大分南バイパス (国道10号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般国道
国道10号標識
大分南バイパス
国道10号バイパス
路線延長 3.86 km
開通年 1986年 - 1996年
起点 大分県大分市片島
終点 大分県大分市中判田
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
大分南バイパス(中判田付近)

大分南バイパス(おおいたみなみバイパス)は、大分県大分市片島から同市中判田に至る、全長3.86kmの国道10号バイパスである。

大分市南部のベッドタウン化によって渋滞の激しい国道10号の混雑緩和のために整備されたバイパスで、起点の片島で市街地方向へ向かう大分県道56号中判田下郡線に接続する。また、起点では同名の国道197号大分南バイパスにも接続しており、2002年に開催された2002 FIFAワールドカップの際には大分県南部などから大分スポーツ公園総合競技場へのアクセス道路にもなった。

概要[編集]

  • 起点:大分県大分市片島
  • 終点:大分県大分市中判田
  • 全長:3.86km
  • 車線数:4車線

沿革[編集]

主な接続道路[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]