大分大学前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分大学前駅
駅舎
駅舎
おおいただいがくまえ
Ōitadaigakumae
中判田 (2.5km)
(1.4km) 敷戸
所在地 大分県大分市大字旦野原[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 138.8km(熊本起点)
電報略号 オマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,604人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 2002年平成14年)3月23日[2]
備考 業務委託駅[3]
テンプレートを表示

大分大学前駅(おおいただいがくまええき)は、大分県大分市大字旦野原(だんのはる)にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

歴史[編集]

「JR豊肥線大分大学前駅設置期成会」により2000年秋ごろから新駅設置が働きかけられていた[2]

駅構造[編集]

大分方向に向かって左手に駅舎と単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。ガラスを多用した明るい駅舎で、バリアフリー(多目的トイレ、スロープが設置)に配慮した構造である[2]。駅舎からホームへ向かう長いスロープを利用して、しばしば各種写真などの展示会が開催されている。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅[3]マルスは無いがPOS端末が設置されている。また、自動券売機が設置されている。ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応。

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員1,604人である[5]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2001年 735[注 1]
2002年 744
2003年 896
2004年 950
2005年 991
2006年 1,039
2007年 1,092
2008年 1,183
2009年 1,193
2010年 1,201
2011年 1,204
2012年 1,308
2013年 1,367
2014年 1,372
2015年 1,564
2016年 1,604

駅周辺[編集]

駅名が示すように、大分大学旦野原キャンパスが駅の近くにある[1]。周辺は団地・住宅地となっている[1]。また、小川・線路・国道10号を挟んで対岸には陸上自衛隊が駐屯している。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
通過
普通
中判田駅 - 大分大学前駅 - 敷戸駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 9日間での1日平均

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、26頁。
  2. ^ a b c d “「大分大学前駅」が開業 通勤通学スムーズに”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社): p. 9頁(夕刊). (2002年3月23日) 
  3. ^ a b 大分支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2016年4月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  4. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 
  5. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]