国道401号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道401号標識

国道401号
総延長 190.9 km
実延長 87.1 km
現道 87.1 km
制定年 1982年指定
起点 福島県会津若松市
北柳原交差点(地図
主な
経由都市
福島県大沼郡昭和村南会津郡桧枝岐村
群馬県利根郡片品村
終点 群馬県沼田市
下川田町交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号
Japanese National Route Sign 0118.svg国道118号
Japanese National Route Sign 0400.svg国道400号
Japanese National Route Sign 0289.svg国道289号
Japanese National Route Sign 0352.svg国道352号
Japanese National Route Sign 0120.svg国道120号
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
高田橋(福島県会津若松市)
福島県会津美里町字谷地前付近
尾瀬大橋(群馬県片品村)
沼田市・下川田町交差点
(終点、2015年9月)
↑方向(奥・新鷺石橋)が国道120号・国道291号・国道401号、↘方向(手前)が国道145号、←方向が国道17号、→方向が国道17号・国道291号である。

国道401号(こくどう401ごう)は、福島県会津若松市から群馬県沼田市に至る一般国道である。

概要[編集]

本国道は、会津若松市国道49号交点から福島県桧枝岐村群馬県片品村を経由しながら南西方向に進み、沼田市国道17号交点までを結ぶ路線である。途中、桧枝岐村 - 片品村間は延長23.6 kmの未開通(分断)区間となっており、区間には尾瀬の高原が広がっている。国道401号分断区間の群馬側末端が利根郡片品村大字戸倉にある大清水まで、福島県側は南会津郡檜枝岐村にある国道352号重複線上の福島県道1号沼田檜枝岐線分岐点にある[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

会津若松市から会津美里町高田地内までは明治時代前半、三島通庸県令の会津三方道路整備から外れたこの区間を、柳津町軽井沢銀山と会津若松市を結ぶ「銀山新道」として整備した歴史を持つ。

年表[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 会津沼田街道
    会津沼田街道は会津若松と沼田を結ぶ江戸時代までの街道である。会津側では沼田街道、沼田側では会津街道と呼ばれるほか、南会津郡辺りでは伊北街道と呼ばれた。越後街道の気多宮から只見川伊南川沿いに檜枝岐に達し、沼山峠を越えて国境の尾瀬沼に達する。尾瀬沼からは三平峠を越えて片品川沿いに沼田に達する。会津若松-檜枝岐の経由地は国道401号と異なる。会津からは米や酒、上州からは塩や油などが運ばれ、尾瀬沼の三平下辺りで中継されていた。沼田藩初代藩主の真田信之により整備がすすめられた。檜枝岐村の七入から沼山峠までの川沿いの区間はふくしま遊歩道50選に選ばれている。
  • 尾瀬往還
  • 中央通り(会津若松市)
  • 高田橋通り(会津若松市)
  • 白沢バイパス(南会津町白沢)
  • 土出戸倉バイパス(片品村)
  • 奥利根ゆけむり街道(片品村戸倉 - 沼田市利根町平川・平川交差点)
  • 日本ロマンチック街道(片品村鎌田・鎌田交差点 - 終点)
  • 椎坂バイパス(沼田市利根町大原 - 白沢町生枝)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

トンネル[編集]

  • 福島県
    • 松坂第1トンネル(会津美里町宮川 - 松坂)※第1〜4トンネルは各々がスノージェットで繋がっている
    • 松坂第2トンネル(会津美里町松坂)
    • 松坂第3トンネル(会津美里町松坂)
    • 松坂第4トンネル(会津美里町松坂)
    • 喰丸トンネル(昭和村小野原 - 喰丸 - 両原)
  • (未供用区間)
  • 群馬県
    • 椎坂利根トンネル(沼田市利根町園原)
    • 椎坂白沢トンネル(沼田市利根町園原 - 白沢町生枝)

未供用区間[編集]

  • 福島県檜枝岐村燧ケ岳・七入駐車場付近(国道352号交点) - 群馬県片品村戸倉・大清水小屋付近(群馬県道1号沼田檜枝岐線交点)
    環境省による尾瀬国立公園の中にある尾瀬を縦断する区間(国道352号交点 - 大清水小屋付近)は未開通区間となっており、国道指定はされておらず、代わりに群馬県と福島県が管理する群馬県道・福島県道1号沼田檜枝岐線がこの区間を結んでいる[1]。ただし、県道1号のこの区間は全線が一般車両進入禁止、または歩行者のみが通行できる木道となっている[1]。国道に指定される以前、尾瀬に計画されていた観光道路は、1970年代の環境庁時代に中止となっている[1]。このため、尾瀬を縦断する区間については、路線区間変更が指定されない限り、半永久的に開通することはない[1]

冬期閉鎖区間[編集]

  • 会津美里町宮川字牧場 - 同松坂字博士沢
  • 昭和村大字小野川字九久竜 - 同中ノ本田
  • 昭和村大字大芦字八反田 - 大同矢ノ原山
  • 南会津町界字木地道 - 同鹿水入
  • 片品村戸倉地内

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する河川[編集]

  • 福島県
    • 会津若松市
      • 湯川(大橋 : 南花畑/南町 - 錦町/表町)
      • 古川(馬橋 : 錦町/表町 - 館馬町/明和町)
      • 阿賀川(大川)高田橋 : 門田町大字飯寺 - 北会津町三本松)
      • 藤川(鶴沼橋 : 北会津町西後庵 - 会津美里町宮里)
    • 会津美里町
      • 宮川(宮川橋 : 宮里 - 宮里/外川原 - 高田村東など、5ヶ所で交差)※①宮川橋 : 宮里 - 宮里/外川原 - 高田村東、②藤江橋 : 西本 - 西尾、③西尾、④宮川、⑤胡桃橋 : 宮川
    • 昭和村
      • 滝谷川(小野川)
      • 野尻川(下向橋 : 佐倉)
      • 見沢川(大芦)
      • 輪ノ沢川(大芦)
      • 畑沢川(大芦)
    • 南会津町
      • 鹿水川(界、3ヶ所で交差)※①②③橋梁名称不明 : 界
      • 大桧沢川(山口)
      • 小屋川(山口)
      • 小滝川(殿小路橋 : 古町)
      • 白沢川(さくら橋 : 白沢)
      • 伊南川(倭橋 : 白沢 - 浜野など、12ヶ所で交差)※①倭橋 : 白沢 - 浜野、②内川 - 大原、③大原 - 内川、④内川 - 大原、⑤大原、⑥小立岩、⑦⑧⑨大桃、⑩檜枝岐村見通 - 高屋敷、⑪檜枝岐村見通 - 滝沢、⑫檜枝岐村大根卸 - 黒岩山
    • 檜枝岐村
      • 上米子川(黒岩山)
      • 伊南川(燧ケ岳)
  • (未供用区間)
  • 群馬県
    • 片品村
      • 片品川(戸倉大橋 : 戸倉など、3ヶ所で交差)※①戸倉大橋 : 戸倉、②尾瀬古仲橋 : 土出、③太田橋 : 越本
      • 小川(大滝調整池)(尾瀬大橋 : 鎌田)
      • 大立沢川(下平 - 沼田市利根町平川)
    • 沼田市
      • 泙川(利根町平川 - 利根町追貝)
      • 片品川(吹割大橋 : 利根町追貝 - 利根町高戸谷)
      • 白沢川(白沢町生枝 - 白沢町高平)
      • 利根川(新鷺石橋 : 戸鹿野町 - 終点)

交差する鉄道[編集]

  • 福島県
    • JR只見線会津鉄道会津線(日吉跨線橋[6] : 会津若松市対馬館町/門田町大字日吉 - 桜町/門田町大字日吉)※跨線橋により只見線と会津線をまたぐ
    • JR只見線(会津美里町権現宮 - 高田道上/御田)※踏切による平面交差
  • (未供用区間)
  • 群馬県
    • JR上越線(鷺石跨線橋 : 沼田市戸鹿野町)※跨線橋により上越線をまたぐ

[編集]

  • 福島県
    • 博士峠(標高1,070m、会津美里町松坂 - 昭和村小野川)
    • 喰丸峠(標高750m、昭和村喰丸)
    • 新鳥居峠(標高840m、昭和村大芦 - 南会津町界)
  • (未供用区間)
    • 沼山峠(標高1,784m、檜枝岐村燧ケ岳)
    • 三平峠(尾瀬峠)(標高1,760m、片品村戸倉)
  • 群馬県
    • 椎坂峠(標高740m、沼田市利根町園原 - 白沢町生枝)

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2006年3月20日に1町3村が合併して南会津郡南会津町発足。
  3. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令の最終改正日である2015年4月22日の政令(平成27年4月22日政令第219号)に基づく表記。
  5. ^ 昭和村佐倉にある国道400号と国道401号の交差地点から国道400号沿いに200mほど西進したところにある。
  6. ^ 南会津町山口にある国道289号と国道401号の交差地点から国道289号沿いに(山口トンネルを通過しながら)350mほど東進したところにある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 松波成行 2008, p. 73.
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2015年10月閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 22. 2016年11月6日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2015年10月閲覧。
  5. ^ 群馬県県土整備部道路管理課『道路台帳 27年4月1日現在』
  6. ^ 福島県道路公社「日吉跨線橋有料駐車場

参考文献[編集]

関連項目[編集]