平成30年台風第13号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第13号
(Shanshan、サンサン)
カテゴリー2の タイフーンSSHWS
スオミNPPによる衛星画像(8月7日)
スオミNPPによる衛星画像(8月7日)
発生期間 2018年8月3日 - 2018年8月10日
寿命 162時間
最低気圧 970hPa
最大風速
(日気象庁解析)
35m/s(70kt)
最大風速
米海軍解析)
90kt
被害総額 13.2万ドル
平均速度 19.7km/時
472km/日
移動距離 3426 km
死傷者数 -
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
台風の経路

平成30年台風第13号(へいせいさんじゅうねんたいふうだいじゅうさんごう、アジア名:サンサン/Shanshan、命名:香港、意味:少女の名前)は、2018年8月3日9時に発生し、関東地方に影響を及ぼしたのち同年8月10日3時に温帯低気圧に変わった台風。

概要[編集]

8月1日に形成した低圧部が2日に熱帯低気圧に発達した。 3日9時に沖ノ鳥島近海の北緯18度05分、東経150度55分で台風となり[1][2]、アジア名サンサンShanshan)と命名された。

4日頃には台風は「強い」勢力へと発達した。その後は8日に伊豆諸島から関東地方に接近し、関東東部を暴風域に巻き込みながら北上し、9日の朝に千葉県銚子市のすぐ東の海上を通過した。その後も台風は関東沖をゆっくりと北上[3]、同日夜に向きを北東に変えて三陸沖を進んだ。そして10日3時に日本の東の北緯41度、東経151度で温帯低気圧に変わった[4]

被害[編集]

関東地方では強風により、3名が負傷している。千葉県内の一部地域では最大瞬間風速が20m/s以上の地点もあった。これにより、関東地方の交通機関は大きな影響が出た。

進路・状態の経過[編集]

  • 8月1日 - 低圧部が形成。
  • 8月2日
  • 8月3日
    • 6時 - JTWCが熱帯低気圧番号17Wを付番。
    • 9時頃 - 南鳥島近海で台風となる。
  • 8月4日 - 「強い」台風に発達。
  • 8月8日 - 伊豆諸島に接近。
  • 8月9日朝頃 - 千葉県銚子市に最接近。
  • 8月10日3時頃 - 日本の東で温帯低気圧に変わる。

脚注[編集]

  1. ^ 台風13号「サンサン」が発生しました”. 日本気象協会 (2018年8月3日). 2018年8月3日閲覧。
  2. ^ 平成30年 台風第13号に関する情報”. 気象庁 (2018年8月3日). 2018年8月3日閲覧。
  3. ^ ノロノロ台風13号 茨城県沖を北上中 14号もゆっくり沖縄へ”. ハザードラボ (2018年8月9日). 2018年8月9日閲覧。
  4. ^ 台風13号 温帯低気圧になりました”. 日本気象協会 (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]