大分県立中津南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大分県立中津南高等学校
過去の名称 中津尋常中学校
大分県尋常中学校中津分校
大分県中津尋常中学校
大分県中津中学校
大分県立中津中学校
大分県立中津第一高等学校
大分県立中津西高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県
学区 大分県全域および福岡県の築上東中学校区と吉富中学校
校訓 礼儀・誠実・進取・向上
設立年月日 1893年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
所在地 871-0043
大分県中津市高畑2093
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立中津南高等学校(おおいたけんりつなかつみなみこうとうがっこう)は、大分県中津市にある県立の高等学校。

設置学科[編集]

概要[編集]

県内では大分上野丘高等学校に次いで二番目に古い高等学校である。所在地は大分県最北(県最北にあるのに「南」高校なのは大分県立中津西高等学校時代の南校舎が母体となっているため)で、近くにある山国川の向こうは福岡県である。

沿革[編集]

中津市出身である福澤諭吉が『学問のススメ』を出版した明治時代、大分県でも教育に対する関心が高まっていた。1893年(明治26年)9月に私立のかたちで中津尋常中学校が建設され、1894年(明治27年)には大分県尋常中学校の分校となった。

第二次世界大戦後、新学制により、中津市内の旧中学校と旧高等女学校を統合し大分県立中津第一高等学校となり、1951年(昭和26年)には、学校名を大分県立中津西高等学校と改名。間もなく受験志望生が増え、大分県立中津北高等学校大分県立中津南高等学校に組織・校舎が分割された。

分割後も1961年(昭和36年)までは、南北2校による合同選抜が実施されていた。合同選抜廃止後は中津北高と進学実績を競い、「南北戦争」と呼ばれ、大分県北部の進学校としての歩みを進めていく。 中津北との分割という経緯もあって、現在でも両校では南北合同での球技大会が開催されている。(近年まで隔年開催であったが、両校の生徒会の努力もあり、毎年開催になった。)

年表[編集]

  • 1893年 - 中津尋常中学校(私立)建設
  • 1894年 - 大分尋常中学校の分校となり現在地に新築
  • 1900年 - 大分県立中津中学校と改称
  • 1934年 - 図書館落成
  • 1943年 - 創立50周年。木造体育館完成
  • 1948年 - 新学制により大分県立中津第一高等学校になる。定時制を設置、柿坂・跡田に分校を設置。旧中学を第一部、旧高女を第二部と称する
  • 1949年 - 男女共学となり旧中学を南校舎、旧高女を北校舎と称する
  • 1951年 - 大分県立中津西高等学校と改称
  • 1953年 - 南(旧中学)北(旧高女)校舎をそれぞれ分離独立、大分県立中津南高等学校と改称
  • 1959年 - 創立70周年。弓道場落成
  • 1961年 - 北館、宿直室、小使室が焼失
  • 1965年 - 下毛分校が独立、大分県立耶馬渓高等学校となる
  • 1966年 - 創立70周年記。体育館落成
  • 1993年 - 創立100周年記念式典
  • 2003年 - 創立110周年。庭園完成
  • 2007年4月 - 大分県立耶馬渓高等学校が分校として統合され、大分県立中津南高等学校耶馬渓校となる
  • 2007年6月 - 体育館工事開始。
  • 2007年8月 - 体育館工事終了。

教育方針[編集]

伝統ある地域の進学校としての、期待と信頼に応える、活力ある学校。

  1. 指導力の向上、生徒の自学力の育成に努め、生徒の学力向上を図る。
  2. 3年間を見通した進路指導の徹底と研究。
  3. 基本的生活習慣と規範意識を確立した、心豊かで、心身共に逞しい生徒の育成を目指す。各種行事や部活動への積極的参加を奨励。
  4. 人権教育を推進・徹底し、差別やいじめを解消し、思いやりの精神を体得できるよう指導。
  5. 地域との連携を深め、信頼される運営に努める。

進学実績[編集]

基本的に国公立を目指したカリキュラムのため毎年、学年200名のうち80名以上が国公立大学に進学する。

学校生活[編集]

授業は月 - 水、金曜日が0 - 7限まである(50分授業)。木曜日は0 - 6限まで(50分授業)。0限は7時50分から40分間行われている。基本的に問題演習が行われているが、教科によっては普通の授業が行われる場合もある。また、隔週で土曜講座が行われている(1年は国語、数学、英語。2年から地歴、理科が入る。各70分3時限。)。ここでは、主に模試対策や復習が行われている。

毎月行われる服装頭髪検査は厳しく、男子は髪は耳、眉毛に掛かっては駄目、制服のズボンの裾が地面については駄目で、女子は髪は肩の長さまで(長い場合は結んでおく)、スカートは膝に掛かっていなくてはいけない。男女共通なのは爪の長さ(指からでない)と靴下の色(白のみ)である。

携帯電話は持ち込み禁止で、見つかった場合は没収であるが、2014年度より許可制となった。なお、校内での使用は原則禁止となっており、没収した携帯電話の処分は教師に一任されている。(通常は一週間没収)

近年、エアコンが全教室に設置されたが、使用は制限されている(室内の温度で点けるか否かが決まること、午前中のみのことが多いなど)。

また例年四月に新入生を対象に教育合宿というものが行われ、予習復習の方法、集団行動(5分前行動など)など南高生としての基礎を学ぶ。

その他には大分県立中津北高等学校と球技大会が行われている(通称:南北球技大会)。近年まで隔年開催だったが、両校の生徒会の努力により毎年開催になった。開催校は南と北が年度交代である。種目はソフトボール、バレーボール、卓球、テニス等。

開扇祭(かいせんさい)[編集]

いわゆる文化祭であり、文化の部体育の部に分かれている。また、一般公開の年と卒業生や保護者のみ見学できる制限公開の年がある。「開扇祭」の名前の由来は校歌の歌詞からである。

  • 文化の部 - 1、2年は展示物、3年は売店(主に食べ物を扱う)をするのが通例となっている。体育館では各文化部の発表や、有志発表(ダンス、カラオケなど)、バンドなどが2日間にわたって催される。
  • 体育の部 - 開扇祭3日目に行われる、いわゆる「体育祭」。一時期色別対抗となったが、学年対抗で行われている。体育祭では一般的な競技に加えて、1、2年男子は柔道体操、1、2年女子は盆ダンスというものをする。

年間学校行事[編集]

  • 4月 - 始業式、入学式、オリエンテーション、一年生教育合宿、歓迎遠足、生徒会立会演説会
  • 5月 - 校内除草作業
  • 6月 - 高校県体、進路講演会
  • 7月 - 卒業生懇談会 南北球技大会
  • 8月 - 校内除草作業
  • 9月 - 開扇祭
  • 10月 - 立会演説会、中学生体験入学、生徒総会、台覧記念相撲大会
  • 11月 - 福澤諭吉記念弁論大会
  • 12月 - 修学旅行
  • 1月 - カルタ大会
  • 3月 - 卒業式、修了式、離任式

生徒会活動・部活動[編集]

バスケットボール部は県内有数の強豪校。 かるた部は創立わずか2年の間に個人、団体ともに全国大会優勝を経験した。

文化部 
茶道、書道、吹奏楽、ESS、JRC、演劇、科学、郷土史、音楽、新聞、美術、文芸、弁論、放送
運動部 
空手道、弓道、剣道、サッカー、柔道、バスケットボール、野球、陸上、テニス、卓球
同好会 
囲碁将棋、かるた、バレーボール

成績[編集]

  • 女子バレー - 1972年、第3回全国選抜高校バレーボール大会で全国優勝
  • かるた
    • 2005年、第27回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会で個人戦A級全国優勝
    • 2006年、第28回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会で団体優勝

交通[編集]

著名な関係者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]