島根県立益田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
島根県立益田高等学校
過去の名称 益田町立女子技芸学校
島根県益田実科高等女学校
島根県益田高等女学校
島根県立益田高等女学校
島根県立益田高等実業女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 島根県の旗 島根県
設立年月日 1912年
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
学期 2学期制
高校コード 32127D
所在地 698-0017
島根県益田市七尾町1-17
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

島根県立益田高等学校(しまねけんりつますだこうとうがっこう, Shimane Prefectural Masuda High School)は、島根県益田市にある公立の高等学校。通称「益高」(ますこう)。

概要[編集]

歴史
1912年明治45年)に開校した「益田町立女子技芸学校」を前身とする。高等女学校を経て、1948年昭和23年)に新制高等学校「島根県立益田高等学校」となった。2012年平成24年)に創立100周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
教育目標
「知性に富み、心身共に健やかで、自らの力で未来を切り拓く生徒を育てる。」
教育方針
  • 生徒一人ひとりの確かな学力を定着させ伸長させる。
  • 生徒一人ひとりの社会人としての資質を育てる。
  • 生徒一人ひとりの進路目標を確立させ、その実現を支援する。
校章
1953年(昭和28年)大塚均[1]が「高」の字を益田市の市章にちなんで図案化した。スクールカラーは古代紫。
校歌
1954年(昭和29年)に制定。作詞は佐藤春夫、作曲は信時潔による。歌詞は2番まであり、校名は歌詞に登場しない。
附属施設
  • いわみの記念館 : 〒698-0017 島根県益田市七尾町1-18
  • 寄宿舎(七尾寮) : 〒698-0016 島根県益田市土井町1-14

沿革[編集]

技芸学校・高等女学校時代
  • 1912年(明治45年)4月1日 - 益田尋常高等小学校(現・益田市立益田小学校)に「益田町立女子技芸学校」が併設される。
  • 1923年大正12年)4月9日 - 「益田町立島根県益田実科高等女学校」の設置が認可される。
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 「益田町立島根県益田高等女学校」と改称(校名から「実科」を除く)。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 県立移管により、実業学校令に基づく「島根県立益田高等実業女学校」となる。
    • 益田高等女学校は生徒募集を停止し、在校生の卒業と同時に廃止される。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 「島根県立益田高等女学校」()が発足。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 高等女学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設(名称:島根県立益田高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)し、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校に在籍し、4・5年生となる(4年で卒業することもできた)。
新制高等学校

部活動[編集]

運動部
文化部
専門委員会

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時、島根県立津和野高等学校図工科の教諭で、その後郵政省郵便局切手室に技芸官として勤務。
  2. ^ 試合中(攻撃時)に「4アウトでチェンジ」という前代未聞の事態が発生した(第4アウト参照)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]