国道318号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道318号標識
国道318号
地図
総延長 43.7 km
実延長 23.7 km
現道 23.7 km
制定年 1970年昭和45年)
起点 徳島県徳島市
徳島本町交差点(北緯34度4分17.83秒 東経134度33分29.13秒 / 北緯34.0716194度 東経134.5580917度 / 34.0716194; 134.5580917 (徳島本町交差点)
主な
経由都市
徳島県吉野川市
終点 香川県東かがわ市
田高田交差点(北緯34度14分36.70秒 東経134度21分22.68秒 / 北緯34.2435278度 東経134.3563000度 / 34.2435278; 134.3563000 (田高田交差点)
接続する
主な道路
記法
国道192号標識 国道192号
国道377号標識 国道377号
国道11号標識 国道11号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道318号 起点
徳島県徳島市 徳島本町交差点
(国道192号 終点)
国道318号 終点
香川県東かがわ市 田高田交差点

国道318号(こくどう318ごう)は、徳島県徳島市から吉野川市を経由して香川県東かがわ市に至る一般国道である。

概要[編集]

国道192号(重複区間)との分岐
徳島県吉野川市鴨島町

起点の徳島県徳島市から、途中の吉野川市までは、国道192号との重複区間となり、その後北方向へ向きを変え、阿波市を経由して、終点の香川県東かがわ市に至る路線で、全線2車線が確保されている。かつては鵜の田尾峠徳島県土成町内に非常に狭隘な区間が存在したが、鵜の田尾トンネル開通や線形改良などにより、現在は解消された。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1] に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道438号国道439号(徳島県徳島市・徳島本町交差点(起点) - 徳島市・元町交差点)
  • 国道192号(徳島県徳島市・徳島本町交差点(起点) - 吉野川市鴨島町上下島
  • 国道377号(香川県東かがわ市西山交差点 - 東かがわ市・田高田交差点(終点))

道路施設[編集]

主なトンネル[編集]

  • 鵜の田尾トンネル(延長1,769 m、幅員8.0 m、1986年昭和61年)3月完成)

道の駅[編集]

地理[編集]

徳島県阿波市土成町
(2020年7月撮影)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2003年4月1日から東かがわ市の一部。
  2. ^ 2004年10月1日から吉野川市の一部。
  3. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年5月6日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月13日閲覧。
  4. ^ 昭和44年政令第280号(1969年12月4日公布、1970年4月1日施行)
  5. ^ 国道318号鵜の田尾トンネルの開通で県境を越えた交流が活発化”. 国土交通省四国地方整備局. 2012年10月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]