2018年の出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2018年の出版(2018ねんのしゅっぱん)では、2018年平成30年)の出版に関するできごとについてまとめる。

2017年の出版 - 2018年の出版 - 2019年の出版

出版関係の出来事[編集]

出版社の設立・倒産、文庫・新書の創刊、雑誌の創刊・休刊、ミリオンセラーの出版などを記載。特記した場合を除き、創刊、休刊・廃刊、復刊の日付は、それぞれ創刊号、最終号、復刊号の発売日である。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 19日 - 月刊漫画雑誌『月刊COMICリュウ』(徳間書店)が8月号で休刊[30]
  • 23日 - メンズファッション&カルチャー誌『ワープ・マガジン・ジャパン』が8・9月合併号で休刊[31]

9月[編集]

  • 22日 - 月刊誌『小説現代』(講談社)が10月号で休刊(2020年にリニュアル創刊)[32]

出典[編集]

  1. ^ 早川書房、トランプ政権の暴露本 2月下旬に発売”. 日本経済新聞社 (2018年1月12日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ スキー専門誌の草分け:「スキージャーナル」発行元が破産 ネット上に惜しむ声”. ITmediaオンライン (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ スキージヤーナル(株)~月刊「スキージャーナル」、「剣道日本」を出版~”. 東京商工リサーチ (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 英紙ガーディアン、タブロイド判に小型化 経費節減の一環”. AFPBB (2018年1月16日). 2018年1月26日閲覧。
  5. ^ 「Kiite!」休刊 最終号の表紙は木村拓哉さん”. 産経ニュース (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  6. ^ 伝説のオタクカルチャー誌は、なぜ8年ぶりに復活したのか”. BuzzFeed Japan (2018年1月23日). 2018年1月26日閲覧。
  7. ^ アイドル雑誌「Top Yell」休刊 ネット上で感謝の声”. ITmedia Inc (2018年2月1日). 2018年2月2日閲覧。
  8. ^ “小学館がコロコロ漫画内容で謝罪 チンギス・ハンの顔に非礼落書き”. スポーツニッポン. (2018年2月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/23/kiji/20180223s00041000357000c.html 2018年3月3日閲覧。 
  9. ^ “「神様を侮辱された」在日モンゴル人が小学館に抗議”. 日刊スポーツ. (2018年2月26日). オリジナル2018年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180325050056/https://www.nikkansports.com/general/news/201802260000629.html 2018年4月4日閲覧。 
  10. ^ “チンギス・ハーン不適切表現の「コロコロコミック」“イタズラ落書きコンテスト”中止”. スポーツニッポン. (2018年3月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/01/kiji/20180301s00041000100000c.html 2018年3月3日閲覧。 
  11. ^ “コロコロ「販売停止」複数の大手書店で チンギス・ハン問題、影響拡大”. J-CASTニュース. (2018年2月28日). https://www.j-cast.com/2018/02/28322354.html?p=all 2018年3月3日閲覧。 
  12. ^ a b “チンギスハン落書きの「コロコロコミック」販売中止 小学館「混乱避けるため」”. サンケイスポーツ. (2018年3月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180306/sot18030613010008-n1.html 2018年5月18日閲覧。 
  13. ^ a b まんがタイムジャンボ 芳文社の4コママンガ誌が“突然”休刊 「まんがタイムファミリー」も毎日新聞 2018年3月12日
  14. ^ “錯視アート本販売中止 立命館大教授の作品無断掲載”. 日刊スポーツ. (2018年3月16日). オリジナル2018年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180317035658/https://www.nikkansports.com/general/news/201803160000560.html 2018年4月15日閲覧。 
  15. ^ 月刊「卓球レポート」休刊のお知らせ”. 卓レポ.com (2017年10月31日). 2018年4月27日閲覧。
  16. ^ “(株)日本芸術出版社~写真集「写GIRL」などを出版~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2018年4月13日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20180413_02.html 2018年4月19日閲覧。 
  17. ^ “中央競馬の予想専門紙「競馬ニホン」休刊 86年の歴史にいったん幕「諸般の事情」”. スポーツニッポン. (2018年4月8日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/04/08/kiji/20180408s00004000242000c.html 2018年4月12日閲覧。 
  18. ^ “ベネッセのテスト「酷似」指摘 2社が抗議、自主回収”. 朝日新聞. (2018年4月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL4465STL44UTIL06M.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr02 2018年4月18日閲覧。 
  19. ^ “ARIA講談社の月刊マンガ誌が休刊 連載作の移籍先は6月号で発表”. ロイター. (2018年4月24日). https://jp.reuters.com/article/comey-idJPKBN1HW0DI 2018年4月27日閲覧。 
  20. ^ “メンズファッション誌「ルード」が休刊”. WWD JAPAN. (2018年4月3日). https://www.wwdjapan.com/594928 2018年5月26日閲覧。 
  21. ^ “ARIA講談社の月刊マンガ誌が休刊 連載作の移籍先は6月号で発表”. 毎日新聞. (2018年4月8日). https://mainichi.jp/articles/20180328/dyo/00m/200/001000c 2018年4月27日閲覧。 
  22. ^ “創刊30年「ゆきのまち通信」が休刊/青森”. 東奥日報社. (2018年5月24日). http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2018/20180524036062.asp 2018年5月26日閲覧。 
  23. ^ 【本日発売】KERA元編集長プロデュースの新雑誌『LE PANIER(るぱにえ)』が創刊!”. SOCIO CORPORATION (2018年5月16日). 2018年5月26日閲覧。
  24. ^ “セブン&アイ出版、クックパッド初の月刊誌創刊”. 日経新聞社. (2018年5月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30213870Y8A500C1TJ2000/ 2018年5月26日閲覧。 
  25. ^ “白石麻衣2nd写真集 19度目重版で30万部突破”. 日刊スポーツ. (2018年5月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805170000996.html 2018年5月26日閲覧。 
  26. ^ “ロシアの科学について日本語で 日本で新たな露日専門誌が出版【写真】”. スプートニク日本. (2018年5月25日). https://jp.sputniknews.com/culture/201805254916438/ 2018年5月26日閲覧。 
  27. ^ “楽天、出版取次の大阪屋栗田を買収”. ITmedia. (2018年5月25日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/25/news125.html 2018年5月26日閲覧。 
  28. ^ “「別冊花とゆめ」が休刊…ガラスの仮面など掲載”. 読売新聞. (2018年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180526-OYT1T50091.html 2018年5月26日閲覧。 
  29. ^ “アンディ・ウォーホル創刊の米誌「インタビュー マガジン」が休刊”. WWD JAPAN. (2018年5月22日). https://www.wwdjapan.com/615400 2018年5月26日閲覧。 
  30. ^ “COMICリュウ 徳間書店のマンガ誌が再び休刊へ ウェブに移行”. 毎日新聞. (2018年5月19日). https://mainichi.jp/articles/20180519/dyo/00m/200/000000c 2018年5月26日閲覧。 
  31. ^ “メンズ誌「ワープ・マガジン・ジャパン」が休刊”. WWD JAPAN. (2018年5月22日). https://www.wwdjapan.com/615157 2018年5月26日閲覧。 
  32. ^ 講談社「小説現代」リニューアル休刊 18年秋”. 毎日新聞社 (2017年10月3日). 2018年1月15日閲覧。

関連項目[編集]