平成19年台風第11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第11号(Nari、ナーリー)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
台風第11号(9月15日)
台風第11号(9月15日)
発生期間 2007年9月13日 15:00
9月17日 9:00
寿命 3日18時間
最低気圧 940 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s (100 knot)
最大風速
米海軍解析)
125kt
被害総額  
死傷者数 死者23人
被害地域 沖縄 韓国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成19年台風第11号(へいせい19ねんたいふうだい11ごう、アジア名:ナーリー〔Nari、命名国:韓国、意味:百合〕)は2007年(平成19年)9月に発生し、日本に接近して韓国に上陸した台風である。急激に発達した後、久米島を直撃し、猛烈な風の被害をもたらした。

概要[編集]

進路図

9月13日15時に、南大東島の南東海上で発生した台風11号は、勢力を強めながら北西に進んだ。 14日には非常に強い台風となり沖縄本島地方の近海を通過。 台風の直撃を受けた久米島では15日01時26分に、1958年の統計開始以来最も強い最大瞬間風速となる、62.8m/s(南の風)を記録した。台風は15日から16日にかけて東シナ海を北上し、16日夕方には朝鮮半島南端に達した。その後17日09時には 日本海西部で温帯低気圧に変わった[1]。しかし、温帯低気圧に変わった後も、日本海を横断して東北地方に接近し、さらにその低気圧と秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が入ったため、東北北部の各地では記録的な大雨が降り、被害が拡大した[2][3]

被害・影響[編集]

住宅の被害は全壊が10件、半壊が18件、一部損壊が約114件に上ったほか、町役場や学校ホテルの窓ガラスが多く割れた。また、電柱が倒壊したり折れ曲がったりなどして約1,900世帯が停電、サトウキビや電照ギク、舎倒壊などの農畜産物や、漁業では、漁船が漁港の道路まで押し出されたりするなど漁船約14隻が破損などの被害を、クルマエビ養殖場でも被害が出た。

解説[編集]

この台風は、強風域半径が最盛期でも190kmと1999年以前の言い方で「ごく小さい」台風であったが、中心付近の気圧傾度が非常に大きく、中心付近で猛烈な風が吹いた。そのため直撃を受けた久米島では最大瞬間風速が62.8m/sを観測し、風による大きな被害が出た。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]