遠阪トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トンネル
遠阪トンネル
TOSAKA TUNNEL TOLL RORD
遠阪トンネル
路線延長 2.6 km
開通年 1977年
起点 丹波市
終点 朝来市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
遠阪トンネル料金所
遠阪トンネル料金所
遠阪トンネル料金所
所属路線 北近畿豊岡自動車道
料金所番号 01-149
起点からの距離 30.3km(春日JCT/IC起点)
遠阪ランプ (4.7km)
(1.2km) 山東IC
所属路線 遠阪トンネル有料道路
料金所番号 01-149
起点からの距離 4.7km(遠阪ランプ起点)
◄遠阪ランプ (4.7km)
(1.2km) 山東IC►
供用開始日 1977年(昭和52年)5月27日
通行台数 x台/日
所在地 669-5124
兵庫県朝来市山東町柴379-1
テンプレートを表示

遠阪トンネル(とおざかトンネル)は、兵庫県丹波市朝来市の間にある、兵庫県道路公社が管理・運営している有料道路である。2.6km(2,585m)がトンネル、道路延長は4.7kmとなっている。

概要[編集]

県道山東柏原線のうち、丹波地方但馬地方となる氷上郡青垣町遠阪(現丹波市青垣町遠阪)から朝来郡山東町柴(現朝来市山東町柴)にかけての遠阪峠は、急勾配ヘアピンカーブが多く、特に冬期は積雪路面凍結が多いため、交通の難所となっていたことから、これをトンネルによりバイパスすることが計画された。

  • 構造は2012年12月2日天井板の落下事故が起きた笹子トンネルと同様のつり下げ式天井トンネルになっていたが、[1][2]この事故を受け、2014年5~6月に天井板を撤去、新たに換気のためのジェットファンが設置された。[3][4]

1973年(昭和48年)に着工し、1977年(昭和52年)竣工、同年5月27日に開通した。

1982年(昭和57年)10月29日、県道西脇和田山線とともに国道427号に指定された。

1993年(平成5年)4月1日には国道483号国道427号との重複区間)に指定された。のじぎく兵庫国体に合わせて、氷上IC-和田山JCT・ICが2006年7月22日開通し、北近畿豊岡自動車道と一体化された。

このとき、高規格幹線道路である北近畿豊岡自動車道との安全な接続のため、遠阪トンネル有料道路も自動車専用道路とする必要があったことから、7月12日以前は利用可能であった小型自動二輪車(原付二種)は通行禁止となった(迂回路は遠阪峠)。 このとき、国道427号の指定が外され、自動車専用道路の国道483号となっている。

北近畿豊岡自動車道は無料であるが、遠阪トンネルのみ有料となっている。料金所は朝来市側の山東ICの付近にある。 従来は現金および回数券のみ利用可能であったが、氷上IC-和田山JCT・ICの開通に合わせてETCカードが利用可能となった。また、ETCレーンが建設され、ノンストップ化が実現されている。なお、その他のクレジットカードは利用できない。

料金[編集]

普通車 : 310 中型車 : 360円 大型車 : 510円 特大車 : 870円 軽自動車等 : 210円

周辺情報[編集]

丹波市
  • 高源寺
  • 丹波少年自然の家
  • パラグライダー・スクール
朝来市

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]