115度50分で台風となり、アジア名ナクリーNakri)と命名された[126][127]。その後、JTWCは6日6時(協定世界時5日21時)に熱帯低気圧番号25Wを付番した。台風は始め東進し、その後向きを西に変えながら発達、8日6時には「強い」勢力となった。11日にはベトナムに上陸し、同日9時にはベトナムの北緯19度、東経109度で熱帯低気圧に変わった[128]

気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号(○○W)は、合同台風警報センター(JTWC)が熱帯低気圧と認めたものに付与し、同機関をはじめ海外の各気象機関で用いられる。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)がフィリピン名を命名している場合、フィリピン名も併記。また、熱帯低気圧番号がない場合も、気象庁が熱帯低気圧としたものを以下、単に「TD」と示す。

TD 01W(アマン)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
発生期間 1月5日 – 1月22日
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

合同台風警報センター(JTWC)は1月4日14時30分(協定世界時4日5時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したキリバス近海の低圧部に対して、5日6時(協定世界時4日21時)に熱帯低気圧番号01Wを付番した。JTWCによると、01Wは6日21時(協定世界時6日12時)にマーシャル諸島近海で低圧部に降格した。一方、気象庁は14日頃にカロリン諸島で低圧部が形成し、19日15時にパラオ近海で熱帯低気圧に発達したと解析した。20日0時(フィリピン標準時19日23時)にフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名アマンAmang)と命名した。気象庁は、21日21時には24時間以内に台風に発達する可能性があるとして熱帯低気圧情報を発表したが、22日15時に取り消した。01Wは同日21時に天気図から消滅した。

TD 03W(チェデン)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHWS)
発生期間 3月14日 – 3月19日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

3月14日の朝にカロリン諸島近海で形成した低圧部が、同日15時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日19時(協定世界時14日10時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、15日12時(協定世界時15日3時)に熱帯低気圧番号03Wを付番した。03Wは西進しながらフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の熱帯低気圧監視エリアに進入し、17日18時(フィリピン標準時17日17時)にフィリピン名チェデンChedeng)と命名された。03Wは19日の朝にはフィリピンのミンダナオ島に上陸し、同日15時に低圧部に降格した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 5月7日 – 5月11日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

5月4日頃にパラオ近海で形成した低圧部が、7日9時に熱帯低気圧に発達。熱帯低気圧は8日21時に低圧部に降格し、9日21時には低圧部は消滅したが、10日9時に再び熱帯低気圧として発生した。11日15時にはフィリピンの東で再び低圧部に降格した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 5月7日 – 5月15日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

5月7日9時にカロリン諸島近海で熱帯低気圧が発生。13日9時に一時低圧部となったが、同日15時に再び熱帯低気圧となった。15日21時にはチューク近海で低圧部に降格した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 6月26日 – 6月27日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1000 hPa

6月26日9時に琉球諸島で熱帯低気圧が発生。27日3時に東シナ海で温帯低気圧に変わった。

TD 04W(エガイ)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 6月27日 – 7月2日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1000 hPa

6月26日頃にカロリン諸島で形成が始まった低圧部が、27日15時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は28日13時30分(協定世界時28日4時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、29日6時(協定世界時28日21時)に熱帯低気圧番号04Wを付番した。30日0時(フィリピン標準時29日23時)に、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名エガイEgay)と命名した。熱帯低気圧はフィリピンの東の海上を北西に進み、2日9時に台湾で消滅した。

TD(ゴーリン)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
発生期間 7月17日 – 7月19日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
996 hPa

台風5号がフィリピンのルソン島に接近し、台風の一部が熱帯擾乱として分離。7月17日21時にルソン島の西の南シナ海で熱帯低気圧が形成した。合同台風警報センター(JTWC)は18日11時30分(協定世界時18日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、19日11時30分(協定世界時19日2時30分)にはTCFAを取り消した。19日12時(フィリピン標準時19日11時)に、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ゴーリンGoring)と命名した。熱帯低気圧は北上して台湾付近に接近し、19日21時に消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月6日 – 8月8日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
994 hPa

8月4日頃に南シナ海で形成が始まった低圧部が、6日18時に熱帯低気圧に発達。熱帯低気圧は8日21時にフィリピンの西海岸沖の南シナ海で消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月17日 – 8月19日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

8月17日15時に南鳥島近海で熱帯低気圧が発生。19日9時に消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月19日 – 8月21日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

8月18日頃に南西諸島で形成が始まった低圧部が、19日15時に熱帯低気圧に発達。熱帯低気圧は東シナ海を北上し、21日21時に黄海付近で消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月2日 – 9月3日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
998 hPa

9月2日3時にフィリピンのルソン島の西の南シナ海で熱帯低気圧が発生。合同台風警報センター(JTWC)は3日6時30分(協定世界時2日21時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、3日9時には気象庁の天気図から消滅した。JTWCも後にTCFAを取り消した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月4日 – 9月5日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

9月1日頃にカロリン諸島近海で形成が始まった低圧部が、4日9時にパラオ近海で熱帯低気圧に発達。5日21時には低圧部に降格し、6日21時には低圧部が消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月7日 – 9月10日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1002 hPa

9月7日9時頃に先島諸島付近で熱帯低気圧が形成した。東シナ海から黄海を北上し、10日21時に消滅した。

TD(マリリン)[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
発生期間 9月10日 – 9月14日
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
996 hPa

9月8日頃にマリアナ諸島近海で形成が始まった低圧部が、10日15時に熱帯低気圧に発達。11日3時、気象庁は24時間以内に台風に発達するとの見込みで熱帯低気圧情報を発表し、12日にはフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の監視エリアに進入したため、フィリピン名マリリンMarilyn)と命名された。合同台風警報センター(JTWC)も13日18時30分(協定世界時13日9時30分)に熱帯形成警報(TCFA)を発したが、同日21時には気象庁が熱帯低気圧情報を取り消し、JTWCもその後TCFAを取り消した。マリリンは14日には低圧部に降格した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
発生期間 9月15日 – 9月16日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
996 hPa

9月15日9時に鳥島東方で発生。やや北西進し、16日3時には北側にあった停滞前線に取り込まれる形で温帯低気圧に変わったが、千葉県など関東沿岸部を中心にまとまった雨となり、館山市では同日18時までの24時間降水量が135.5mmに達した[129]

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月17日 – 9月18日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1004 hPa

9月17日15時にルソン島のすぐ西の南シナ海で発生、18日9時には消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 10月1日 – 10月3日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1008 hPa

9月29日頃にマリアナ諸島近海で形成が始まった低圧部が、西進して10月1日21時にフィリピンの東で熱帯低気圧に発達。3日15時には消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 10月22日 – 10月22日
ピーク時の強さ ≦30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

10月22日9時にフィリピンの東で発生。同日15時には消滅した。

TD[編集]

トロピカル・デプレッション (JMA)
Counterclockwise vortex
発生期間 11月10日 –
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
1006 hPa

11月9日頃からマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が10日21時に熱帯低気圧に発達。11にち21時には気象庁が24時間以内に台風に発達する可能性があるとして、台風情報を発表した。

各台風・熱帯低気圧名[編集]

PAGASAの熱帯低気圧監視エリア

順番はアジア名「ダムレイ」が1とされている[130]。また、フィリピン名は熱帯低気圧が監視エリアに入ったとき、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)が命名するもの[131]


台風 アジア名 フィリピン名
順番 名称 読み 意味・由来 命名国・地域 名称 読み
1号 [36W] 34 Pabuk パブーク 淡水魚の名前 ラオス - -
2号 [02W] 35 Wutip ウーティップ マカオ Betty ベティ
3号 [ - ] 36 Sepat セーパット 淡水魚の名前 マレーシア Dodong ドドン
4号 [05W] 37 Mun ムーン 6月 ミクロネシア - -
5号 [06W] 38 Danas ダナス 経験すること フィリピン Falcon ファルコン
6号 [07W] 39 Nari ナーリー 百合 韓国 - -
7号 [08W] 40 Wipha ウィパー 女性の名前 タイ - -
8号 [09W] 41 Francisco フランシスコ 男性の名前 アメリカ - -
9号 [10W] 42 Lekima レキマー 果物の名前 ベトナム Hanna ハンナ
10号 [11W] 43 Krosa クローサ カンボジア - -
11号 [12W] 44 Bailu バイルー 白鹿 中国 Ineng イネン
12号 [13W] 45 Podul ポードル やなぎ 北朝鮮 Jenny ジェニー
13号 [15W] 46 Lingling レンレン 少女の名前 香港 Liwayway リウェイウェイ
14号 [16W] 47 Kajiki カジキ かじき座 日本 Kabayan カバヤン
15号 [14W] 48 Faxai ファクサイ 女性の名前 ラオス - -
16号 [17W] 49 Peipah ペイパー 魚の名前 マカオ - -
17号 [18W] 50 Tapah ターファー なまず マレーシア Nimfa ニンファ
18号 [19W] 51 Mitag ミートク 女性の名前 ミクロネシア Onyok オニョク
19号 [20W] 52 Hagibis ハギビス すばやい フィリピン - -
20号 [21W] 53 Neoguri ノグリー タヌキ 韓国 Perla パーラ
21号 [22W] 54 Bualoi ブアローイ 菓子の名前 タイ - -
22号 [23W] 55 Matmo マットゥモ 大雨 アメリカ - -
23号 [24W] 56 Halong ハーロン 湾の名前 ベトナム - -
24号 [25W] 57 Nakri ナクリー 花の名前 カンボジア Quiel キエル
熱帯低気圧 フィリピン名
名称 読み
01W Amang アマン
03W Chedeng チェデン
04W Egay エガイ
TD Goring ゴーリン
TD Marilyn マリリン

各熱帯低気圧の影響[編集]

台風・
熱帯低気圧
期間 大きさ
強さ
階級 最大風速 最低気圧 影響地域 被害額 死者数(人) 出典
台風1号 [36W] (Pabuk) 2018年12月31日〜1月4日 - TS 23m/s(45kt) 996hPa ナトゥナ諸島ベトナムマレーシアタイミャンマーアンダマン諸島 $1.57億 10 [132]
TS 50kt 985hPa
01W (Amang) 1月5日〜6日・19日〜22日 - TD 15m/s(30kt) 1004hPa キリバスマーシャル諸島カロリン諸島パラオフィリピン $604万 10 -
TD 25kt 1003hPa
台風2号 [02W] (Wutip, Betty) 2月18日〜3月2日 猛烈な TY 55m/s(105kt) 920hPa カロリン諸島、マリアナ諸島グアム $330万 -
STY 140kt 918hPa
03W (Chedeng) 3月14日〜19日 - TD 不明 1006hPa カロリン諸島、パラオ、フィリピン $2.3万 - -
TD 25kt 1001hPa
TD 5月7日〜8日・10日〜11日 - TD 不明 1004hPa ヤップ島、パラオ - - -
TD 5月7日〜13日・13日〜15日 - TD 不明 1004hPa カロリン諸島 - - -
台風3号 [ - ] (Sepat, Dodong) 6月24日〜28日 - TS 20m/s(40kt) 994hPa カロリン諸島、ヤップ島、日本 - -
TD 6月26日〜27日 - TD 不明 1000hPa 日本 - - -
04W (Egay) 6月27日〜7月2日 - TD 不明 1000hPa ヤップ島、パラオ、フィリピン、台湾 - - -
TS 35kt 996hPa
台風4号 [05W] (Mun) 7月2日〜5日 大型 TS 18m/s(35kt) 992hPa 西沙諸島中国海南島華南)、ベトナム、ラオス $24万 2
TS 35kt 992hPa
台風5号 [06W] (Danas, Falcon) 7月14日〜21日 大型 TS 23m/s(45kt) 985hPa ヤップ島、フィリピン、台湾、日本、中国(華東)、朝鮮半島 $642万 6
TS 45kt 979hPa
TD (Goring) 7月17日〜19日 - TD 不明 996hPa フィリピン、台湾、日本(先島諸島 - - -
台風6号 [07W] (Nari) 7月24日〜28日 - TS 18m/s(35kt) 998hPa 日本 - -
TS 35kt 997hPa
台風7号 [08W] (Wipha) 7月30日〜8月4日 - TS 23m/s(45kt) 985hPa 西沙諸島、中国(海南島、華南)、ベトナム $4430万 27 [133]
TS 40kt 991hPa
台風8号 [09W] (Francisco) 8月1日〜7日 強い TY 35m/s(70kt) 970hPa 日本、朝鮮半島 - 1
TY 75kt 969hPa
台風9号 [10W] (Lekima, Hanna) 8月3日〜15日 大型・猛烈な TY 55m/s(105kt) 925hPa フィリピン、台湾、日本(南西諸島)、中国(華東華北 $92.8億 90 [134][135]
STY 130kt 912hPa
台風10号 [11W] (Krosa) 8月5日〜16日 超大型・強い TY 40m/s(75kt) 965hPa マリアナ諸島、日本、朝鮮半島、極東ロシア $690万 3
TY 100kt 946hPa
TD 8月6日〜8日 - TD 不明 994hPa フィリピン - - -
TD 8月17日〜19日 - TD 不明 1006hPa - - - -
TD 8月19日〜21日 - TD 不明 1004hPa 日本(南西諸島)、台湾、中国(華東) - - -
台風11号 [12W] (Bailu, Ineng) 8月20日〜26日 大型 STS 25m/s(50kt) 985hPa フィリピン、台湾、中国(華南) $2820万 3
TS 55kt 982hPa
台風12号 [13W] (Podul, Jenny) 8月25日〜31日 大型 TS 20m/s(40kt) 992hPa ヤップ島、フィリピン、中国(海南島、華南)、ベトナム、ラオス、タイ、カンボジア $243万 15
TS 35kt 996hPa
台風15号 [14W] (Faxai) 8月30日〜9月10日 非常に強い TY 45m/s(85kt) 955hPa ウェーク島、日本 $1.26億 3 [136]
TY 115kt 942hPa
台風14号 [16W] (Kajiki, Kabayan) 8月30日〜9月7日 大型 TS 18m/s(35kt) 996hPa フィリピン、中国(海南島、華南)、ベトナム、ラオス $1290万 6
TD 30kt 995hPa
台風13号 [15W] (Lingling, Liwayway) 8月31日〜9月8日 非常に強い TY 45m/s(90kt) 940hPa パラオ、フィリピン、日本、朝鮮半島、中国東北部、極東ロシア $1.72億 8
TY 120kt 928hPa
TD 9月2日〜3日 - TD 不明 998hPa フィリピン - - -
TD 9月4日〜5日 - TD 不明 1006hPa カロリン諸島 - - -
TD 9月7日〜10日 - TD 不明 1002hPa 日本(南西諸島)、朝鮮半島 - - -
TD (Marilyn) 9月10日〜14日 - TD 15m/s(30kt) 996hPa - - - -
台風16号 [17W] (Peipah) 9月13日〜17日 - TS 18m/s(35kt) 1000hPa マリアナ諸島、日本(小笠原諸島 - -
TS 35kt -
TD 9月15日〜16日 - TD 不明 996hPa 日本 - - -
台風17号 [18W] (Tapah, Nimfa) 9月17日〜23日 大型・強い TY 35m/s(65kt) 970hPa 日本、台湾、華東、韓国 - 3
TS 60kt -
TD 9月17日〜18日 - TD 不明 1004hPa フィリピン - - -
台風18号 [19W] (Mitag, Onyok) 9月25日〜10月3日 大型・強い TY 40m/s(75kt) 965hPa マリアナ諸島、台湾、日本、華東、韓国 - 22
TY 90kt 961hPa
TD 10月1日〜3日 - TD 不明 1008hPa フィリピン - - -
台風19号 [20W] (Hagibis) 10月5日〜23日 大型・猛烈な TY 55m/s(105kt) 915hPa マリアナ諸島、日本、極東ロシア >$100億 95
STY 140kt 904hPa
台風20号 [21W] (Neoguri, Perla) 10月16日〜21日 強い TY 40m/s(75kt) 970hPa 日本 - -
TY 95kt 964hPa
台風21号 [22W] (Bualoi) 10月18日〜25日 非常に強い TY 50m/s(100kt) 935hPa カロリン諸島、マリアナ諸島、日本(小笠原諸島) - -
TY 125kt 938hPa
TD 10月22日 - TD 不明 1006hPa - - - -
台風22号 [23W] (Matmo) 10月28日〜11月1日 - STS 25m/s(50kt) 992hPa フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ - -
TS 50kt 993hPa
台風23号 [24W] (Halong) 11月2日〜9日 猛烈な TY 60m/s(115kt) 905hPa - - -
STY 155kt 897hPa
台風24号 [25W] (Nakri, Queil) 11月4日〜 - TY 35m/s(65kt) 975hPa フィリピン - -
TY 65kt 981hPa
TD 11月10日〜 - TD 15m/s(30kt) 1006hPa - - - -
計43個 2018年12月31日〜 - - 60m/s(115kt) 905hPa - $288億 304 -
155kt 897hPa
  • 「期間」は熱帯低気圧として存命した期間を表す。台風が熱帯低気圧に変わった場合、熱低化から消滅までの期間も含む。
  • 「階級」「最大風速」「最低気圧」は、それぞれ上段が気象庁、下段がJTWCの解析によるデータである。ただし、JTWCのデータがない場合、気象庁のデータのみを表示している。
  • 「階級」について、上段は気象庁が示す国際分類で、最大風速(10分間平均)によってTD=トロピカル・デプレッション、TS=トロピカル・ストーム、STS=シビア・トロピカル・ストーム、TY=タイフーンに分類される。下段のJTWCの分類は、TS=トロピカル・ストーム、TY=タイフーン、STY=スーパータイフーンで、最大風速(1分間平均)によって分類される。
  • 「出典」のはそれぞれ気象庁HPで公開されている台風の経路図及び位置表のリンクである。
  • 台風13・14号・15号は順番が入れ替わっているが、気象庁が熱帯低気圧として解析した日時の順に示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東北地方は一般に東日本に属するが、気象庁の予報用語では北日本とされている。
  2. ^ 一部の報道機関では22年ぶりとしているが、1997年の台風26号は同年11月に発生しているので、正確には21年と2ヶ月ぶりとなる。そのため、本記事では「約21年ぶり」と表記している。
  3. ^ IMDが解析する最大風速は3分間の平均値である。
  4. ^ 宮古空港での統計開始が2009年であり、宮古島の他の観測地点では第2宮古島台風による85.3m/sなどの記録がある。
  5. ^ 厳密には神津島付近で非常に強い勢力に発達したのではなく、神津島での最大風速43.4m/sなどの実測値を考慮して勢力の解析値を修正したと思われる。

出典[編集]

  1. ^ 気象庁ホームページにおける元号表記について (PDF)”. 気象庁 (2019年4月19日). 2019年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 年明け早くも台風1号「パブーク」発生”. 日本気象協会 (2019年1月1日). 2019年1月1日閲覧。
  3. ^ a b 台風1号 気象庁の監視域外へ出る 21年ぶりにサイクロンに”. ウェザーニュース (2019年1月5日). 2019年1月5日閲覧。
  4. ^ a b 台風1号 (パブーク) サイクロンへ”. 日本気象協会 (2019年1月5日). 2019年1月5日閲覧。
  5. ^ a b 台風2号 2月では初めて猛烈な勢力に”. 日本気象協会 (2019年2月25日). 2019年2月25日閲覧。
  6. ^ 台風6号で花火大会が軒並み中止に 隅田川花火大会は予定通り開催予定も「今後の天候次第」”. exciteニュース  (2019年7月26日). 2019年11月10日閲覧。
  7. ^ a b 宮崎) 台風8号が直撃、各地で被害”. 朝日新聞デジタル (2019年8月7日). 2019年8月7日閲覧。
  8. ^ a b 台風8号が九州縦断 大分で1人死亡 各地で豪雨と強風”. 毎日新聞 (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
  9. ^ a b 台風10号 超大型の台風に”. 日本気象協会 (2019年8月12日). 2019年8月13日閲覧。
  10. ^ a b 台風10号 広島県呉市に上陸 今年3つめ”. ウェザーニュース (2019年8月15日). 2019年11月10日閲覧。
  11. ^ a b 【速報】台風15号 千葉市付近に上陸 関東では過去最強クラス”. 日本気象協会 (2019年9月9日). 2019年9月9日閲覧。
  12. ^ “死者79人不明12人 決壊、7県71河川128カ所 台風19号、19日で1週間”. デジタル毎日. 毎日新聞社. (2019年10月18日). https://mainichi.jp/articles/20191018/k00/00m/040/448000c 2019年11月10日閲覧。 
  13. ^ 顕著な災害を起こした自然現象の名称について(平成30年7月9日)”. 気象庁. 2019年11月10日閲覧。
  14. ^ “気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり”. デジタル毎日. 毎日新聞社. (2019年10月15日). https://mainichi.jp/articles/20191015/k00/00m/040/190000c 2019年11月10日閲覧。 
  15. ^ 平成31年 台風第1号に関する情報”. 気象庁 (2019年1月1日). 2019年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月1日閲覧。
  16. ^ 台風199726号(LINDA) 国立情報学研究所.2019年1月5日閲覧。
  17. ^ 平成31年 台風第2号に関する情報”. 気象庁 (2019年2月20日). 2019年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月20日閲覧。
  18. ^ 台風2号「ウーティップ」発生”. 日本気象協会 (2019年2月20日). 2019年2月20日閲覧。
  19. ^ 台風2号 2月としては中心気圧が最も低く”. 日本気象協会 (2019年2月23日). 2019年2月27日閲覧。
  20. ^ 台風2号猛烈な勢力に 2月中に猛烈な勢力は初”. ウェザーニュース (2019年2月25日). 2019年2月27日閲覧。
  21. ^ [1] デジタル台風 1951年以降2月に発生した台風を最低気圧昇順に並べたもの。
  22. ^ 台風2号 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年2月28日). 2019年2月28日閲覧。
  23. ^ 2019年台風第2号 WUTIP 1902 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2019年4月3日閲覧。
  24. ^ 令和元年 台風第3号に関する情報”. 気象庁 (2019年6月27日). 2019年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月28日閲覧。
  25. ^ 台風3号「セーパット」発生 令和「初」の台風”. 日本気象協会 (2019年6月27日). 2019年6月27日閲覧。
  26. ^ 令和元年 台風第3号に関する情報 第10号”. 気象庁 (2019年6月28日). 2019年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月28日閲覧。
  27. ^ 台風3号 温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  28. ^ 令和元年 台風第4号に関する情報”. 気象庁 (2019年7月2日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月2日閲覧。
  29. ^ 台風4号「ムーン」発生”. 日本気象協会 (2019年7月2日). 2019年7月3日閲覧。
  30. ^ 台風4号 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  31. ^ 令和元年 台風第5号に関する情報”. 気象庁 (2019年7月16日). 2019年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月16日閲覧。
  32. ^ 台風5号「ダナス」発生”. 日本気象協会 (2019年7月16日). 2019年7月16日閲覧。
  33. ^ 台風5号 長崎県の特別警報はすべて解除 西日本は明日にかけ大雨警戒”. ウェザーニュース (2019年7月20日). 2019年7月27日閲覧。
  34. ^ 長崎県に特別警報発表”. 気象庁 (2019年7月20日). 2019年7月22日閲覧。
  35. ^ 台風5号「ダナス」 温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年7月21日). 2019年7月22日閲覧。
  36. ^ 令和元年 台風第6号に関する情報”. 気象庁 (2019年7月26日). 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。
  37. ^ 台風6号「ナーリー」発生”. 日本気象協会 (2019年7月26日). 2019年7月27日閲覧。
  38. ^ 令和元年 台風第6号に関する情報 第11号”. 気象庁 (2019年7月27日). 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。
  39. ^ 【速報】台風6号 三重県南部に上陸 ことし初!”. 日本気象協会 (2019年7月27日). 2019年7月27日閲覧。
  40. ^ 令和元年 台風第6号に関する情報 第14号(位置)”. 気象庁 (2019年7月27日). 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。
  41. ^ 台風6号「ナーリー」 熱帯低気圧に”. 日本気象協会 (2019年7月27日). 2019年7月27日閲覧。
  42. ^ 令和元年 台風第7号に関する情報”. 気象庁 (2019年7月31日). 2019年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月31日閲覧。
  43. ^ 台風7号「ウィパー」発生”. 日本気象協会 (2019年7月31日). 2019年7月31日閲覧。
  44. ^ 令和元年 台風第8号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月2日). 2019年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月2日閲覧。
  45. ^ 台風8号「フランシスコ」発生”. 日本気象協会 (2019年8月2日). 2019年8月2日閲覧。
  46. ^ 令和元年 台風第8号に関する情報 第62号”. 気象庁 (2019年8月6日). 2019年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月6日閲覧。
  47. ^ 【速報】台風8号 宮崎市付近に上陸”. 日本気象協会 (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
  48. ^ 台風8号「フランシスコ」低気圧に 北日本接近へ”. 日本気象協会 (2019年8月7日). 2019年8月7日閲覧。
  49. ^ 令和元年 台風第9号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月4日). 2019年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  50. ^ 台風9号「レキマー」発生 今週中頃に沖縄の南へ”. 日本気象協会 (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  51. ^ 大型の台風9号 猛烈な勢力に発達”. 日本気象協会 (2019年8月8日). 2019年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月8日閲覧。
  52. ^ 台風9号は熱帯低気圧に 10号は列島接近中”. 日本気象協会 (2019年8月13日). 2019年8月13日閲覧。
  53. ^ 台風9号 中国で被害拡大... 45人死亡”. 日テレNEWS24 (2019年8月13日). 2019年8月13日閲覧。
  54. ^ 2019年台風第9号 LEKIMA 1909 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2019年11月3日閲覧。
  55. ^ 令和元年 台風第10号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月6日). 2019年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月6日閲覧。
  56. ^ 大型の台風10号「クローサ」発生”. 日本気象協会 (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
  57. ^ 台風10号、超大型から大型に。午後にも九州が暴風域に入る見込み”. huffingtonpost (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
  58. ^ 令和元年 台風第10号に関する情報 第116号”. 気象庁 (2019年8月15日). 2019年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月16日閲覧。
  59. ^ 【速報】台風10号 愛媛県佐田岬半島付近を通過”. 日本気象協会 (2019年8月15日). 2019年8月15日閲覧。
  60. ^ 令和元年 台風第10号に関する情報 第122号”. 気象庁 (2019年8月15日). 2019年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  61. ^ 令和元年 台風第10号に関する情報 第141号(位置)”. 気象庁 (2019年8月16日). 2019年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月16日閲覧。
  62. ^ 台風10号 温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。
  63. ^ 新潟40・7度、今年最高更新=山形、石川でも40度台ー熱中症防止を・気象庁”. 時事通信 (2019年8月15日). 2019年8月15日閲覧。
  64. ^ 夜中も気温下がらず31度以上 記録更新”. 日本気象協会 (2019年8月16日). 2019年8月17日閲覧。
  65. ^ 2019年台風第10号 KROSA 1910 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2019年11月3日閲覧。
  66. ^ 令和元年 台風第11号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月21日). 2019年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月21日閲覧。
  67. ^ 台風11号「バイルー」発生”. 日本気象協会 (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  68. ^ 台風11号 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年8月26日). 2019年8月26日閲覧。
  69. ^ 令和元年 台風第12号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月27日). 2019年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月28日閲覧。
  70. ^ 大型の台風12号発生 8月で5個目の発生”. 日本気象協会 (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  71. ^ 台風12号は熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年8月30日). 2019年8月31日閲覧。
  72. ^ 2019年台風第12号 PODUL 1912 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2019年11月3日閲覧。
  73. ^ 令和元年 台風第13号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月2日). 2019年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月2日閲覧。
  74. ^ 台風13号「レンレン」発生 沖縄に接近の恐れ”. 日本気象協会 (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。
  75. ^ 宮古空港観測史上1位 最大瞬間風速61.2メートル”. 日本気象協会 (2019年9月5日). 2019年9月7日閲覧。
  76. ^ 台風13号は温帯低気圧に変わる 北海道は気温急上昇”. 日本気象協会 (2019年9月8日). 2019年9月8日閲覧。
  77. ^ [2]
  78. ^ 令和元年 台風第14号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月3日). 2019年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月3日閲覧。
  79. ^ 台風14号「カジキ」発生 2日連続の台風発生”. 日本気象協会 (2019年9月3日). 2019年9月3日閲覧。
  80. ^ 令和元年 台風第15号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月5日). 2019年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月5日閲覧。
  81. ^ 台風15号「ファクサイ」発生”. 日本気象協会 (2019年9月5日). 2019年9月5日閲覧。
  82. ^ 令和元年 台風第15号に関する情報 第67号”. 気象庁 (2019年9月9日). 2019年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  83. ^ 令和元年 台風第15号に関する情報 第72号”. 気象庁 (2019年9月9日). 2019年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月9日閲覧。
  84. ^ 台風15号 温帯低気圧に変わりました ”. 日本気象協会  (2019年9月10日). 2019年11月10日閲覧。
  85. ^ 令和元年 台風第16号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月15日). 2019年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月17日閲覧。
  86. ^ 台風16号「ペイパー」発生”. 日本気象協会 (2019年9月15日). 2019年9月17日閲覧。
  87. ^ 台風16号「ペイパー」 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年9月16日). 2019年9月17日閲覧。
  88. ^ 令和元年 台風第17号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月19日). 2019年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月22日閲覧。
  89. ^ 台風17号「ターファー」発生しました”. 日本気象協会 (2019年9月19日). 2019年9月22日閲覧。
  90. ^ 台風17号 温帯低気圧に 更に広範囲で暴風”. 日本気象協会 (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  91. ^ 台風17号 長崎県中心に約11万戸余り停電 九州電力”. 2019年9月23日閲覧。
  92. ^ 令和元年 台風第18号に関する情報”. 気象庁 (2019年9月28日). 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  93. ^ 台風18号「ミートク」発生しました”. 日本気象協会 (2019年9月28日). 2019年9月29日閲覧。
  94. ^ 台風18号「ミートク」温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年10月3日). 2019年10月5日閲覧。
  95. ^ 家壊れ急流に流され…全国で10人死亡・4人行方不明”. ハンギョレ (2019年10月4日). 2019年10月5日閲覧。
  96. ^ 令和元年 台風第19号に関する情報” (2019年10月6日). 2019年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月6日閲覧。
  97. ^ 台風19号「ハギビス」発生 日本の南で猛烈な台風に”. 日本気象協会 (2019年10月6日). 2019年10月6日閲覧。
  98. ^ 令和元年 台風第19号に関する情報 第5号 (位置)” (2019年10月7日). 2019年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月7日閲覧。
  99. ^ 台風19号 猛烈な勢力に発達”. 日本気象協会 (2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  100. ^ 令和元年 台風第19号に関する情報 第35号 (位置)” (2019年10月10日). 2019年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  101. ^ 令和元年 台風第19号に関する情報 第76号” (2019年10月12日). 2019年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月12日閲覧。
  102. ^ 令和元年 台風第19号に関する情報 第99号 (位置)” (2019年10月13日). 2019年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  103. ^ 元台風19号がベーリング海に到達 アラスカなどで大荒れ”. 日本気象協会 (2019年10月15日). 2019年10月23日閲覧。
  104. ^ 台風19号 JR 運休まとめ(午後5時)” (2019年10月12日). 2019年10月13日閲覧。
  105. ^ 7都県に大雨特別警報発表”. 気象庁. 2019年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  106. ^ 5県に大雨特別警報発表 (PDF)”. 気象庁. 2019年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  107. ^ 台風19号 東北や関東など複数の河川で氾濫発生” (2019年10月12日). 2019年10月13日閲覧。
  108. ^ 2018年台風第22号 MANGKHUT (1822) 位置表” (2018年11月5日). 2019年10月14日閲覧。
  109. ^ “台風22号、14年ぶりに猛烈期間が72時間以上に - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20180914-00096524/ 2018年9月19日閲覧。 
  110. ^ 顕著な災害を起こした自然現象の名称について (平成30年7月9日)”. 2019年10月16日閲覧。
  111. ^ a b “気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり”. デジタル毎日. 毎日新聞社. (2019年10月15日). https://mainichi.jp/articles/20191015/k00/00m/040/190000c 2019年10月15日閲覧。 
  112. ^ 令和元年 台風第20号に関する情報”. 日本気象協会 (2019年10月18日). 2019年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月20日閲覧。
  113. ^ 台風20号「ノグリー」発生” (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。
  114. ^ 台風20号 温帯低気圧に変わりました” (2019年10月21日). 2019年10月23日閲覧。
  115. ^ 令和元年台風第21号に関する情報”. 気象庁 (2019年10月19日). 2019年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月20日閲覧。
  116. ^ 台風21号「ブアローイ」発生”. 日本気象協会 (2019年10月19日). 2019年10月20日閲覧。
  117. ^ 台風21号 温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年10月25日). 2019年10月27日閲覧。
  118. ^ 大雨、千葉と福島で死者10人に 1カ月分超の雨量襲う”. 朝日新聞  (2019年10月26日). 2019年11月11日閲覧。
  119. ^ 令和元年 台風第22号に関する情報”. 気象庁 (2019年10月30日). 2019年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月1日閲覧。
  120. ^ 台風22号「マットゥモ」発生しました”. 日本気象協会 (2019年10月30日). 2019年11月1日閲覧。
  121. ^ 台風22号(マットゥモ)は熱帯低気圧に変わりました” (2019年10月31日). 2019年11月1日閲覧。
  122. ^ 令和元年 台風第23号に関する情報”. 気象庁 (2019年11月3日). 2019年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月3日閲覧。
  123. ^ 台風23号「ハーロン」発生しました”. 日本気象協会 (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  124. ^ 台風23号が「今年最強」の勢力に発達 中心気圧は905hPa”. ウェザーニュース (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  125. ^ 台風23号(ハーロン) 温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2019年11月9日). 2019年11月10日閲覧。
  126. ^ 令和元年 台風第24号に関する情報”. 気象庁 (2019年11月5日). 2019年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月7日閲覧。
  127. ^ 台風24号「ナクリー」発生”. 日本気象協会 (2019年11月5日). 2019年11月7日閲覧。
  128. ^ 台風24号(ナクリー) 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会  (2019年11月11日). 2019年11月11日閲覧。
  129. ^ 千葉週間 今後も雨警戒続く”. 日本気象協会 (2019年9月16日). 2019年9月17日閲覧。
  130. ^ 台風の番号と名前”. 気象庁. 2018年1月1日閲覧。
  131. ^ LIST: PAGASA's names for tropical cyclones in 2019”. RAPPLER (2019年1月3日). 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  132. ^ 台風1号がタイを通過、5人死亡 リゾート地通過で損失 北海道新聞.2019年1月5日閲覧。
  133. ^ OSeveral dead, missing as Tropical Storm Wipha slams into Vietnam 2019年8月7日閲覧。
  134. ^ 被害総額は3億円超 台風9号の県農水産業への影響 /沖縄
  135. ^ Typhoon Lekima: 28 dead and a million evacuated in China
  136. ^ [3]

確定値 [編集]

  1. ^ 31日3時に台風となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]