国道493号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道493号標識
国道493号
総延長 112.6 km
実延長 049.5 km
現道 043.6 km
制定年 1993年平成5年)指定
起点 高知県高知市
県庁前交差点北緯33度33分29.24秒 東経133度31分56.00秒 / 北緯33.5581222度 東経133.5322222度 / 33.5581222; 133.5322222 (県庁前交差点(高知県))
主な
経由都市
高知県安芸郡奈半利町、安芸郡北川村
終点 高知県安芸郡東洋町
野根交差点(北緯33度30分5.72秒 東経134度16分4.61秒 / 北緯33.5015889度 東経134.2679472度 / 33.5015889; 134.2679472 (野根交差点)
接続する
主な道路
記法
国道55号標識 国道55号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道493号(こくどう493ごう)は、高知県高知市から安芸郡東洋町に至る一般国道である。

概要[編集]

1993年4月1日に国道制定施行された(前身は高知県道11号奈半利東洋線)。国道55号高知市から徳島市まで終始海岸線を走るのに対し、当路線は室戸岬をショートカットする形をとる。しかし、四郎ヶ野峠(安芸郡北川村・東洋町、地図)を代表とする山間部区間では未整備の狭隘な道が続くため、現況では速達ルートとしての効果はあまり望めない。なお、奈半利川沿いの道の一部はかつての魚梁瀬森林鉄道の路盤を舗装したものである。

地域高規格道路阿南安芸自動車道の一部(北川奈半利道路北川道路野根安倉道路)として芝崎IC(奈半利町芝崎) - 野根IC(東洋町野根で事業中)間で整備が進められている。

2003年3月1日、自動車専用道路北川奈半利道路の一部区間(安芸郡北川村内)が開通し、残りの区間も2010年8月20日に開通した[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2]に基づく起終点および経過地は次のとおり

工事概要[編集]

  • 2003年平成15年)3月1日 : 柏木IC - 野友IC(3.1 km)が開通。
  • 2020年令和2年)12月5日 : 2014年に大規模な地滑り被害に遭った安芸郡北川村小島の国道493号の復旧と改良のために高知県が整備を進めていた「小島トンネル」(913 m)が開通[5]

災害[編集]

  • 2011年(平成23年)7月19日 : 台風6号の豪雨による発生した土石流で北川村小島、平鍋、和田の3箇所が被災し仮復旧に約3カ月要した[6]
  • 2014年(平成26年)8月9日 : 台風11号の豪雨で高知県安芸郡北川村で3箇所で崩落が発生。北川村平鍋の集落が孤立[7]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道の駅[編集]

やす、大山どちらも国道55号重複線内。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

主な峠[編集]

  • 四郎ヶ野峠

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]