平成20年台風第13号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台風第13号(Sinlaku、シンラコウ)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
発生翌日の台風第13号
発生翌日の台風第13号
発生期間 2008年9月9日 3:00
~2008年9月21日 9:00
寿命 12日6時間
最低気圧 935hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s(100kt)
最大風速
米海軍解析)
125kt
被害地域 沖縄台湾
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
台風の進路

平成20年台風第13号(へいせい20ねんたいふうだい13ごう、アジア名:シンラコウ〔Sinlaku、命名国:ミクロネシア、意味:伝説上の神〕)は、2008年9月に発生し、台湾に上陸後日本に接近した台風である。非常に強い勢力にまで発達し、その上先島諸島近海では動きが遅くなり(ほとんど停滞との解析されたこともあった)、与那国島などの先島諸島を長時間にわたって暴風域に巻き込んだ。その後台湾に上陸、いったん勢力は衰えたものの東シナ海の海水温が高かったことなどもあり再発達、 9月18日20日にかけて日本の南海上を通過していった。このとき、中心の気圧は985~990hPaであったものの、中心付近の気圧傾度が大きく、最大風速は30m/sに達しており暴風域を伴っていた。

概要[編集]

被害・影響[編集]

先島諸島では台風が接近した9月12日9月14日にかけて、空の便・船がほとんど欠航するなど大きな影響が出た。

大雨[編集]

与那国島では9月13日に日降水量765mmを記録し、従来の記録491mmを大幅に更新した。

強風[編集]

解説[編集]

この台風は、発生当初から雲のバランスがよく海水温も高かったために、急激に発達した。また、通常の台風と比較して、鉛直構造が非常に強固だったため(一時200hPa面でも低圧部と解析された)、台湾に上陸してもその循環システム自体が崩壊することはなく、東シナ海に出たのち若干の再発達を見た。日本列島にはかなり接近したものの上陸せず通過し、2008年の日本への台風上陸はゼロに終わった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]