新富バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道10号標識
新富バイパス
国道10号バイパス
路線延長 4.8 km
起点 宮崎県児湯郡新富町
終点 宮崎県宮崎市佐土原町
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

新富バイパス(しんとみバイパス)は、宮崎県児湯郡新富町から宮崎市佐土原町に至る全長約5kmの国道10号バイパスである。

起点から三納代交差点までの0.7 kmのみが対面通行供用となっているが、その他の区間は4車線化されている[1][2]

概要[編集]

  • 起点 宮崎県児湯郡新富町日置
  • 終点 宮崎県宮崎市佐土原町下田島
  • 全長 4.8km
  • 道路幅員 25.0m
  • 車線数 暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員 3.5m

沿革[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 国道10号新富バイパス 田中地区 4車線化のお知らせ (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 (2018年2月16日). 2018年2月16日閲覧。
  2. ^ a b 平成25年度予算を踏まえた道路事業の開通見通しについて Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.(PDF) - 国土交通省 九州地方整備局 記者発表資料
  3. ^ 国道10号新富バイパス 日向大橋区間 4車線化のお知らせ (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 (2017年12月22日). 2017年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]