北九州市内の通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北九州市内の通り(きたきゅうしゅうしないのとおり)は北九州市内の愛称がつけられている通りの一覧である。福岡市のように「市が正式に決定したもの」ではない場合がある。また道路標識で通り名を表示していない場合もある。

各区にまたがる通り[編集]

小倉北区の通り[編集]

勝山通り(小倉北区魚町、2009年6月16日)

戸畑区の通り[編集]

  • 猪ノ坂通り
  • 沖台通り
  • けやき通り
  • 中央通り(=浅生通り)
  • 天籟寺通り
  • なんじゃもんじゃ通り

門司区の通り[編集]

  • 海岸通り
  • 桟橋通り
  • 藤松通り
  • 不老通り
  • 別院通り

八幡西区の通り[編集]

  • 折尾みずき通り
  • 学園大通り
  • 春日通り
  • 産医大通り
  • 千代小通り
  • 千代ふれあい通り
  • 筒井通り
  • 筒井ほほえみ通り
  • ふれあい通り
  • 安川通り(=宿場通り)
東田大通り(八幡東区・東田

八幡東区の通り[編集]

  • 国際通り
  • さくら通り
  • スペースワールド通り
  • 槻田あおぞら通り(日本の道100選
  • 東田大通り
  • 復興通り(=復興道路)
  • まえだぎおん山笠通り

若松区の通り[編集]

  • 大井戸通り
  • 学研都市大通り
  • 中川通り
  • 白山通り
  • 深町さわやか通り
  • 南海岸通り

国道[編集]

北九州の幹線道路[編集]

北九州市1963年より政令指定都市であることから、都市高速道路が整備されている。人口100万以下の都市の中で都市高速の総延長は首都圏を除きトップである。これは日本道路公団一般有料道路北九州道路および北九州直方道路を1991年北九州高速4号線として編入したためである。なお、北九州高速4号線は現在リニューアル工事が行われている。

北九州市の国道バイパスは他の地方都市に比べて少ない。これは実質的に北九州市では都市高速がバイパスの役目をしているからである。

NEXCO西日本の高速道路[編集]

道路名 市内のIC・JCT 備考
九州自動車道
  • 門司・八幡は北九州高速4号線・小倉東は北九州高速1号線と接続
関門自動車道
  • 本州との接続道路
東九州自動車道
  • 現在は北九州空港連絡道路の役割

都市高速道路[編集]

道路名 車線数 備考
北九州高速1号線 4
  • 九州自動車道小倉東ICと接続
  • 紫川で4号線・愛宕で3号線と接続
北九州高速2号線 4
  • 戸畑側で若戸大橋と接続
  • 東港で3号線に接続
北九州高速3号線 4
  • インターチェンジ無し。1号線と2号線の連絡道扱い。
北九州高速4号線 4
  • 旧:北九州道路・北九州直方道路
  • 1991年に都市高速に編入
  • 北九州高速の基幹道路
  • 旧:北九州直方道路区間は80KM制限
  • 九州自動車道門司ICと八幡ICに接続
  • 紫川で1号線・大谷で5号線に接続
北九州高速5号線 4
  • 大谷~枝光供用中。
  • 将来は戸畑へ延伸計画あり。
  • 北九州高速の中では一番新しい

バイパス[編集]

道路名 国道番号 区間 備考
戸畑バイパス 国道3号

北九州市小倉北区~北九州市八幡東区

  • 昭和40年代に供用。
  • バイパスながら信号機やカーブ・急勾配が多い
黒崎バイパス 国道3号

北九州市八幡東区~北九州市八幡西区

曽根バイパス 国道10号

北九州市小倉南区

  • 昭和60年開通
  • 九州自動車道小倉東IC・北九州高速1号線長野ランプに接続
本城バイパス 国道199号

北九州市若松区~北九州市八幡西区

  • 昭和53年開通
  • 若松区響灘地区へ向かうトラック等の大型車の交通量が多い。
直方バイパス 国道200号

北九州市八幡西区~直方市下境

  • 北九州高速4号線金剛ランプに接続
  • 線形が高速道路と似ているためスピードが出やすい。
竹並バイパス 国道495号

北九州市若松区

  • 頓田~竹並間は平成17年度供用、竹並~蜑住間は現在整備中。

その他高規格道路・有料道路[編集]

道路名 管理者 備考
若戸大橋 北九州市道路公社
  • 戸畑区と若松区と繋ぐ橋。
  • 戸畑区側は北九州高速2号線と接続。
関門トンネル NEXCO西日本
  • 関門海峡を貫く国道2号トンネル
  • 歩行者専用トンネル有り。

関連項目[編集]