大分県道・福岡県道113号中津豊前線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
大分県道113号標識
福岡県道113号標識

大分県道・福岡県道113号中津豊前線(おおいたけんどう・ふくおかけんどう113ごう なかつぶぜんせん)は、大分県中津市豊田と福岡県豊前市四郎丸を結ぶ県道である。

概要[編集]

福岡県側は全線2車線である。大分県側は全線4車線となる。

路線データ[編集]

  • 実延長:9.4km(うち福岡県内区間は8.245km、大分県内区間は1.191km)
  • 起点:大分県中津市豊田(国道212号・国道213号交点)
  • 終点:福岡県豊前市四郎丸(国道10号交点)

歴史[編集]

国道10号の区域変更の当初は、終点から吉富町広津までが福岡県道113号となり、この時点では大分県側は未だ国道10号であった。

2004年(平成16年)7月、中津市内の国道10号が国道213号の単独指定に変更された折、残存区間が大分県道113号となった。

2006年(平成18年)8月現在、豊前・中津の両県土木事務所が管轄している実延長区間は、あわせて9.4kmとなっている。

路線状況[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 福岡県
    • 豊前市
    • 築上郡吉富町
  • 大分県
    • 中津市

交差する道路[編集]

沿線の施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]