2018年の出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2018年の出版(2018ねんのしゅっぱん)では、2018年平成30年)の出版に関するできごとについてまとめる。

2017年の出版 - 2018年の出版 - 2019年の出版

出版関係の出来事[編集]

出版社の設立・倒産、文庫・新書の創刊、雑誌の創刊・休刊、ミリオンセラーの出版などを記載。特記した場合を除き、創刊、休刊・廃刊、復刊の日付は、それぞれ創刊号、最終号、復刊号の発売日である。

1月[編集]

2月[編集]

  • 6日 - アイドル雑誌『Top Yell』(竹書房)が3月号で休刊[7]

9月[編集]

  • 22日 - 月刊誌『小説現代』(講談社)が10月号で休刊(2020年にリニュアル創刊)[8]

出典[編集]

  1. ^ 早川書房、トランプ政権の暴露本 2月下旬に発売”. 日本経済新聞社 (2018年1月12日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ スキー専門誌の草分け:「スキージャーナル」発行元が破産 ネット上に惜しむ声”. ITmediaオンライン (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ スキージヤーナル(株)~月刊「スキージャーナル」、「剣道日本」を出版~”. 東京商工リサーチ (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 英紙ガーディアン、タブロイド判に小型化 経費節減の一環”. AFPBB (2018年1月16日). 2018年1月26日閲覧。
  5. ^ 「Kiite!」休刊 最終号の表紙は木村拓哉さん”. 産経ニュース (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  6. ^ 伝説のオタクカルチャー誌は、なぜ8年ぶりに復活したのか”. BuzzFeed Japan (2018年1月23日). 2018年1月26日閲覧。
  7. ^ アイドル雑誌「Top Yell」休刊 ネット上で感謝の声”. ITmedia Inc (2018年2月1日). 2018年2月2日閲覧。
  8. ^ 講談社「小説現代」リニューアル休刊 18年秋”. 毎日新聞社 (2017年10月3日). 2018年1月15日閲覧。

関連項目[編集]