平成19年台風第14号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第14号(Lekima、レキマー)
カテゴリー1の タイフーンSSHWS
ベトナムへ接近する台風第14号 (10月3日)
ベトナムへ接近する台風第14号
(10月3日)
発生期間 2007年9月30日 9:00
10月4日 15:00
寿命 4日6時間
最低気圧 975hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60kt
最大風速
米海軍解析)
70kt
被害総額
被害地域 海南島フィリピンベトナムタイミャンマーマレーシア
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成19年台風第14号(へいせい19ねんたいふうだい14ごう、アジア名:レキマー〔Lekima、命名国:ベトナム、意味:果物の名前〕)は、2007年(平成19年)9月に発生し、ベトナムに上陸した台風である。発生当初から超大型であるという珍しい台風となった。

概要[編集]

被害・影響[編集]

ベトナムで台風の接近に備えて、数十万人規模の人が避難した。

解説[編集]

この台風は、発生当初の時点で強風域の直径が1,700kmであり、超大型の台風[注釈 1]に分類された[1]。発生当初の大きさでは、1977年以降の台風で最大であり、かつ超大型の台風に分類されたのはこの台風14号のみである[注釈 2]。しかし、その広大な雲域ゆえに中心付近では雲のまとまりを欠き、それほど発達することはなかった。

注釈[編集]

  1. ^ 風速15m/s以上の強風域の直径が、1600km以上の台風
  2. ^ 発生時点の大きさについて、2015年10月2日の時点で史上2番目の大きさの台風は強風域の直径が1500km(大型の台風に分類)の平成13年台風第4号平成27年台風第23号の2つである。

脚注[編集]

  1. ^ 杉江勇次 (2015年10月3日). “台風23号は“まれにみる発生時からの巨大な台風””. 2015年10月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]