2018年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2018年の台風
軌跡の地図
最初の熱帯低気圧発生 2017年12月30日
最初の台風発生 1月3日
最も強かった
台風
台風1号、台風2号 – 1002 hPa,
35 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 2
台風の総数 2
タイフーンの総数 0
スーパータイフーンの総数 0
総死亡者数 3
総被害額 197,000ドル (2018 USD)
年別台風
2016, 2017, 2018, 2019, 2020

2018年台風太平洋北西部及び南シナ海で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に気象庁の情報に基づくが、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター(JTWC)のみに拠る。

2017年12月30日に発生した熱帯低気圧が年を跨いで存在した。その熱帯低気圧は1月3日に台風1号となり、1年の中での台風の発生日時としては、1951年からの統計史上3番目に早い記録となった[1][2]。しかし、2017年12月にも2個の台風が発生しており、この台風も熱帯低気圧としては12月に発生していることや、1年で最も海水温が低く台風が発生しにくいのは2月であることなどから、1号の発生は2017年の台風シーズンの延長であると考えられる。

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(ボラヴェン)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHS)
発生期間 1月3日 – 1月4日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
1002 hPa

2017年12月30日パラオ近海で形成した低圧部が、同日15時に熱帯低気圧になった。年を跨いで2018年1月1日18時(フィリピン標準時1日17時)にフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名アガトンAgaton)と命名、同日22時30分(協定世界時1日13時30分)に合同台風警報センター(JTWC)は熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発した。その後、JTWCは熱帯低気圧番号01Wを付番した。01Wは3日9時に南シナ海の北緯10度40分、東経116度5分で台風となり[3][2]、アジア名ボラヴェンBolaven)と命名された。1年の中での台風の発生日時としては、1951年からの統計史上3番目に早い記録となった[1]。4日9時に南シナ海の北緯12度、東経111度で熱帯低気圧に変わった。

台風2号(サンバ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 2月12日 – 2月14日
ピーク時の強さ 35 kt (10分間平均) 
1002 hPa

2月7日頃にチューク近海で形成が始まった低圧部について、合同台風警報センター(JTWC)は8日7時30分(協定世界時7日22時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、同日9時に熱帯低気圧になった。JTWCは9日には熱帯低気圧番号02Wを付番した。02Wは11日15時にカロリン諸島北緯7度0分、東経135度50分で台風となり[4][5]、アジア名サンバSanba)と命名された。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名バスヤンBasyang)と命名した。2月中旬の台風発生はとても珍しく、日本時間の2月7日0時から2月8日3時までと、2月11日21時から2月15日18時までは、観測史上1度も台風が存在していたことがなかったが[6]、2号はそのうち14日9時までの期間を埋めてスル海で熱帯低気圧に変わった[7]

気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号(○○W)は、合同台風警報センター(JTWC)が熱帯低気圧と認めたものに付与し、同機関をはじめ海外の各気象機関で用いられる。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)がフィリピン名を命名している場合、フィリピン名も併記。また、熱帯低気圧番号がない場合も、気象庁が熱帯低気圧としたものを以下、単に「TD」と示す。

各台風・熱帯低気圧名[編集]

PAGASAの熱帯低気圧監視エリア

順番はアジア名「ダムレイ」が1とされている[8]。また、フィリピン名は熱帯低気圧が監視エリアに入ったとき、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)が命名するもの[9]


台風 順番 アジア名 アジア名読み 意味・由来 命名国・地域 フィリピン名 フィリピン名読み
1号(1801) 6 Bolaven ボラヴェン 高原の名前 ラオス Agaton アガトン
2号(1802) 7 Sanba サンバ マカオの名所 マカオ Basyang バスヤン
熱低番号 フィリピン名 フィリピン名読み

各熱帯低気圧の影響[編集]

台風・
熱帯低気圧
期間 大きさ
強さ
階級 最大風速 最低気圧 被害(接近)地域 被害額
(百万ドル)
死者数(人) 出典
台風1号 1801 (Bolaven, Agaton) 2017年12月30日〜1月4日 - TS 18m/s(35kt) 1002hPa パラオ、フィリピン 0.197 3
TD 30kt -
台風2号 1802 (Sanba, Basyang) 2月8日〜2月16日 - TS 18m/s(35kt) 1002hPa カロリン諸島、フィリピン - -
TS 35kt -
計2個 2017年12月30日〜 - - - - - 0.197 3
- -
  • 「期間」は熱帯低気圧として存命した期間を表す。台風が熱帯低気圧に変わった場合、熱低化から消滅までの期間も含む。
  • 「階級」「最大風速」「最低気圧」は、それぞれ上段が気象庁、下段がJTWCの解析によるデータである。ただし、JTWCのデータがない場合、気象庁のデータのみを表示している。
  • 「階級」について、上段は気象庁が示す国際分類で、最大風速(10分間平均)によってTD=トロピカル・デプレッション、TS=トロピカル・ストーム、STS=シビア・トロピカル・ストーム、TY=タイフーンに分類される。下段のJTWCの分類は、TS=トロピカル・ストーム、TY=タイフーン、STY=スーパータイフーンで、最大風速(1分間平均)によって分類される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 気象庁”. 気象庁. 2018年1月3日閲覧。
  2. ^ a b 台風1号ボラヴェン発生 3番目の早さ”. 日本気象協会 date=2018-01-03. 2018年1月3日閲覧。
  3. ^ 平成30年 台風第1号に関する情報” (2018年1月3日). 2018年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月3日閲覧。
  4. ^ 平成30年 台風第2号に関する情報”. 気象庁 (2018年2月11日). 2018年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月11日閲覧。
  5. ^ 台風2号「サンバ」発生”. 日本気象協会 (2018年2月11日). 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ デジタル台風:2018年台風2号(サンバ|SANBA) 国立情報学研究所、2018年2月14日閲覧
  7. ^ 台風2号 熱帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2018年2月14日). 2018年2月18日閲覧。
  8. ^ 台風の番号と名前”. 気象庁 (2014年9月29日). 2015年1月14日閲覧。
  9. ^ Tropical Cyclone Information - Philippine Tropical Cyclone Names”. フィリピン大気地球物理天文局. 2015年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]