国道220号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道220号
一般国道

国道220号標識

国道220号
路線延長 191.6 km(総延長・実延長)
188.2 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 宮崎県宮崎市
主な
経由都市
宮崎県日南市
鹿児島県鹿屋市
終点 鹿児島県霧島市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
Japanese National Route Sign 0269.svg国道269号
Japanese National Route Sign 0222.svg国道222号
Japanese National Route Sign 0448.svg国道448号
Japanese National Route Sign 0269.svg国道269号
Japanese National Route Sign 0504.svg国道504号
Japanese National Route Sign 0224.svg国道224号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起点(宮崎市橘通3丁目交差点)
宮崎市橘通(市役所前交差点)
宮崎市内海(堀切峠)
鹿屋バイパス・鹿屋市旭原町
垂水市早崎
終点(霧島市国分敷根)

国道220号(こくどう220ごう)は、宮崎県宮崎市から日南市鹿屋市を経由して鹿児島県霧島市に至る一般国道である。

概要[編集]

宮崎市から日南海岸を経て大隅半島を横断し、桜島のある鹿児島湾に沿って霧島市とを結ぶ幹線道路。南九州の大動脈のひとつであり[1]、全線が国土交通大臣が管理する指定区間である。

宮崎市の中心市街地、橘通り3丁目交差点を起点に南下し、大淀川に架かる橘橋を通過すると宮崎南バイパスとなる。

宮崎市加江田からは青島バイパス、堀切峠バイパスと続き、日南海岸沿いに南下する道路は別名「日南海岸ロードパーク」とも呼ばれる[2]。沿線には道の駅フェニックスやサンメッセ日南、鵜戸神宮などの観光地があり、日本有数のツーリングスポットとしても知られている[3]。1986年には「日南フェニックスロード」として日本の道100選に選定され、2003年には宮崎県の広域観光ルート「ひむか神話街道」として指定された。

日南市南郷町からは進路を西に変え都井岬をショートカットする峠越えルートで串間市中心部へ向かい[注釈 1]志布志湾沿いから大隅半島シラス台地を西へ横断して、鹿屋市を経由。同市古江町からは鹿児島湾(錦江湾)岸沿いに北上して、桜島口を経て霧島市を走る国道10号と合流する終点・国分敷根交差点に至る。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[4][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。政令上の終点は国分市となっているが、合併に伴い、2005年(平成17年)11月7日以降は霧島市となっている。

歴史[編集]

1953年(昭和28年)に道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された路線のひとつである。『鹿屋市史 上巻(改訂版)』に掲載された地図によると、少なくとも中世までには現在の国道220号とほぼ同地点を経由する道路が開設されていたことがうかがえる。

江戸時代飫肥藩が現在の日南市から宮崎市方面へ向かう道路として、現在の国道220号に相当する「鵜戸街道」よりも山越えながらも直線的に結ばれていた「飫肥街道」(現在の宮崎県道27号宮崎北郷線など)を主に使用していた。これは鵜戸街道が「七浦七峠」と呼ばれるほどの難所であったことが関係している。鹿屋 - 串良間は「串良街道」として知られており、松並木が植え付けられていた。

年表[編集]

路線状況[編集]

宮崎南バイパス区間は、清武町方面(国道269号)や宮崎空港方面(国道220号バイパス)からの通行車が合流し交通が集中することから、宮崎県内で最も交通量の多い区間のひとつとなっており、慢性的な渋滞が発生している。この対策として2008年7月末に、国道10号へ接続する国道269号のバイパス道路(加納バイパス)が完成した。また、宮崎IC宮崎自動車道)から宮崎県総合運動公園までは、信号機がほとんど設置されておらず、道路の走りやすさマップでは最高ランクの「S」と認定されている[11]

宮崎市 - 鹿屋市間を同じく結ぶ国道269号と平行するが、内陸の都城市を経由する国道269号に対し、日南海岸沿いを走る本路線のほうが、距離、所要時間ともに長い[12][13]。日南海岸沿いの区間は、異常気象時に度々交通規制がなされるため、日南市方面の路線としては別に宮崎県道28号日南高岡線が整備されている[要出典]

鹿屋市内は鹿屋バイパスによって中心市街地を避ける形で通過し、バイパスの一部区間には「ばら通り220」の別名がある。沿線にはロードサイド店舗が多数立地し、大隅半島で最も交通量の多い区間となったことから現在4車線化工事が実施されている[いつ?]

桜島口に接する鹿児島湾岸区間は、垂水市牛根境に異常気象時規制区間がある。同じく、鹿児島湾に面する垂水市牛根にある道の駅たるみずは、「全長60メートルの足湯」がある観光新名所で知られる。

バイパス[編集]

  • 宮崎南バイパス - 宮崎市。1979年に全通、暫定4車線。
  • 青島バイパス - 宮崎市。2005年に全通、暫定2車線。堀切峠トンネルの内容も含む。
  • 鹿屋バイパス - 鹿屋市(起点は肝付町)。1992年に全通、一部区間は4車線。
  • 古江バイパス - 鹿屋市 - 垂水市間、2008年に一部区間が開通。2車線。

重複区間[編集]

  • 国道269号(起点 - 源藤交差点)
  • 国道448号(起点 - 日南市・南郷駅付近、串間市・串間駅付近 - 大崎町大崎上町交差点)

事前通行規制区間[編集]

4の事前通行規制区間が設定されている。

  • 宮崎県宮崎市折生迫 - 宮崎市内海(延長2.9km)
    • 旧道(堀切峠・道の駅フェニックス区間)のみ。連続雨量が170mmに達した場合通行止。
  • 宮崎市小内海 - 日南市富土(延長4.5km)、日南市宮浦 - 日南市風田(延長11.2km)
    • 連続雨量が170mmに達した場合通行止。山岳ルートの主要地方道日南高岡線(県道28号)で迂回可能。
  • 鹿児島県垂水市牛根境 - 垂水市牛根境(延長3.8km)
    • 連続雨量が200mmに達した場合通行止。

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

日南海岸国定公園にも指定された日南海岸沿いの「日南海岸ロードパーク」区間では、変化に富んだ海岸線に沿ってヤシの並木や亜熱帯性の植物が多く、南国ムードを感じながら独特の海岸美を眺められるドライブルートでも知られる[14]。沿線に観光名所も多く、美しい海岸線で知られる堀切峠、「鬼の洗濯板」の異名で知られる奇勝の青島や、海食洞の中に本殿が鎮座する鵜戸神宮がある[14]。 いっぽう西の牛根大橋の区間では、わずかながらも桜島(鹿児島市)を通過する。

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日南海岸沿いに都井岬方面へ向かう分岐路は国道448号で、串間市中心街で国道220号と再び合流する。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b 2005年11月7日に1市6町が合併して霧島市発足。
  4. ^ 2009年3月30日に日南市ほか2町が合併して日南市発足。
  5. ^ 2011年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 『鹿屋市史 下巻』678頁。
  2. ^ 須藤英一 2013, p. 176.
  3. ^ 『ツーリングマップルR 九州・沖縄』(昭文社、2007年)には「九州ツーリングのハイライト」と記載されている。
  4. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月23日閲覧。
  5. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 12. 2013年3月23日閲覧。
  6. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月23日閲覧。
  7. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  8. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和35年6月20日政令第167号)の原文があります。
  9. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  10. ^ 県道の路線の認定(平成18年3月31日宮崎県告示第208号) (PDF)”, 宮崎県公報 号外第25号: 21, (2006年3月31日) 
  11. ^ 「走りやすさマップ」16分割詳細図”. 道路の走りやすさマップ. 国土交通省九州地方整備局. 2008年3月19日閲覧。
  12. ^ 一般国道220号”. 道路時刻表. 国土交通省九州地方整備局. 2008年3月19日閲覧。
  13. ^ 一般国道269号”. 道路時刻表. 国土交通省九州地方整備局. 2008年3月19日閲覧。
  14. ^ a b 須藤英一 2013, pp. 176-177.

参考文献[編集]

  • 鹿屋市史編さん委員会・編 『鹿屋市史 上巻(改訂版)』 鹿屋市、1995年3月、293-297頁。
  • 鹿屋市史編さん委員会・編 『鹿屋市史 下巻(改訂版)』 鹿屋市、1995年3月、677-680頁。
  • 須藤英一 『新・日本百名道』 大泉書店2013年ISBN 978-4-278-04113-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]