平成19年台風第11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第11号(Nari、ナーリー)
カテゴリー4の タイフーンSSHS
台風第11号(9月15日)
台風第11号(9月15日)
発生期間 2007年9月13日 15:00
9月17日 9:00
寿命 3日18時間
最低気圧 940 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s (100 knot)
最大風速
米海軍解析)
125kt
被害総額
被害地域 沖縄 韓国
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

平成19年台風第11号(へいせい19ねんたいふうだい11ごう、アジア名:ナーリー〔Nari、命名国:韓国、意味:百合〕)は2007年(平成19年)9月に発生し、日本に接近して韓国に上陸した台風である。急激に発達した後、久米島を直撃し、猛烈な風の被害をもたらした。

概要[編集]

被害・影響[編集]

久米島町では、15日未明に直撃、最大瞬間風速62.8mを記録した。

住宅の被害は全壊が10件、半壊が18件、一部損壊が約114件に上ったほか、町役場や学校ホテルの窓ガラスが多く割れた。

また、電柱が倒壊したり折れ曲がったりなどして約1,900世帯が停電、サトウキビや電照ギク、舎倒壊などの農畜産物や、漁業では、漁船が漁港の道路まで押し出されたりするなど漁船約14十四隻が破損などの被害を、クルマエビ養殖場でも被害が出た。

解説[編集]

この台風は、強風域半径が最盛期でも190kmと1999年以前の言い方で「ごく小さい」台風であったが、中心付近の気圧傾度が非常に大きく、中心付近で猛烈な風が吹いた。そのため直撃を受けた久米島では最大瞬間風速が62.8m/sを観測し、風による大きな被害が出た。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]