この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

国道37号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

Japanese National Route Sign 0037.svg

国道37号
地図
Japan National Route 37 Map.png
総延長 84.4 km
実延長 84.3 km
現道 80.5 km
制定年 1952年
起点 北海道山越郡長万部町
旭浜交差点(地図
主な
経由都市
北海道伊達市
終点 北海道室蘭市
東町3丁目交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号
Japanese National Route Sign 0230.svg国道230号
Japanese National Route Sign 0453.svg国道453号
Japanese National Route Sign 0036.svg国道36号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道37号(こくどう37ごう)は、北海道山越郡長万部町から北海道室蘭市へ至る一般国道である。全線で道央自動車道と並走する。旧一級国道にしては珍しく、起点が郡部である(他には国道27号終点の京都府船井郡京丹波町や、国道31号起点広島県安芸郡海田町大正交差点の例がある)。また、北海道の旧一級国道の中で唯一全長100キロ未満の国道である。

概要

所管

  • 函館開発建設部
    • 八雲道路事務所:長万部町長万部(旭浜起点) - 長万部町静狩トンネル長万部町側坑口
  • 室蘭開発建設部
    • 有珠復旧事務所:長万部町静狩トンネル長万部町側坑口 - 伊達市長和町(長和町交点)
    • 室蘭道路事務所:伊達市長和町(長和町交点) - 室蘭市東町3丁目(東町3丁目終点)

路線状況

バイパス

別名

  • 静狩国道
  • 胆振国道

重複区間

国道230号の延長に伴い、他の国道との重複区間が起点という形になったが、本道は旧一級国道ということもあり、重複区間であっても国道番号の表示は行われている。

道路施設

主なトンネル

  • 静狩トンネル(400m)
  • 礼文華トンネル(1,331m)
  • 礼文トンネル(190m)
  • 大岸トンネル(256m)
  • 豊泉トンネル(300m)
  • 高岡第一トンネル(62m)
  • 高岡第二トンネル(80m)
  • 高岡第三トンネル(56m)
  • 豊浦トンネル(333m)
  • チャストンネル(230m)
  • クリヤトンネル(330m)

道の駅

地理

通過する自治体

接続路線

現道

渡島総合振興局

山越郡長万部町
  • 国道5号:長万部(旭浜交差点、起点)

後志総合振興局

寿都郡黒松内町

胆振総合振興局

虻田郡豊浦町
虻田郡洞爺湖町
伊達市
室蘭市

白鳥新道

胆振総合振興局

室蘭市
  • 北海道道127号室蘭インター線:陣屋町3丁目 → 道央自動車道室蘭IC
  • 北海道道699号室蘭港線:祝津町1丁目(終点、白鳥大橋交点)

主な峠

※上記2峠に記載された標高はトンネル位置(坑口)の標高である。

沿線

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b c d e f 2014年4月1日現在

出典

  1. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 4. 2016年10月10日閲覧。

関連項目

外部リンク