磐梯吾妻道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
福島県道70号標識
磐梯吾妻スカイライン (11月上旬 撮影)

磐梯吾妻道路(ばんだいあづまどうろ、通称 : 磐梯吾妻スカイライン)は、かつて福島県福島市にあった有料道路

福島県道路公社が管理する一般有料道路だったが、2013年に無料開放され、福島県道70号福島吾妻裏磐梯線の一部となっている。無料開放後も磐梯吾妻スカイラインの名称は通称として使われている。

概要[編集]

福島県福島市の高湯温泉から浄土平を経て土湯峠に至る。全長 28.7km。

東北地方の山岳観光有料道路の草分けとして1959年昭和34年)11月に開通。磐梯朝日国立公園の一部であり、吾妻連峰の東側山腹に沿って走る本格的な山岳観光道路で、日本の道100選にも選ばれている。有料道路時代の普通車の通行料金は1,570円だった。

11月中旬から翌年4月上旬までは冬期通行止が行われる。

料金徴収期間の満了に伴い、2013年平成25年)7月25日から恒久的に無料開放された[1]

歴史[編集]

有料道路時代の通行料金[編集]

  • 普通車 : 1,570円
  • 大型車 (I) : 2,410円
  • 大型車 (II) : 5,570円
  • 軽自動車等 : 1,150円
  • 軽車両等 : 150円

道路施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]