宮崎県道377号内海加江田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
宮崎県道377号標識
宮崎県道377号内海加江田線
制定年 2006年
起点 宮崎市大字内海
終点 宮崎市大字加江田
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
堀切峠

宮崎県道377号内海加江田線(みやざきけんどう377ごう うちうみかえだせん)は、宮崎県宮崎市大字内海から同市大字加江田に至る一般県道である。 2005年に国道220号青島バイパスが開通し、翌年旧道が県道となった。2015年4月1日に国道220号堀切峠トンネルの旧道に相当する区間(堀切峠・道の駅フェニックス周辺)が移管された。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点-宮崎市大字内海
  • 終点-宮崎市大字加江田

歴史[編集]

  • 2005年12月23日 - 国道220号青島バイパスが開通。
  • 2006年3月31日 - 青島バイパスの旧道に相当する区間が、宮崎県告示第208号[1]により路線認定される。
  • 2008年3月23日 - 国道220号堀切峠トンネルが開通[2]
  • 2015年4月1日 - 堀切峠トンネルの旧道に相当する区間(起点・宮崎市大字内海字町1146番地先 - 宮崎市大字折生迫字藤河内5784番2地先、2736.1メートル)が移管される[3]。宮崎県側の区域決定は2日前の3月30日付で行われている[4]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 宮崎県
    • 宮崎市

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]