山東町 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんとうちょう
山東町
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
山東町生野町朝来町和田山町朝来市
現在の自治体 朝来市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
朝来郡
団体コード 28623
面積 49.16km2
総人口 6,304
2005年3月1日推計人口
隣接自治体 丹波市生野町朝来町和田山町
京都府夜久野町
町の木 モクセイ
町の花 キク
山東町役場
所在地 669-5192
兵庫県朝来郡山東町楽音寺95
外部リンク 山東町の公式サイト
(2006年6月現在 消滅)
兵庫県山東町
 表示 ウィキプロジェクト

山東町(さんとうちょう)は、かつて兵庫県中部に存在した朝来郡。昔の但馬・丹波の国境にあたる。兵庫県但馬県民局管轄。

2005年4月1日に同郡朝来町和田山町生野町と合併して朝来市(あさごし)となったため消滅した。

地理[編集]

地理的には兵庫県の北東部にあたり、東側を京都府天田郡夜久野町丹波市と接する。北と西とは朝来郡和田山町と接し、南側では朝来郡朝来町、生野町と接している。 町の中央部で、国道9号線国道427号線とが交わる。山陰地方と丹波地方への街道となっている。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

  • 町長 水谷岩雄

経済[編集]

産業[編集]

  • 米作
  • 養蚕
  • 製糸業
  • 繊維産業 - グンゼ梁瀬工場をはじめ、協力工場が数多くある。

地域[編集]

山東町は、大きく下の三地区に分けることができる。

  • 梁瀬地区:町役場を中心とする地域で、人口的には最も多い。
  • 粟鹿地区
  • 与布土地区

教育[編集]

  • 町立与布土(よふど)小学校(現在は廃校)
  • 町立梁瀬小学校
  • 町立粟鹿(あわが)小学校(現在は廃校)
  • 町立梁瀬中学校
  • 県立南但馬自然学校(県内自然学校の中核施設)
  • 県立但馬やまびこの郷(不登校の児童生徒を対象とした宿泊体験施設)
  • 西宮市立山東自然の家(西宮市が経営する自然体験施設)

交通[編集]

京都市から延びた国道9号は、福知山市を通り夜久野峠夜久野町)を越えて兵庫県に入る。府県境を越えたところが山東町。なだらかな下り坂が続き、山陰本線と併走する。山陰本線のガードをくぐると、ほぼ山東町の中央部に出る。ここで、氷上郡青垣町(現在の丹波市)から遠阪峠を越えてきた国道427号と合流する。その後は、和田山町に向かう。

山東町は京都方面、山陰方面、丹波方面への要所で、一年中を通じて交通量が多い。特に、夏場と冬場には、帰省客や海水浴客、スキー客で混雑することが多い。町内のJR駅は、梁瀬駅のみ。

鉄道路線[編集]

  • 中心となる駅:梁瀬駅
  • 隣接市町村への連絡 和田山駅から姫路方面への連絡あり
  • 都道府県庁への連絡 いくつかのルートで行けるが、便利なのは以下の通り。
    • 山東町 → 播但連絡道路和田山IC → 姫路 → 神戸市
    • 山東町 → 遠阪峠 → 舞鶴道春日IC → 中国道 → 神戸市
    • 山東町 → 全但特急バス → 神戸市

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 粟鹿神社
  • 奥山渓谷・・・春の桜が有名。
  • よふど温泉
  • 迫間・柿坪の古墳群
  • 虎御前の慰霊碑(森地区)
  • ヒメハナ公園
  • 楽音寺(ウツギノヒメハナバチの生息地)
  • 粟鹿山登山 与布土ルートは、奥山渓谷から上り始める。

祭事・催事[編集]

  • 秋葉神社大祭/秋葉神社、桐葉寺 (4月17日
  • 放光院春の大祭/放光院 (4月第2土曜日)
  • 放光院秋の大祭/放光院 (9月21日
  • 粟鹿神社例祭/粟鹿神社 (10月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]