楠木早紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠木 早紀(くすのき さき、1989年5月8日 - )は日本の競技かるた選手(六段)[1]大分県中津市出身。もともとの所属は大分県かるた協会。ただし、現在は、九州かるた協会の選手として大会に出場。

来歴[編集]

2005年1月8日滋賀県大津市近江神宮で開催された第49期クイーン位決定戦に中津市立緑ヶ丘中学校の3年時に出場。荒川裕理(六段・当時)を破り史上最年少の15歳でクイーンとなる。[2]。その後、連覇を続けた楠木は立命館大学産業社会学部に進学。1回生として在学中の2009年1月10日に行われた第53期クイーン位決定戦で勝利。5連覇を達成すると共に史上最年少で3人目の永世クイーンとなる[3]。その後も連覇は途絶えることなく、2013年1月の大会で9連覇を達成[4]。近江神宮のWeb版では史上最年少クイーン獲得と、それ以降の活躍をもって「鮮やかに楠木時代の到来を告げた」と評される[5]福岡教育大学教職大学院修了後、福岡県にて小学校教諭として勤務。2014年1月11日、第58期クイーン位決定戦で10連覇を達成した[6]。同年9月、第59期クイーン位決定戦への出場辞退を承認された。[7]

著書[編集]

  • 瞬間の記憶力 競技かるたクイーンのメンタル術(PHP新書2012年

脚注[編集]

  1. ^ 競技かるた名人戦・クイーン戦出場選手 NHK大津放送局 (2012-01). 2012年1月12日閲覧。
  2. ^ 市報なかつ 2005年2月15日号p8 市報なかつ (2005-02-15). 2012年1月12日閲覧。
  3. ^ 子どもたちの手本となるような クイーンで在り続けたい 立命館大学| RW Web | 輝いています ときの人#130 (2009-01-30). 2012年1月12日閲覧。
  4. ^ 楠木さんクイーンV9 読売web版 (2013-01-05). 2013年1月05日閲覧。
  5. ^ 近江神宮 かるた名人位・クィーン位決定戦 近江神宮Web版。2012年1月12日閲覧。
  6. ^ かるたクイーン10連覇 福岡の大学院生、楠木さん
  7. ^ 楠木クイーンのクイーン戦出場辞退について一般社団法人全日本かるた協会

外部リンク[編集]