福岡県立青豊高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県立青豊高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡県の旗 福岡県
校訓 賢く、優しく、逞しく
設立年月日 2002年11月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
高校コード 40222C
所在地 828-0051
福岡県豊前市青豊3番地1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
福岡県立青豊高等学校の位置(福岡県内)
福岡県立青豊高等学校

福岡県立青豊高等学校(ふくおかけんりつせいほうこうとうがっこう, 英語: Fukuoka Prefectural Seihou High School)は、福岡県豊前市青豊3番地1にある男女共学公立高等学校である。

概要[編集]

2002年京築地域で初めての総合学科高校として設置。開校当初は老朽化の進んでいた築上中部高校の校舎を利用していたが、2005年には新校舎が完成したため現在は新校舎を利用している。募集定員は320人で8クラス編成である。

県下一の広さのグラウンドがあり、設備が整っている。書道部が全国大会1位になるなどの実績がある。高等学校にしては珍しく、ゴルフ部が存在する。硬式野球部は大分県の柳ヶ浦明豊で実績を残した大悟法久志監督を2010年に招聘(2011年に急逝)。

朝課外が毎日7時30分から45分間あり、全学年出席しなければならない。また、放課後課外も存在するが、希望制である。

校則が厳しく、違反をした者は「マナー違反カード」というのを貰い、保護者のサインを貰ってから登校する。違反回数が12回を超えると、停学となる。統合当初はかなり素行が悪かったが、学校改革等によって、現在は改善されている。

開校当初は、体育館とグラウンドと食堂が完成しておらず定員割れをしていたが、今では全て完成しており、年々倍率は増えている。

沿革[編集]

福岡県立築上中部高等学校(市内)、福岡県立築上北高等学校(旧・福岡県立築上農業高等学校)(市内)、福岡県立築上東高等学校(上毛町)が統廃合して開校。

  • 2002年(平成14年)11月1日 - 福岡県立青豊高等学校を設置。
  • 2003年(平成15年)11月1日 - 創立1周年記念式典。
  • 2005年(平成17年)4月 - 新校舎に移転。

校名の由来[編集]

青豊の「青」は、故郷の山や海、そして空の青さと未来への希望に満ちた青春の青をイメージし、古来、太陽の昇る東の方向を表すこと、当校が福岡県東部に位置することを意味する。「豊」は、「豊の国」を表すと共に、豊かな人間性を養い、将来の目標や夢に向かって邁進していく事を表す[1]

学科[編集]

  • 総合学科
    • 人文科学系列
    • 自然科学系列
    • ビジネス系列
    • グリーン・ライフ系列
    • 福祉サービス系列
    • 地域文化系列

校訓[編集]

『賢く、優しく、逞しく』

校歌[編集]

通常ならば、作詞家、作曲家に依頼するが、生徒が歌詞を作り、教諭が作曲している。

部活動[編集]

運動部


文化部

通学区域[編集]

福岡県全域から受験が可能であるが、豊前市内を中心に周辺の京築地域から通学する生徒が多い。

交通アクセス[編集]

家から学校までの距離が1km以上の生徒には自転車通学が許可されている。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]