平成30年台風第24号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第24号
(Trami、チャーミー)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
ひまわり8号による衛星画像(9月25日)
ひまわり8号による衛星画像(9月25日)
発生期間 2018年9月21日 - 2018年10月1日[1]
寿命 234 時間
最低気圧 915 hPa[1]
最大風速
(日気象庁解析)
55 m/s (105kt)[1]
最大風速
米海軍解析)
140 kt
上陸地点 和歌山県田辺市付近
死傷者数 本文参照 死者4人 負傷者203人 行方不明者 2人
被害地域 マリアナ諸島台湾日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
台風の経路

平成30年台風第24号(へいせい30ねんたいふうだい24ごう、アジア名:チャーミー/Trami、命名:ベトナム、意味:バラ科の花の名前、フィリピン名:ペーン/Paeng)は、2018年9月21日に発生し、9月30日に日本に上陸した台風である。

台風の動き[編集]

9月18日にマリアナ諸島近海で形成した低圧部が、20日9時に熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は同日18時(協定世界時20日9時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、21日6時(協定世界時20日21時)に熱帯低気圧番号28Wを付番した。熱帯低気圧は21日15時、マリアナ諸島の北緯15.0度、東経143.7度で台風となり[1]、アジア名チャーミーTrami)と命名された。9月中に台風24号が発生するのは1994年以来24年ぶりである[2]。台風は23日18時(フィリピン標準時23日17時)にフィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の監視領域に進入したため、フィリピン名ペーンPaeng)と命名された。

台風は25日0時には猛烈な勢力に発達し[3]、フィリピンの東の海上で速度を落としつつ北上し、29日には南西諸島に最接近した。台風は久米島付近で北東に転向し、30日20時頃に中心気圧960hPa・最大風速40m/sの大型で強い勢力で和歌山県田辺市付近に上陸した[注 1][4][1]。台風は上陸後さらに速度を速め、10月1日9時に日本の東の北緯41.3度、東経144.2度で温帯低気圧に変わった[1]

気象状況[編集]

台風の接近により南西諸島や東日本の太平洋側を中心に記録的な暴風となり、全国55地点で最大瞬間風速が観測史上最大を記録した[5]。また紀伊半島を中心に高潮となり、過去最高潮位を超えた地点があった。九州・四国・東海などでは大雨となり、30日夜から1日未明にかけて愛知県静岡県山梨県で相次いで記録的短時間大雨情報が発表された。

最大瞬間風速[5]
鹿児島県与論町与論島):56.6m/s(9月29日23時10分)[6]
沖縄県南城市(糸数):56.2m/s(9月29日9時55分、2009年の観測開始以降最大)[6]
鹿児島県十島村中之島):54.6m/s(9月30日7時28分、2009年の観測開始以降最大)[6]
東京都八王子市:45.6m/s(10月1日0時11分、2008年の観測開始以降最大)[6]
最高潮位[7][5]
和歌山県御坊市:296cm(9月30日19時34分)
和歌山県串本町:254cm(9月30日20時36分)
鹿児島県奄美市:203cm(9月29日21時26分)
和歌山県白浜町:196cm(9月30日19時46分)
串本町と白浜町では、同年の台風21号で記録した過去最高潮位を上回った。

被害・影響[編集]

台風24号により根元から倒壊した樹木(茨城県つくば市
  • 鹿児島県では、全壊が21棟、半壊が151棟、一部損壊が3582棟、床上・床下浸水が113棟、非住家被害が649棟発生した[8]
    • 奄美大島名瀬湾では、西防波堤灯台が消失した。台風が過ぎ去った30日午前9時ごろ、被害を調査していた海保職員がコンクリートの土台を残して無くなっていることに気付いたという[9]。その後、10月13日には防波堤近くの海底で発見された[10]
  • 沖縄県では、道路の冠水や倒木など被害が相次ぎ、計50人が重軽傷を負った[11][8]
  • 静岡県では、袋井市にある可睡斎の総門が全壊した。
  • 埼玉県では、さいたま市だけでも112件の倒木が発生した[13]
  • 京都府の北部では、京丹後市、福知山市、宮津市、与謝野町、伊根町の3市2町で床上浸水及び床下浸水の被害が出たほか、河川の氾濫も発生。また福知山市内の民家2軒が全壊。京丹後市内の民家にも土砂が流入したほか、網野町内の小学校の窓ガラス1枚が破損するなどの被害が出た。舞鶴市では国の重要文化財である行永家住宅の米蔵と新蔵の壁の漆喰の一部が剝がれる被害が出た。学校の休校は7市町に及び、小中学校13校、高校8校が休校した他、小中学校84校、高校10校が授業開始時間を遅らせる措置を取った[16]
  • 10月8日午前10時15分ごろ、香川県丸亀市丸亀城の石垣が広範囲で崩落した。市教育委員会によると台風24号による大雨が原因になったとみられる[17]
  • 近畿大学は11日、鹿児島県瀬戸内町の水産研究所奄美実験場が台風で被災し、養殖していた「近大マグロ」約3,700匹が死んだと発表した。被害総額は約2億円。近大マグロは台風21号でも和歌山県串本町の養殖施設が被災し、約1億円の被害が出ている[18]

被害の状況[編集]

2018年10月12日16:00現在[8]

※軽傷が10人以上いた県のみ

人的被害
都道府県 死者 行方不明者 重傷 軽傷
全国 4人 0人 25人 188人
沖縄県 0人 0人 2人 48人
鹿児島県 0人 0人 9人 13人
宮崎県 1人 0人 0人 12人
愛知県 0人 0人 1人 15人
静岡県 0人 0人 2人 26人
千葉県 0人 0人 0人 15人
埼玉県 0人 0人 4人 12人
住家被害・非住家被害
住家被害 非住家被害
全壊 半壊 一部損壊 床上浸水 床下浸水 公共建物 その他
39棟 197棟 4,396棟 231棟 881棟 31棟 821棟

インフラへの影響[編集]

交通整理 豊橋市内
  • 関西電力管内では、今回の台風による総停電件数は和歌山県で約66,890軒、京都府で約11,390軒、大阪府で約9,480軒、三重県で8,240軒など管内合計約114,350軒にのぼり、1日午前9時の時点では和歌山県の約8,250軒をはじめ管内合計約9,700軒で未復旧となっている[19]
  • 中部電力管内では、台風24号が最接近した1日午前4時の時点で静岡県(富士川以西)で約657,680戸、愛知県で約232,010戸、三重県で約44,430戸など管内合計約961,330戸が停電した[20]。2日午前7時の時点でも静岡県(富士川以西)で約199,890戸、愛知県(三河地区)で約14,610戸など管内合計約225,460戸が停電している[21]。今回の台風による管内でののべ停電戸数は約1,191,310戸にのぼったが、10月6日16時53分に停電が解消したと発表した[22]
  • 沖縄電力によると、2018年9月30日03:00現在では22万9430戸が停電していた[23]うるま市内では10月1日夜に停電の復旧作業に当たっていた沖縄電力の男性職員1名が感電し意識不明の重体となっている[24]

交通への影響[編集]

  • 空の便は29日は沖縄の空港便を中心にANAJALPeachジェットスターの4社だけで合計216便、30日は滑走路を閉鎖する事を発表した関西国際空港発着便を中心に同4社で935便が欠航し約10万人影響がでた[25][26][27]。1日も機材繰りの関係で同4社合計で239便の欠航が決まっている[28]
  • JR東日本は首都圏の列車の運行を20時頃から順次終了した[29]。JR東日本が首都圏全線で計画運休を実施したのは初めてのことである[30]
    なお、JR東日本は「20時以降終日運転見合わせ」としていたが、これは「20時までは平常運行し以降は順次運休」という意味であるとした。全体として概ね22時頃に終着となる電車・列車まで運転していたため、電車特定区間では21時頃発の電車までは運転していた[31]。また、1日は始発から平常運転の予定としていたが、当日4時になって被害点検のために運転を見合わせると発表、運転再開に時間を要したため、入場規制をかける駅が出るなど、混乱を招いた[32]
  • JR西日本は30日、京阪神エリアの在来線列車の運行を正午までに終了した[33]
  • JR九州 豊肥本線 大分大学前駅 - 中判田駅間(大分市大字旦野原)にて盛土崩壊・路盤流出が発生し不通となっている[34][35][36]。伴走する国道10号も当該地点で路面下空洞・路肩損壊により大分市大分大学入口交差点 - 大南団地入口交差点間で通行止めとなっている[35][36][37]
  • JR西日本 山陽本線 光駅 - 下松駅間では、平成30年7月豪雨で被災した箇所で29日夜に土砂流入が再発し不通となった[38][39]
  • JR貨物では、平成30年7月豪雨以来運休となっていた関西方面と九州方面を結ぶ貨物列車を30日に運転再開させる予定だったが、山陽本線が再度被災したため延期となった[40]
  • 京王電鉄では、2018年10月1日4時に東京都世田谷区京王線明大前駅 - 代田橋駅間で強風により倒壊したブロック塀に始発列車の新線新宿駅行き各駅停車の列車が接触した。この事故のため、4時間ほど運転を見合わせで9時5分に運転再開した[41]

イベントなどへの影響[編集]

イベント[編集]

  • 台風の接近予想が週末だったため、9月29日 - 9月30日にかけて行う予定だった祭り・催しの多くが中止・開催時間短縮に追い込まれた。
    • 茨城県水戸市で9月30日に行う予定だった『第7回水戸まちなかフェスティバル』は、台風の影響で来場者の安全を考慮して中止となった。中止になるのは史上初[42]
    • 熊本県熊本市で9月29日に行う予定だった『江津湖花火大会』は、台風接近に伴い開催予定日と予備日を含めて完全に中止となった[43]
    • 熊本県熊本市で9月30日に行う予定だった『陸上自衛隊 西部方面隊創隊63周年記念行事』は主要式典が屋内実施となり、健軍自衛隊通りでの市中パレードは中止、一般イベントは中止または屋内実施となった[44]

スポーツ[編集]

  • JリーグはJ1リーグ第28節の2試合、J2リーグ第35節の3試合の計5試合が中止順延となり、J3リーグ第25節の1試合が試合開始時間変更となった[45]
  • 中日ドラゴンズは30日にナゴヤドームで予定されていた対阪神タイガース戦を、台風による交通手段の乱れが予想されるため中止すると発表した[46]。また、明治神宮野球場で開催予定だった東京ヤクルトスワローズ横浜DeNAベイスターズの試合も、当日に中止が決定した。
  • 競馬関係でも開催中止・途中取りやめが相次いだ。
    • 9月30日に予定されていた第4回阪神競馬9日目は「安全な競馬施行の確保が懸念される」として開催を中止。10月1日に出馬表を変更せずに代替開催として施行する予定だったが[47]、「台風の影響により競走馬の輸送ができない」として中止[48]。翌10月2日に出馬表を変更せずに施行することを発表した[49]
    • 9月30日施行予定だった第8回高知競馬6日目も台風接近の影響により全競走の取りやめを決定。これに伴う代替開催は施行しない[50][51]
    • 9月30日に行われた第13回佐賀競馬4日目は台風の影響による強風により「安全かつ公正な競馬ができない」として第3競走以降を取りやめ。翌10月1日に続行競馬として施行した[50][52]

その他[編集]

農林水産業への影響[編集]

太平洋側の野菜産地で塩害が発生し、千葉県では大根や、キャベツが枯れる被害が発生、愛知県ではキャベツやブロッコリーに被害が発生[55]。 

  • 静岡県では強風の影響と塩害で10月9日現在、ハウスの倒壊やキャベツとタマネギ等への塩害により31億9200万円、水産関係は停泊中の漁船同士の衝突や転覆、養殖施設の損壊など2億6300万円、林業関係は土砂災害など8億9000万円あまりの被害が確認されている[56]
  • 千葉県では強風の影響と塩害で、大根やキャベツなどの農作物被害は14億6253万円、農業施設は7億3692万円、林地は6646万円、漁港や漁具など水産業施設は4438万円の被害が確認されている[57]
  • 神奈川県では強風の影響と塩害で、ダイコンやキャベツの葉が変色するなどの農作物被害と農業用ハウスや牛舎が破損するなど農業施設被害を合わせ約5億円の被害が確認されている[58]
  • 茨城県では強風の影響と大雨で、ネギやハクサイなどの農作物被害は6億500万円、農業施設は1億6500万円の被害が確認されている[59]
  • 愛知県では強風の影響で、農業用ハウスが壊れ、長時間の停電も発生し、酪農農家が冷蔵できない牛乳を廃棄するなどおよそ25億円の被害が確認されている[60]

行政の対応[編集]

政府[編集]

  • 官邸
    • 9月28日13時30分に平成30年台風第24号に係る関係省庁災害警戒会議開催[61]
  • 内閣府
    • 9月28日13時30分に内閣府情報連絡室を設置[61]
  • 防衛省 自衛隊
    • 10月1日6時10分に鹿児島知事から第8師団長に対して、鹿児島知事から人員の空輸に係る災害派遣要請。7時00分に第8飛行隊のUH-60×3機が人員輸送のため逐次駐屯地を離陸、人員輸送を開始。16時11分 鹿児島県知事から撤収要請を受け、輸送支援を終了[61]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 速報では「非常に強い」勢力で上陸したとされていたが、気象庁の事後解析により「大型で強い」に変更された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 2018年台風第24号 TRAMI 1824 位置表 (PDF)”. 気象庁. 2018年12月3日閲覧。
  2. ^ 台風24号、9月中に発生は24年ぶり”. 日本気象協会 (2018年9月22日). 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ 台風24号 猛烈な勢力にまで発達”. 日本気象協会 (2018年9月25日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ 平成30年台風第24号の確定値を掲載 (PDF)”. 気象庁 (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  5. ^ a b c 災害をもたらした気象事例 台風第24号による暴風・高潮等、気象庁、2018年10月11日。
  6. ^ a b c d 台風24号のまとめ 記録的な暴風、tenki.jp(日本気象協会)、2018年10月1日。
  7. ^ 平成30年台風第24号による高潮、気象庁、2018年10月1日。
  8. ^ a b c 平成30年台風第24号による被害及び 消防機関等の対応状況(第9報) (PDF)”. 消防庁応急対策室 (2018年10月12日). 2018年10月15日閲覧。
  9. ^ 赤灯台が行方不明 強風、高波で倒壊か 奄美海保、船舶に注意喚起”. 南海日日新聞. 2018年10月2日閲覧。
  10. ^ 台風で消失した灯台、海底で発見 ほぼ原形とどめる”. 朝日新聞. 2018年10月15日閲覧。
  11. ^ 台風24号:沖縄本島直撃23人けが 瞬間56.2mメートル 一時23万世帯停電” (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  12. ^ 【台風24号による被害状況】琉球金宮観音菩薩像 倒壊について”. 東南植物楽園 (2018年9月30日). 2018年10月2日閲覧。
  13. ^ a b c “<台風24号>重軽傷16人 県内5地点で史上最大風速 さいたまだけで倒木112件 鉄道は運転見合わせ”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2018年10月1日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/10/02/01_.html 2018年10月2日閲覧。 
  14. ^ “神社の倒木で電柱3本折れ停電”. NHK 埼玉県のニュース (日本放送協会). (2018年10月1日). オリジナル2018年10月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/TowMJ 2018年10月2日閲覧。 
  15. ^ “さいたま 高校体育館の壁崩れる”. NHK 埼玉県のニュース (日本放送協会). (2018年10月1日). オリジナル2018年10月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/CdDyM 2018年10月3日閲覧。 
  16. ^ “台風24号、浸水被害相次ぐ 京都府北部、2棟が全壊”. 京都新聞. (2018年10月2日). https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181002000070 
  17. ^ “駆け付けた職員の目前で…丸亀城の石垣崩れる 香川、台風24号の大雨影響か”. 産経新聞. (2018年10月8日). https://www.sankei.com/west/news/181008/wst1810080016-n1.html 
  18. ^ “近大マグロ、また台風被害”. ロイター. (2018年10月11日). https://jp.reuters.com/article/idJP2018101101001919 
  19. ^ 台風24号による停電について(第5報:9時00分現在) (PDF)”. 関西電力 (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  20. ^ 台風24号による停電状況(第9報)(10月1日4時00分時点)”. 中部電力 (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  21. ^ 台風24号による停電状況(第26報)(10月2日7時00分時点)”. 中部電力 (2018年10月2日). 2018年10月2日閲覧。
  22. ^ 台風24号による停電の解消について”. 中部電力 (2018年10月6日). 2018年10月8日閲覧。
  23. ^ 沖縄県の過去停電情報”. 沖縄電力. 2018年10月6日閲覧。
  24. ^ “台風停電の復旧作業中に感電 沖電職員が重体”. 沖縄タイムス. (2018年10月3日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/324444 2018年10月3日閲覧。 
  25. ^ 台風24号、30日は350便超欠航 関空は17時間閉鎖に”. Aviation Wire (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  26. ^ 関空、30日午前11時から滑走路閉鎖 翌朝まで17時間、台風24号接近で”. Aviation Wire (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  27. ^ 台風24号、1日も欠航160便超 30日は10万人近く影響”. Aviation Wire (2018年10月1日). 2018年10月1日閲覧。
  28. ^ 台風24号、1日は230便超欠航 温帯低気圧に”. Aviation Wire (2018年10月1日). 2018年10月1日閲覧。
  29. ^ [東海道新幹線運転終了、首都圏JR在来線も運休 “東海道新幹線運転終了、首都圏JR在来線も運休”]. 読売新聞. (2018年9月30日). 東海道新幹線運転終了、首都圏JR在来線も運休 2018年10月1日閲覧。 
  30. ^ “「計画運休」、鉄道各社の判断なぜ分かれた?”. 東洋経済. (2018年10月1日). https://toyokeizai.net/articles/-/240583 2018年10月1日閲覧。 
  31. ^ 山手線は深夜も動いた!「計画運休」一部始終 京浜東北、中央線「最終列車」は何本も走った - 2018年10月1日 東洋経済オンライン
  32. ^ News Up そうだったのか!? 計画運休 - 2018年10月2日 NHKニュース
  33. ^ “JR西が「計画運休」、山陽新幹線も区間運休へ”. 読売新聞. (2018年9月30日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20180929-OYT1T50061.html 2018年10月1日閲覧。 
  34. ^ 台風24号に伴うJR九州各線の運転状況について(第10報) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  35. ^ a b 朝日新聞大分総局twitter(@asahi_oita) より その1
  36. ^ a b 朝日新聞大分総局twitter(@asahi_oita)より その2
  37. ^ 国道10号(大分市大字旦野原)道路路肩崩壊による全面通行止め情報(第1報 15:30) (PDF)”. 国土交通省 九州地方整備局 大分河川国道事務所. 2019年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  38. ^ “西日本豪雨および台風24号に伴う運転状況などについて” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年10月2日), オリジナル2018年10月2日時点によるアーカイブ。, http://archive.is/nLuOL 
  39. ^ “JR山陽線三原―白市間が運行再開 西日本豪雨で被災”. 朝日新聞デジタル. (2018年9月30日). オリジナル2018年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180930100444/https://www.asahi.com/articles/ASL9Z3JCZL9ZPITB004.html 
  40. ^ “JR山陽本線の貨物列車は運転再開延期 全線復旧目前、山口県内で土砂流入”. 乗りものニュース. (2018年10月1日). https://trafficnews.jp/post/81626 2018年10月2日閲覧。 
  41. ^ “京王線、台風で倒れた塀に接触 一時運転見合わせ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年10月1日). オリジナル2018年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181001053747/https://www.asahi.com/articles/ASLB12D49LB1UTIL002.html 2018年10月10日閲覧。 
  42. ^ 水戸まちなかフェスなど中止”. NHK水戸放送局 (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  43. ^ 江津湖花火大会、台風接近で中止 順延もなし”. 熊本日日新聞 (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  44. ^ 台風24号の接近に伴う西部方面隊創隊63周年記念行事の内容変更について (PDF)”. 陸上自衛隊 西部方面総監部. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  45. ^ 台風24号接近による試合開催情報について【Jリーグ】”. Jリーグ.jp (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  46. ^ ★9月30日 阪神戦 試合中止のお知らせ”. 中日ドラゴンズ 公式サイト (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  47. ^ “9月30日(日)の阪神競馬は台風の影響により中止”. 競馬実況web. 日経ラジオ社(ラジオNIKKEI). (2018年9月29日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_15937.html 2018年9月30日閲覧。 
  48. ^ “10月1日(月)の阪神競馬(代替)は台風の影響により中止”. 競馬実況web. 日経ラジオ社(ラジオNIKKEI). (2018年10月1日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_15949.html 2018年10月1日閲覧。 
  49. ^ “第4回阪神競馬第9日の代替競馬は10月2日(火)に施行”. 競馬実況web. 日経ラジオ社(ラジオNIKKEI). (2018年10月1日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_15950.html 2018年10月1日閲覧。 
  50. ^ a b “佐賀競馬第3競走以降の取り止め及び高知競馬の取り止めについて”. 地方競馬全国協会. (2018年9月30日). http://www.keiba.go.jp/topics_couse/2018/09/30130814.html 2018年9月30日閲覧。 
  51. ^ “9月30日の高知競馬開催中止について”. 高知県競馬組合. (2018年9月30日). http://www.keiba.or.jp/top/news/diary.cgi?no=8216 2018年9月30日閲覧。 
  52. ^ “佐賀競馬 第3競走以降の取り止めについて (平成30年9月30日)”. さがけいばニュース. 佐賀県競馬組合. (2018年9月30日). http://sagakeiba.lekumo.biz/news/2018/09/30930-3aa4.html 2018年9月30日閲覧。 
  53. ^ a b c d e f 台風24号影響 Perfume城ホール、AAA京セラドーム、Hey!Say!和歌山など中止相次ぐ”. スポーツニッポン (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  54. ^ “強行突破!X JAPANが台風に負けず無観客ライブ敢行、緊急生中継も決定”. 音楽ナタリー. (2018年9月30日). https://natalie.mu/music/news/301790 2018年10月9日閲覧。 
  55. ^ “キャベツ ダイコン 年末から品薄懸念 2年連続で塩害 台風24号影響”. 日本農業新. (2018年10月10日). https://www.agrinews.co.jp/p45434.html 2018年10月14日閲覧。 
  56. ^ “台風24号で農業被害32億円 静岡県内、施設損壊や塩害”. 静岡新聞. (2018年10月12日). http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/552213.html 2018年10月14日閲覧。 
  57. ^ “台風「塩害」じわり 花木枯れ、紅葉に影響も 千葉県内、農林水産被害23億円”. 千葉日報. (2018年10月14日). https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%80%8C%E5%A1%A9%E5%AE%B3%E3%80%8D%E3%81%98%E3%82%8F%E3%82%8A-%E8%8A%B1%E6%9C%A8%E6%9E%AF%E3%82%8C%E3%80%81%E7%B4%85%E8%91%89%E3%81%AB%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%82%82-%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%86%85%E3%80%81%E8%BE%B2%E6%9E%97%E6%B0%B4%E7%94%A3%E8%A2%AB%E5%AE%B3%EF%BC%92%EF%BC%93%E5%84%84%E5%86%86/ar-BBOluYC#page=2 2018年10月14日閲覧。 
  58. ^ “台風の爪痕深く 三浦半島各地で塩害、野菜や花枯れる”. 神奈川新聞. (2018年10月13日). http://www.kanaloco.jp/article/365592 2018年10月15日閲覧。 
  59. ^ “台風24号 農業被害7億7000万円”. 茨城新聞. (2018年10月5日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15386520704437 2018年10月15日閲覧。 
  60. ^ “台風24号 愛知県の農林水産物被害額は過去2番目に大きい25億円 東三河地方中心に被害”. 東海テレビ. (2018年10月12日). https://www.fnn.jp/posts/2366THK 2018年10月15日閲覧。 
  61. ^ a b c 平成30年台風第24号に係る被害状況等について (PDF)”. 内閣府 (2018年10月2日). 2018年10月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]