国道420号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道420号標識
国道420号
地図
総延長 66.1 km
実延長 29.9 km
現道 29.9 km
制定年 1982年昭和57年)
起点 愛知県豊田市
挙母町1丁目北交差点(北緯35度5分1.97秒 東経137度9分39.69秒 / 北緯35.0838806度 東経137.1610250度 / 35.0838806; 137.1610250 (挙母町1丁目北交差点)
主な
経由都市
愛知県北設楽郡設楽町
終点 愛知県新城市
有海交差点(北緯34度55分31.22秒 東経137度33分4.92秒 / 北緯34.9253389度 東経137.5513667度 / 34.9253389; 137.5513667 (有海交差点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0153.svg 国道153号
Japanese National Route Sign 0419.svg 国道419号
Japanese National Route Sign 0473.svg 国道473号
Japanese National Route Sign 0257.svg 国道257号
Japanese National Route Sign 0151.svg国道151号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道420号(こくどう420ごう)は、愛知県豊田市から新城市に至る一般国道である。

概要[編集]

起点からの重複区間
国道153号からの分岐
愛知県豊田市 足助大橋西交差点

起点の豊田市から、国道153号との重複区間を経て、同市足助町にある香嵐渓付近を通過する。その後、足助大橋西交差点から単独路線区間が続くが、北設楽郡設楽町田峯の国道257号交点より先は、同路線との重複区間となり、終点の新城市に至る路線である。

単独路線区間のうち、北設楽郡設楽町の一部に狭路区間が残るが、その他の区間は片側1車線の道路が確保されている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

国道473号との重複区間<br />北設楽郡設楽町田峯
(2014年12月)

別名[編集]

バイパス[編集]

  • 段戸バイパス(新段戸トンネル)
2001年平成13年)11月22日開通。新段戸トンネルの開通により旧道部分が廃道となったことに伴い、旧トンネルは埋め立てられた。

重複区間[編集]

  • 国道419号(豊田市(起点) - 陣中町1丁目北交差点)
  • 国道153号(豊田市(起点) - 豊田市足助町・足助大橋西交差点)
  • 国道473号(豊田市阿蔵町 - 設楽町田峯)
  • 国道257号(設楽町田峯 - 新城市・有海交差点)

地理[編集]

愛知県豊田市阿蔵町
(2019年10月)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2005年4月1日豊田市へ編入。
  3. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 豊田加茂建設事務所管内図(平成24年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]