大隅縦貫道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地域高規格道路

Osumi Jukan Road sign.svg

大隅縦貫道
路線延長 50km(予定)
制定年 1994年
開通年 2014年12月21日[1]
起点 鹿児島県鹿屋市串良町細山田字山之上5690番1地先
終点 鹿児島県肝属郡南大隅町
接続する
主な道路
記法
E78 東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0269.svg国道269号
Japanese National Route Sign 0220.svg国道220号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
大隅縦貫道・細山田IC付近(鹿屋市街地方面)

大隅縦貫道(おおすみじゅうかんどう)は鹿児島県鹿屋市を起点とし肝属郡南大隅町に至る延長約50kmの地域高規格道路である。

概要[編集]

1994年12月16日候補路線に指定され、このうち鹿屋市から錦江町までの区間が大隅縦貫道(1期)として1998年6月計画路線に指定された。

東九州自動車道鹿屋串良JCTから国道220号鹿屋バイパスまでが整備区間に指定され、一般県道串良鹿屋道路(延長6.1km)として2014年12月21日15時に開通した[1]。鹿屋串良JCT - 東原IC(国道269号交点)間は鹿児島県道552号鹿屋串良インター線に、東原IC - 笠之原IC(国道220号鹿屋バイパス交点間)は鹿児島県道550号鹿屋環状線の一部としてそれぞれ認定されているが、県道路線としてはいずれも鹿屋市街地寄りの南側が起点、鹿屋串良JCT寄りの北側が終点とされている。

また整備区間以南の一部区間でも、将来事業化されることを見越したと思しき改良工事が行われている。

沿革[編集]

  • 1994年平成6年)12月16日 - 候補路線に指定される。
  • 1998年(平成10年)6月 - 鹿屋市から錦江町(当時は田代町)までの区間が計画路線に指定される。
  • 2000年(平成12年) - 串良鹿屋道路のうち、鹿屋串良JCT-東原IC間が事業化される[2]
  • 2005年(平成17年) - 串良鹿屋道路のうち、東原IC-笠之原IC間が事業化される[3]
  • 2014年(平成26年)12月9日 - 鹿児島県告示により、大隅縦貫道(串良鹿屋道路)に相当する道路の区域が指定され、同時に側道に相当する区間の供用も開始される[4]
  • 2014年(平成26年)12月16日 - 鹿児島県告示により、大隅縦貫道(串良鹿屋道路)に相当する区間が自動車専用道路に指定される[5]
  • 2014年(平成26年)12月21日 - 串良鹿屋道路 鹿屋串良JCT-笠之原IC間開通に伴い供用開始[6]
  • 2015年平成27年) - 鹿屋市吾平町下名から同市吾平町上名までの区間が吾平道路として事業化される[7]

各事業区間[編集]

串良鹿屋道路[編集]

串良鹿屋道路は、東九州自動車道鹿屋串良JCTから国道220号鹿屋バイパスまでを結ぶ、全延長6.1kmの自動車専用道路である。2014年12月21日に全線開通した。

吾平道路[編集]

吾平道路は、鹿児島県鹿屋市吾平町下名から同市吾平町上名までを結ぶ、全延長4kmの道路である。2015年に事業化された[7]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が開通済みの区間を示している。又、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用開始されていない、又は完成していない事を示す。なお、未供用区間の名称は仮称である。
IC番号 施設名 接続路線名 起点
から
備考 所在地
37 鹿屋串良JCT E78 東九州自動車道 0.0 鹿屋市
細山田IC
東原IC 国道269号 3.9
笠之原IC 国道220号鹿屋バイパス 6.1
南大隅町方面 計画路線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東九州自動車道(鹿屋串良JCT~曽於弥五郎IC),大隅縦貫道(串良鹿屋道路)開通日時及び開通式典のお知らせ (PDF) 大隅河川国道事務所、2014年12月15日。
  2. ^ 再評価結果(平成22年度事業継続箇所) (PDF) - 国土交通省。串良鹿屋道路のうち、一般県道鹿屋串良インター線部分(鹿屋串良JCT-東原IC間)の平成21年度再評価(平成22年度予算)結果
  3. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所) (PDF) - 国土交通省。串良鹿屋道路のうち、一般県道鹿屋環状線部分(東原IC-笠之原IC間)の平成23年度再評価(平成24年度予算)結果
  4. ^ 鹿児島県総務部学事法制課『鹿児島県公報 (PDF) 』鹿児島県、第3067号、2014年12月9日。平成26年鹿児島県告示第1127号・第1128号による。
  5. ^ 鹿児島県総務部学事法制課『鹿児島県公報 (PDF) 』鹿児島県、第3069号、2014年12月16日。平成26年鹿児島県告示第1144号・1145号による。
  6. ^ 鹿児島県総務部学事法制課『鹿児島県公報 (PDF) 』鹿児島県、第3070号、2014年12月19日。平成26年鹿児島県告示第1167号による。
  7. ^ a b 新規事業採択時評価結果(平成27年度新規事業化箇所) 大隅縦貫道1期 主要地方鹿屋吾平佐多線 吾平道路 (PDF) - 国土交通省道路局、2015年4月27日閲覧。

関連項目[編集]