哲学の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雪化粧した哲学の道
桜が満開の哲学の道

哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区にある琵琶湖疏水分線に沿った歩道である。

永観堂付近にある熊野若王子神社前の若王子橋から始まり、琵琶湖疏水に沿って銀閣寺西の銀閣寺橋まで続く約2kmの散歩道[1]。幅員は広くないが、沿道に多くの樹木が植わる[2]。沿道の横には、熊野若王子神社から大豊神社参道までは琵琶湖疏水分線が山裾に沿って流れ、疎水の山側は自然の森となっており、対岸側に桜並木がある。春は桜、初夏は木々の緑、秋は紅葉と四季折々に景色が変化する自然の美しい区間で、京都で最も人気のある散歩道として訪れる人が多く、桜の季節や紅葉の季節には多くの観光客でにぎわう[1]。近年は廃業した喫茶店に住み着いた多くの猫が有名になりつつある区間でもある。それより北側は両側が住宅地となり、疏水の両岸に桜並木が植えられている。歩道も東側にもある場合があるが、よく整備されているのは西側だけである。日本の道100選にも選ばれている[1]

路線名[編集]

「哲学の道」とは通称・愛称名で、京都市の市道として指定された次の法定路線らである。

  • 京都市道東第三径1号線[3]
  • 京都市道東第四径3号線[3]
  • 京都市道鹿ケ谷疎水通[3]

名の由来と歴史[編集]

哲学の道はもともと、1890年(明治23年)に琵琶湖疎水が完成した際に、管理用道路として設置された道である[2]。当初、芝生が植えられている程度の道であったが、ここを歩いて通行する人々が増えていった[2]。明治の頃、文人が多く住むようになり「文人の道」と称されていた。その後、京都大学の哲学者・西田幾多郎田辺元らが好んで散策[1]、思案を巡らしたことから「哲学の小径」と云われたり、「散策の道」「思索の道」「疏水の小径」などと呼ばれた。1972年昭和47年)、地元住民が保存運動を進めるに際し、相談した結果「哲学の道」と決まりその名前で親しまれるようになった[4]。これにちなみ、1981年(昭和56年)に道の中ほどの法然院近くに、西田が詠んだ歌「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑が建てられた[2]

1972年(昭和47年)になって、砂利道の散策路として整備され、さらにその後、1987年(昭和53年)に廃止された市電の軌道敷石を転用して、歩行者が歩きやすいように敷石を並べたものとなって現在に至っている[2]。若王子橋から銀閣寺橋までの約1.5km区間が、1987年(昭和62年)8月10日の道の日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された、「日本の道100選」の一つに選定されている[5]

関雪桜[編集]

哲学の道の桜は、近くに居を構えた日本画家・橋本関雪と妻・よねが、1921年大正10年)に京都市に300本の桜の苗木を寄贈したのに始まる[2]。寄贈の経緯は画家として大成した関雪が、京都に対する報恩を考えた際によね夫人が桜を植えてはどうかと発案をした事による。当初の木はほぼ樹齢が尽きたと思われるが、佐野藤右衛門らの手により植え替えられ手入れされ現在に至っている。代替わりをした今でも桜並木の名称として「関雪桜(かんせつざくら)」と呼ばれている。

周囲の名所[編集]

付近に神社仏閣が多数点在していることから、これらを巡る散策路にも利用されている。南には、南禅寺永観堂、若王寺橋の付近に熊野若王子神社があり、北には、光雲寺大豊神社霊鑑寺安楽寺法然院銀閣寺がある[2]

アクセス[編集]

  • 北端 
  • 南端
    • 京都市営バス宮ノ前町バス停下車徒歩5分。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]