国道427号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道427号標識
国道427号
総延長 59.3 km
実延長 59.3 km
現道 59.3 km
海上区間 指定なし
制定年 1982年
起点 兵庫県明石市
和坂交差点(地図
主な
経由都市
兵庫県神戸市小野市西脇市
多可郡多可町丹波市
終点 兵庫県朝来市
大垣交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0175.svg国道175号
Japanese National Route Sign 0372.svg国道372号
Japanese National Route Sign 0175.svg国道175号
Japanese National Route Sign 0429.svg国道429号
Japanese National Route Sign 0483.svg国道483号(北近畿豊岡自動車道)

Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号

テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道427号 終点
兵庫県朝来市 大垣交差点

国道427号(こくどう427ごう)は、兵庫県明石市を起点とし兵庫県朝来市を終点とする一般国道

概要[編集]

西脇市以南の地域は国道175号との重複となっており、事実上は、西脇市と朝来市を結ぶ国道となっている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

国道175号(重複区間)との分岐
兵庫県西脇市上戸田

兵庫県明石市和坂交差点から同県西脇市上戸田交差点までは国道175号との重複であり、実質的な起点は西脇市である。播磨地方から丹波地方を縦断し、但馬地方まで至る国道である。[3]

別称[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

バイパス[編集]

  • 曽我井バイパス

兵庫県多可郡多可町中区曽我井から同区糀屋までの1.760kmの区間であり、当時の現道である当道が歩道かつ道路幅が狭いことで大型車の通行が困難であることかつ交通量の増加により、事業を開始し、整備が進められている。1999年度から2車線の歩道の道路の整備を開始し、2009年4月26日にそのうちの0.8kmが開通した。[5] [3]それまで使われていた道は多可町道に降格された。

地理[編集]

兵庫県多可郡多可町加美区
(2019年8月撮影)

通過する自治体[編集]

接続路線[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ ただし、和坂交差点から玉津ICまでは国道2号と重複するため、道路台帳では兵庫県神戸市(玉津インター交差点)が起点となっている(国道175号も同様)
  3. ^ 2006年3月20日、加東郡滝野町・東条町と合併し加東市となる
  4. ^ 2004年11月1日、氷上郡6町が合併して丹波市となる。
  5. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  6. ^ 兵庫県の募集によって付けられた、国道176号 - 県道青垣柏原線 - 国道427号の愛称[4]

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 24. 2017年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 北播磨県民局”. 兵庫県. 2013年7月14日閲覧。
  4. ^ 丹波の森街道”. 兵庫県 (2011年6月8日). 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ 曽我井バイパス供用開始(1期工区完成)”. 兵庫県. 2013年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]