国道335号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道335号標識
国道335号
国後国道
地図
総延長 42.5 km
実延長 42.4 km
現道 42.4 km
制定年 1975年昭和50年)
起点 北海道目梨郡羅臼町北緯44度1分7.76秒 東経145度11分32.57秒 / 北緯44.0188222度 東経145.1923806度 / 44.0188222; 145.1923806
終点 北海道標津郡標津町北緯43度41分38.59秒 東経145度6分43.70秒 / 北緯43.6940528度 東経145.1121389度 / 43.6940528; 145.1121389
接続する
主な道路
記法
国道244号標識 国道244号
国道334号標識 国道334号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道335号(こくどう335ごう)は、北海道目梨郡羅臼町から標津郡標津町に至る一般国道である。

概要[編集]

知床半島根室海峡沿岸に位置する羅臼町本町の国道334号接続点から野付半島付近まで、全線にわたって根室海峡の海岸線に沿って南下し、標津町忠類で国道244号と接続する幹線道路である。

接続する国道334号は知床峠区間が冬期閉鎖されるため、この期間中は当路線が羅臼町外へ出る唯一の道路となる。

路線データ[編集]

起点の様子
国道335号 終点(標津町 国道244号交差点)

所管[編集]

歴史[編集]

  • 1975年昭和50年)4月1日 一般国道335号(北海道目梨郡羅臼町 - 北海道標津郡標津町)
    全線道道727号羅臼標津線からの昇格である。
  • 2015年平成27年)2月1日 - 2日にかけて道東地方を中心に爆弾低気圧が襲来した。この影響で猛吹雪、24時間降雪量が100 cmに達し1週間ほど通行止めとなった。

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 国後国道

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 薫別トンネル(北海道標津郡標津町:703.5 m)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

根室振興局

目梨郡羅臼町
標津郡標津町

主な峠[編集]

  • 羅臼峠(目梨郡羅臼町幌萌町)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]