国道367号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道367号標識
国道367号
地図
総延長 70.5 km
実延長 59.6 km
現道 57.1 km
制定年 1975年昭和50年)
起点 京都府京都市下京区
烏丸五条交差点(北緯34度59分46.32秒 東経135度45分35秒 / 北緯34.9962000度 東経135.75972度 / 34.9962000; 135.75972 (烏丸五条交差点)
主な
経由都市
滋賀県高島市
終点 福井県三方上中郡若狭町
三宅交差点(北緯35度27分45.68秒 東経135度51分44.49秒 / 北緯35.4626889度 東経135.8623583度 / 35.4626889; 135.8623583 (三宅交差点)
接続する
主な道路
記法
国道1号標識 国道1号
国道8号標識 国道8号
国道9号標識 国道9号
国道24号標識 国道24号
国道477号標識 国道477号
国道303号標識 国道303号
国道27号標識 国道27号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道367号 起点
京都府京都市下京区
烏丸五条交差点

国道367号(こくどう367ごう)は、京都府京都市から滋賀県高島市を経由して、福井県三方上中郡若狭町に至る一般国道である。

概要[編集]

京都市左京区大原付近
(2020年10月撮影)

起点の京都市から、滋賀県大津市途中越花折峠を北へ進む。その後、高島市を経由し、途中の今津町保坂交差点より先は、国道303号と重複となり、終点の福井県三方上中郡若狭町に至る路線である。国道162号とともに、京都市と福井県を結ぶ主要道路のひとつとなっている。

近年は道路拡幅を中心とした改良が大津市葛川地区を中心に進んでいた。かつてのような狭隘箇所ほぼ解消し、毎年に京都市内で開催される各種駅伝大会[注釈 1] のコースの一部となっている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 2] に基づく起終点および経過地は次のとおり。 なお、政令上の終点は福井県遠敷郡上中町となっているが、合併に伴い、現在は福井県三方上中郡若狭町となっている。

路線状況[編集]

滋賀県高島市朽木
(2020年10月撮影)

バイパス[編集]

  • 八瀬バイパス
  • 葛川バイパス
  • 途中谷バイパス

通称[編集]

重複区間[編集]

  • 国道477号(京都府京都市左京区大原小出石町 - 滋賀県大津市伊香立途中町)
  • 国道303号(滋賀県高島市今津町・保坂交差点 - 福井県三方上中郡若狭町・三宅交差点(終点))

道路施設[編集]

橋梁[編集]

京都府
  • 北大路橋(鴨川(賀茂川)、京都市北区 - 京都市左京区)
  • 高野橋(高野川、京都市左京区下鴨東森ケ前町 - 同市同区高野西開町)
滋賀県
  • 中村大橋(大津市葛川木戸口町 - 同市葛川中村町)
  • 桑野橋(安曇川、高島市朽木大野)

トンネル[編集]

途中トンネル
大津市伊香立途中町
京都府
  • 八瀬トンネル(京都市左京区八瀬)
滋賀県
  • 途中トンネル(大津市伊香立途中町)
  • 花折トンネル(大津市伊香立途中町 - 大津市葛川坂下町)
  • 牛の鼻トンネル(大津市葛川坂下町)
  • 行者山トンネル(大津市葛川坂下町)
  • 坂下トンネル(大津市葛川坂下町)

道の駅[編集]

滋賀県
福井県
  • 若狭熊川宿(三方上中郡若狭町、国道303号との重複区間)

地理[編集]

大津市伊香立途中町 途中越付近(2013年9月

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

国道303号との分岐
滋賀県大津市今津町、保坂交差点

通過する主な峠[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 全国高校駅伝(男女とも)および都道府県対抗女子駅伝
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ 2005年3月31日 - 三方郡三方町・遠敷郡上中町が合併し、三方上中郡若狭町が発足。
  4. ^ 2005年1月1日にマキノ町朽木村安曇川町高島町新旭町と合併し、高島市発足。
  5. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]