平成19年台風第5号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台風第5号(Usagi、ウサギ)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
最盛期の台風第5号
最盛期の台風第5号
発生期間 2007年7月29日 15:00
~2007年8月4日 15:00
寿命 6日
最低気圧 945hPa
最大風速
(日気象庁解析)
45m/s (90kt)
最大風速
米海軍解析)
120kt
被害総額
被害地域 九州四国中国近畿東北
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

平成19年台風第5号(へいせい19ねんたいふうだい5ごう、アジア名:ウサギ〔Usagi、命名国:日本、意味:うさぎ座〕)は、2007年7月に発生し、九州に上陸した台風である。

台風第4号に続いて日本に上陸し、各地に大雨・強風被害をもたらした。また、台風が宮崎県通過することは珍しくないが、日向市などの宮崎県北部に上陸することは珍しい(外部リンク参照)。後に、激甚災害に指定された。

概要[編集]

被害[編集]

影響[編集]

  • JR四国の全線が台風の影響で、一時運休した。
  • JR九州では台風の接近が夕方のラッシュアワーと重なったため、乗客に影響が出た。その後、JR九州も運休となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]